売れるにはワケがある! 会心の一撃を放ったクルマ5選


 どんなクルマにも山もあれば谷もある。とはいえ、谷から這い上がることは容易なことではない。真っ逆さまに転落し、そのまま姿を消したクルマも数多い。いっぽう、いきなりのロケットスタートを切り、下積み生活を経験することなく順調にモデルチェンジを繰り返しているクルマもある。

 いずれにせよ、ユーザーの心を強烈に惹きつける何か特別なものがないと、長寿モデルにはなり得ない。今回は、会心の一撃を放ったことで谷底から這い上がったクルマ、企業の経営危機を救った名車を紹介しよう。

文/藤原鉄二、写真/トヨタ、日産、マツダ、FavCars.com

【画像ギャラリー】己を信じるクルマ作りがヒットの理由(25枚)画像ギャラリー

e-POWER搭載でバカ売れが止まらない! 2代目ノート(2016年~)

売れるにはワケがある! 会心の一撃を放ったクルマ5選
100%モーター駆動で走行するe-POWER。外部電力からの充電は不要で、ガソリンエンジン車やハイブリッド車と同様、ガソリンの給油のみで走行できる

 2012年7月のフルモデルチェンジで登場した2代目ノート。日産の世界戦略車に位置付けられ、期待を一身に受けてのデビューとなった。

 ノートは、販売開始から約2週間を経過した時点で2万1880台を受注。これは月間販売目標の2倍以上にあたる数字だった。さらに、ハイブリッド車を除くガソリン登録車でナンバーワンの売り上げを記録するなど、フルモデルチェンジは大成功となった。

 そして、さらなる起爆剤として投入されたのが2016年11月のマイナーチェンジに追加されたノート e-POWERだ。

 e-POWERとは、エンジンで発電した電力をバッテリーに蓄え、その電力でモーターを駆動して走行するシステム。エンジンで発電ができるため、給油は必要だが、PHEVのように外部充電は必要ないという、EVに近いハイブリッドカーだ。

 ユーザーの心を鷲掴みにした原因は、300万円以下というリーズナブルな価格設定。この価格でe-POWERと同様のシステムを搭載した量産車は当時、世界的にも類を見ないものだったのだ。

 このノート e-POWERが予想を大幅に上回る大ヒットを記録。日産の2017年度第1四半期(2017年4~6月)の連結決算によると、国内新車販売台数は前年同期比45.6%増。この大幅な伸びの牽引役がノート e-POWERと言われている。

 e-POWERはその後、セレナ、キックスなどにも搭載され、いずれも好調なセールスを見せている。

Xスポーツを楽しむ若者の心を鷲掴み! 初代エクストレイル(2000年~2007年)

売れるにはワケがある! 会心の一撃を放ったクルマ5選
オンでもオフでもOKのスタイリッシュな外観も若者から支持を受けた理由のひとつ。2001年から2010年までの10年間、SUV型乗用車の国内販売台数1位の座をキープした

 今や日産を代表する超人気モデルとして君臨し続けているエクストレイル。デビューは2000年。「4人が快適で楽しい、200万円の使える四駆」というキャッチフレーズとともに登場したとエクストレイルは、あっという間に若者のハートを掴んだ。 

 当時、全長4510×全幅1765×全高1675mmというコンパクトなサイズのSUVというのも新鮮だったが、会心の一撃は何と言っても、185~239万円という格安な価格設定。このリーズナブルさは衝撃だった。

 そして、会心の一撃第2弾は、「ウォッシャブルダブルラゲッジ」。これは、2段構造となっているラゲッジスペースのラゲッジボードを取り外すことができ、さらに丸洗いができてしまう装備だ。これで汚れ物も気にせず積むことが可能に。

 シートにも撥水加工が施されており、サーフィンやスノーボードを楽しんだ後、濡れたままで乗車しても問題なしと、とにかく、ありそうでなかった、かゆいところに手が届くような便利な装備が満載されていた。

 コンセプトはタフギアだったものの、エクステリアデザインは、既存の無骨なクロカンのイメージとは一線を画する、アーバンスタイル。アウトドアフィールドで使いたいけれど、クロカンは少々ヘビーすぎるという若者のたちの心を惹きつけた。

 さらに、スノーボードなどのXスポーツの人気が盛り上がりつつあったタイミングでの登場ということで、「X-TRAIL JAM(エクス-トレイル・ジャム)」を特別協賛。このPR効果は抜群で、クルマに興味がない若者でもエクストレイルだけは知っているというほどの人気車に上り詰めた。

次ページは : “コンパクトカーは狭い”という概念を覆す! 初代フィット(2001年~2007年)