一瞬で完売! スバルWRX STI タイプRA-Rは伝説の「22B」を超えたのか?


 モータースポーツをはじめ、コンプリートカーおよびパーツの製作販売を手がけるスバルの子会社「STI」が、2018年7月19日に発売した軽量&ハイパワーなコンプリートカー、WRX STIタイプRA-R。限定500台、499万8240万円で発売されたが、たった1日(7月19日11時に発表・受注開始、16時頃には売り切れたという一報が入った)で完売してしまった。

 そのタイプRA-Rを、日本のニュルと言われる群馬サイクルスポーツセンターにて、松田秀士氏が試乗! はたしてこのRA-Rは、今からちょうど20年前、1998年に特別仕様車として誕生した伝説のモデル、限定400台、500万円の「インプレッサ22B-STIバージョン」を超える実力を備えているのか? 以下、タイプRA-Rの実力を紹介しつつ、22Bとの比較をお届けしたい。

文/松田秀士 写真/池之平昌信


■切れ味鋭い名刀のようなシュッとした走り

 スバル&STIのコンプリートチューニングカーといえば、昨年( 2017年)10月26日、ネット申し込みによる抽選で450台の限定発売だった「S208」が記憶に新しい。発売直後に購入申し込みが殺到し、あっという間に完売となった。応募者総数はなんと2619人。5倍以上の倍率だったのだ。

 そしてこのたび、2018年7月19日に発売されたタイプRA-Rである。本来この企画では、「S208を買えなかったあなたに朗報ですよ〜。エンジンを含めS208のパーツが多く移植された特別仕様車のタイプRA-Rが限定500台、499万8240円で発売されます!」とお伝えしたかったのだが、こちらも7月19日11時に発表されたのち、当日19時には完売という発表となってしまった。500台という小ロット生産とはいえ、もうちょっとなんとかならんか。

 そこで、購入に手が届かなったスバリストのためにも、STI創立30周年記念モデル、WRX STI特別仕様車の「タイプRA-R」がどんなクルマなのか、群馬サイクルスポーツセンターでの積極的攻め込み試乗レポートをお届けしたい。

ベースとなったSTIから約10kg、S208に比べ約30kgの軽量化をはたしている。ちなみにRA-Rの意はレコード・アテンプト(記録に挑戦する)・レーシング

 まずはエンジンのおさらい。ピストン&コンロッドの重量公差を量産エンジンとしては極限まで詰め、クランクシャフトもバランス取りしたのがS207。すでにこの時、328psを発生していた。これに排気系チューンで+1psを達成。

 さらにクラッチカバー&フライホイールも85%の精度にバランス取りを行ったのがS208。はっきり言って、もう行き着くところまできた感のあるEJ20エンジンは329ps/44.0kgmの出力を発生したのだ。このエンジンと補器類がそのままタイプRA-Rに移植されている。もちろん応答性に優れたボールベアリング・ツインスクロールターボもそうだ。

エンジンはS208と同じEJ20で329ps/44.0kgmを発生。入念にバランス取りされ、ボールベアリング・ツインスクロールターボを装着。パワーウエイトレシオはベースのWRX STIが4.94kg/ps、S208が4.59kg/psに対し、シリーズ最強の4.498kg/ps

■S208といったい何が違うのか?

 ではタイプRA-RはS208と比べて何が違うのか?  S208はスポーツ性もさることながら、プレミアムな質感にもこだわったモデル。それに対してタイプRA-Rは「軽さ」「速さ」「愉しさ」というスバルらしいテーマにこだわったよりスポーティなモデル。

S208は2017年10月26日に発表され、11月12日までに期間限定450台の販売だったが、2619台の応募があり抽選販売となった。価格は626万4000〜710万6400円。タイプRA-RはS208標準車に比べ、126万5760円安い

 で、S208よりも30kg(1480㎏)の軽量化を達成している。内容はホイールを19から18インチ化(−11.4㎏)。エアロダイナミクスを狙ったデザインのドライカーボン製ドアミラー。ジュラコン製シフトノブ。そして、軽量ファブリック表皮のフロントスポーツ&リアシート。さらにウィンドウォッシャータンクを4.0Lから2.5Lにする、こだわりようだ。

 取り外されたアイテムもある。ポップアップ式ヘッドランプウォッシャー、リア間欠ワイパー&ウォッシャー、リアフォグランプ、フロントフードインシュレーター、メルシート(スペアタイヤパン内)、大型フロア下アンダーカバー(トランスミッション下、床下センター)、STIロゴ入りステンレス製サイドシルプレート(フロント)、リアシートセンターアームレスト(カップホルダー付き)、スペアタイヤ、といったところだ。

 これら軽量化によってパワーウェイトレシオは、S208の4.589kg/psを凌ぐ4.498kg/psを達成。0〜100km/h加速は4.8秒。ちなみに、ベースモデルのWRX STIのパワーウェイトレシオは4.837kg/psだ。

車重は1480kg。マフラーはSTIロゴが入った低背圧パフォーマンスマフラー、エキゾーストパイプリアを採用。リアウイングは未装着でリアバンパーにはチェリーレッドのストライプが入る

次ページは : ■バランス取りされた329psエンジンは8000rpmまで、よどみなく回る!