新生C4が上陸! 新世代シトロエンの主役はファストバックなクロスオーバーに


 シトロエンのCセグメントモデル「C4」が全面刷新され、クロスオーバークーペに生まれ変わった。歴代シトロエンのCセグメントといえば、「GS」、「BX」、「エグザンティア」などの名車も多いことからわかるように、シトロエン自身もメインストリームとして捉える重要車種といえる。

 モダンでスタイリッシュな内外装や日本初導入となるEVを含めた多様なパワートレーンなど新生C4の特徴を解説しよう。

文/大音 安弘、写真/グループPSAジャパン

【画像ギャラリー】スタイリッシュに生まれ変わった新生C4の魅力


■クロスオーバークーペに生まれ変わったC4

 グループPSAジャパンは2022年1月7日、シトロエンのCセグメントモデルである「C4」のフルモデルチェンジを発表した。新価格は、290万~465万円となり、同年1月22日より販売を開始する。

全面刷新されたシトロエンC4は、クロスオーバークーペに生まれ変わった

 クサラの後継として2005年に日本導入が開始されたシトロエンC4は、丸みを帯びたユニークなデザインの5ドアハックパックとクーペライクな3ドアハッチバックの2本立てであったが、2011年より導入された2代目では、オーソドックスな5ドアハッチバックに一本化。

 そのため、日本ではマイナーな存在となっていた。ところが、2020年6月に発表された3世代目はクーペライクなフォルムを持つクロスオーバーに転身し、世界のシトロエンファンを驚かせた。その新生C4が、ついに正式導入されるのだ。

■新世代シトロエンらしい個性あふれるスタイル

 ボディ下部にプロテクションモールや2段に分割された個性的なライトを持つシャープで力強いフロントマスクなどの特徴は、新世代シトロエンに共通するもの。これまで正統派ハッチバックやSUV、ワゴンなどが登場してきたが、スポーティなクーペスタイルのものは、C4が初となる。

 ボディサイズは、全長4375mm×全幅1800mm×全高1530mmと日本でも扱いやすいサイズで、1550mmの高さ制限も多い立体駐車場にも収まる。スタイリッシュなデザインから、パーソナルカーにも最適だが、170mmの最低地上高を確保しているので、ちょっとした凹凸のある路面にも対応可能なのも強み。街角からアウトドアまで幅広いシーンでの活躍も期待できる。

スタイリッシュなフォルムを持つ新生C4。パーソナルカーにも最適だ

■使い勝手のよさと快適な移動空間を両立

 インテリアにもシトロエンらしさを発揮する。その象徴となるのが、アドバンスドコンフォートシート。ソファのようなボリューム感ある表皮デザインの内側には厚手のパッドを内蔵。シトロエン専用のPHCを備えた足回りと相まって、極上の乗り心地を提供する。それはかつて魔法の絨毯と称されたハイドロニューマチック・サスペンションを彷彿とさせる。

シトロエン独自の哲学に基づいた快適なシートを備えるインテリア。長距離移動でも疲れ知らずだ

 コックピットは質実剛健な作りで、運転に必要な情報を瞬時に把握できるデジタルメーターパネルやヘッドアップディスプレイ、android AutoとApple CarPlayに対応する10インチのタッチスクリーンなどを備える。エアコンなど瞬時に操作が必要なボリュームやエアコンパネルは、メカスイッチをしっかり残すなど合理的な設計だ。

 先進機能も充実しており、ACC、渋滞時追従支援、衝突被害軽減ブレーキ、標識認識機能、オートハイビーム、後側方接近車警報、車線逸脱支援及び警報、前後パーキングセンサー、バックカメラなどを全車に備える。

次ページは : ■好みで選べるパワートレーン

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ