ついに、ついに復活するぞ!! ダックス125は赤とグレーでお披露目?? サイクルショー出展車独占スクープ

ついに、ついに復活するぞ!! ダックス125は赤とグレーでお披露目?? サイクルショー出展車独占スクープ

 当サイトでたびたび報じてきた現代版ダックス「ST125 ダックス」が、いよいよ大阪モーターサイクルショーで世界初披露される見通しだ。

 愛くるしいフォルムはそのままに、4速の自動遠心クラッチや2人乗り可能なシートで登場するだろう。他にもホンダの展示モデルを予想したので、2022年モーターサイクルショーをチラ見せしていこう。

文/ベストカー編集部、CG/SHINGRAPHIC、写真/HONDA

【画像ギャラリー】ダックス125やホーク1100、新型スーパーカブ110、新型クロスカブ110など見どころはこちらへ!(10枚)画像ギャラリー

令和ダックスはファンも納得の鉄モナカフレームで登場!?

 カワイイ胴長フォルムで知られるダックスが、現代に甦る。――近頃のホンダは、モンキー、スーパーカブC125、CT125ハンターカブと往年の名車をモチーフにした125ccモデルを矢継ぎ早にリリース。その第4弾として登場するのが「ST125 ダックス」だ。

 ダックスホンダは、1969年にデビューし、国内では1983年まで販売されていた50cc/72ccのレジャーバイク。鋼板プレスのバックボーンフレームによる独特のスタイルが魅力的だが、現代版ダックスもオリジナルモデルと同様のフレームを採用する模様。当然、新設計で高い質感を追求しており、当時を知るダックスファンも納得できる完成度となりそうだ。

 さらに、車名も元祖をリスペクトする。ダックスは初期型の1969~1981年型まで車名型式に「ST」を使用していたが、現代版も「ST」の名を冠するという。

元祖ダックスはアップおよびダウンマフラーが存在したが、新型はアップタイプになるはず。車体色はスーパーカブC125と同じ派手な赤になる?(CGイラストは編集部で制作したもの)
こちらはグレーのカラーリングでスーパーカブC125のパールカデットグレーに塗装してみた例。これまでのダックスにない新鮮な印象だ(CGイラストは編集部で制作したもの)

 さらにエンジンは4速の自動遠心クラッチを採用するとの新情報も。前述のホンダの原付2種軍団は、2022年10月に全面適用される新排ガス規制を見据え、ロングストローク設定の新作エンジンを搭載。スポーティなグロムとモンキー125は5速マニュアル、コミューターのスーパーカブC125はペダルを踏み込むだけで変速できる4速の自動遠心クラッチを採用する。

 このエンジンを新型ダックスも踏襲するが、5速MTではなく、意外にも4速の自動遠心クラッチとなる見込み。クラッチレスなのでAT小型限定二輪免許で運転でき、気軽さとスポーティさを両立するのがポイントだ。

写真のモンキー125と異なり、ダックスは前後に長いシートで二人乗り仕様になることも確実。ノークラッチで気軽にタンデムできる新感覚のレジャーバイクが誕生する

価格については、同様の新型エンジンを採用し、ABSを追加した新型スーパーカブC125が44万円となったように、ダックス125も同程度のプライスタグをつけるか。発表は3月19日から開催予定の大阪モーターサイクルショーのタイミングが濃厚、発売は初夏ごろになると予想したい。

ホーク1100は国内専用モデルに?

 先日当サイトでスクープしたホーク1100やスーパーカブ110/クロスカブ110も東西モーターサイクルショーに展示される模様だ。

 ホーク1100は、レブル1100譲りの並列2気筒を搭載するネオクラシックなネイキッド。ロケットカウルをはじめ、前後17インチのキャストホイール+ラジアルタイヤを組み合わせ、小粋さとスポーティさを兼備したカフェレーサーモデルになるだろう。

 加えて、兄弟車と同様にセミオートマのDCT仕様が用意されるのも確実。スタイリッシュなのに操作はイージーという新感覚スポーツになるはずだ。

 新情報では、ミラーはバーエンドタイプになるようだ。国内モデルでの採用例は珍しく、よりカフェレーサーらしいスタイルを演出できる。また「国内専用機種」になるとの噂も。

 「ホーク」のペットネームは、1970年代、国内向けに登場した400&250のネイキッドがあまりにも有名。一方、アメリカでCB72がホークを名乗り、スーパーホークCB77、NT650ホークGT(日本名=ブロス650)などが存在し、海外でもその名が知られるが、ホーク1100は日本でのみ展開されるようだ。

 ホーク1100もダックスと同様、大阪MCショーがワールドプレミアになるはず。正式発表は5月ごろと本誌では予想している。なお同系エンジンを採用するツアラーのNT1100もショーで揃い踏みとなるだろう。

カフェレーサーのホーク1100。デザインは昔の国内向けのホーク(写真奥)と似ていないものの、「並列2気筒のネイキッド」という点では共通している(CGイラストは編集部で制作したもの)

次ページは : 昭和の匂いを残すカブ110が「若者のカブ」へ生まれ変わる?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ