大人気の光岡バディ、その愛される理由


 光岡自動車がSUVのバディを一部改良し、今年12月2日より販売を開始した。2020年11月26日の先行予約受付開始から問い合わせが殺到し、当初予定していた年間150台の生産計画を300台にまで拡大しているという。

 しかし、納期は約2年と長期化しており、光岡ではさらなる増産計画の準備を進めているのだが、ここまでユーザーから大きな支持を受ける理由について、アメ車好きの九島辰也氏が分析する。

文/九島辰也写真/九島辰也、平野 学、光岡、シボレー、JEEP

【画像ギャラリー】大人気のミツオカ「バディ」全身から放つオーラはまさにアメリ感!!(13枚)画像ギャラリー

■注文殺到で、今注文しても2023年9月生産以降に

 ゼロワンやビュート、オロチといったモデルで都度話題になるミツオカが、今さらに盛り上がっている。理由は自身初となるSUV、バディの登場。このクルマの注文が殺到しているらしい。

このクルマがミツオカ「バディ」。ベースはトヨタRAV4だが、アメ車のディーラーでもあり、アメ車を知り尽くしたミツオカが作ったこともあり、本格的なアメリカンSUVに仕上がっている

 ホームページを確認してもらえばわかるが、今(2021年12月現在)注文しても、2023年9月以降の生産枠になるとか。多くのクルマ好きが飛び付いたのだろう。確かに、個人的にも気になる。バディのスタイリングはかなり好みだ。

 バディが気になる理由は2つある。

 ひとつはその前に登場したロックスターに惚れてしまったこと。創業50周年記念に作られたこのクルマはかなりイケてる。ロングノーズ&ショートデッキのFRパッケージングを活かしたフォルムは理想的だし、ベースモデルのマツダロードスターよりサイズアップされたことで、僕のような身長180cmの体型とのマッチングもいい。

こちらは同じくミツオカの「ロックスター」。ベースがロードスターとわからないくらい、こちらもやはり「アメ車然」として仕立てられ、大人気となった

 デザインはC2コルベットに似ているが、それもオマージュと考えれば納得。これをかっこいいと感じた人が多く、限定200台はあっという間に申し込みを完了したそうだ。バディはそのロックスターにつながるセンスを強く感じる。

バディのベースはRAV4。外観はアメ車だが中身は日本車の安心感あり!

 もうひとつの理由は、現在RAV4アドベンチャーをカスタムして乗っていること。よってこのクルマのポテンシャルの高さを知っている。

 僕のRAV4アドベンチャーは左ハンドルの逆輸入車で、オールペンして車高上げて、フォグランプ9個足して、オーバーフェンダーで全幅広げて、グリルをワンオフでこしらえて、オールテレインタイヤにMLJのホイール履いて、リアにハシゴ付けて……、なんて原形をとどめていないが、それでもスタイリングはバシッと決まる。

 なので、バディが違和感なくデザインされているのもわかるし、色々イジっても走りや、快適性に不安がないことも想像できる。

次ページは : ■バディのキモは本格的なアメ車ルックを実現したことだ