フィールドは地球!最強トラックのジープ グラディエーターが日本発売開始!!


 趣味を楽しむギアとしての愛用者の多いピックアップトラックに、新たな選択肢が日本上陸。それがジープ グラディエーターだ。ラングラーと基本を共有するクロカン性能を備えた最強トラックの日本仕様は如何に!?

 気になるグレードや装備、価格。そして注目ポイントまで、最新情報をまとめてお届けしよう!

文/大音 安弘、写真/FCAジャパン

【画像ギャラリー】いよいよ販売開始!最強トラックのジープ グラディエーターの全て


■ガシガシ使える荷台付きのクロカン「グラディエーター」導入開始

 FCAジャパンは2021年11月30日、ジープのピックアップトラックである「グラディエーター」の日本初導入を発表し、同日より受注を開始した。

 グラディエーターは、ジープのクロカンである「ラングラー アンリミテッド」をベースに開発されたオフロード性能に長けたピックアップトラックだ。その歴史は古く、初代モデルの登場は1963年と古く、20年以上に渡り、製造されてきた。

 その後、「コマンチ」などの後継車は存在したが、やがてジープのピックアップトラックは市場から姿を消した。その復活を告げたのが、2018年のロサンゼルスオートショーで復活された最新型グラディエーターなのだ。

ジープの名を冠するトラックモデルの復活も26年ぶりのこと。2018年に新生グラディエーターとして復活した

■ラングラーを上回る超アメリカンサイズ!!

 グラディエーターをシンプルに表現すると、ラングラー アンリミテッドのピックアップトラックとなる。しかし、それはキャビンまでのこと。単に荷室のスペースを荷台とするだけでは、トラックとしての積載容量が不足するため、ホイールベースがアンリミテッド比で480mmも拡大され、3490mmとなっているのだ。

 そのため、ボディサイズが全長5600mm×全幅1930mm×1850mmとなり、ラングラー アンリミテッドと比較して、全長+730mm、全幅+35mmとひと回り以上デカいのだ。そのため、アンリミテッドの快適なキャビンスペースを維持しながら、大きな荷台も確保している。

 そのサイズは、米国公式サイトの情報によれば、貨物長が60.3インチ(約1532mm)、貨物幅44.8インチ~56.8インチ(約1138~約1443mm)、貨物高33.9インチ(約861mm)となっている。

デカすぎるボディのグラディエーターだがらこそ、広いキャビンと広い荷台を両立できるのだ

次ページは : ■悪路走破性に長けたルビコンを導入