配送用から大型トラクタまで ルノートラックスが電気トラックの展開を本格化!

配送用から大型トラクタまで ルノートラックスが電気トラックの展開を本格化!

 フランスのルノートラックスがバッテリー電気(BEV)トラックの展開を本格化している。大手物流企業と共同で配送用トラックを開発すると発表したほか、従来のBEVトラックのモデルレンジ「Z.E」を、顧客サポートを含めた「Eテック」に刷新。

 併せて、大型トラック~トラクタ系のBEVモデルも発表した。配送用BEVトラックは2022年中に製造し、2023年始めからトライアルを開始する。BEV大型トラック/トラクタは2023年第1四半期からの製造・販売を予定している。

 ルノートラックスは2030年までに販売する車両の50%を、2040年までに100%をカーボンニュートラルとする目標を掲げる。車両総重量で3トンクラスから44トンクラスまで電動車両を設定したことで、目標達成に向けて大きく前進した。

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/Renault Trucks

【画像ギャラリー】ルノートラックスが本格展開を開始するBEVトラック(7枚)画像ギャラリー

市内配送用の電気トラックを物流企業と共同開発

 フランスの商用車メーカーでボルボグループに属するルノートラックスは、同国最大手の物流企業・ジオディスと共同で都市内配送用のBEVトラックを開発する。両社の持つ輸送や車両開発などの専門知識を合わせて、都市中心部での輸送需要に応える。

 排出ガス規制、大型ディーゼル車の乗り入れ禁止、多様化するモビリティ(カーゴバイク、自転車、スクーターなど)との公共スペースのシェアリングなどを背景に、都市部の輸送ニーズは変化している。

 荷物は小口化・軽量化する傾向にあるが、貨物の「マシフィケーション」(同じ重さの荷物を運ぶなら、例えば小型車3台より大型車1台のほうが輸送効率が高いということを示す)により、今後とも積載量3.5トン以上の車両が主役にとどまる可能性が高い。

 今回の提携を通じて両社のノウハウを組み合わせ、16トンクラスの都市用新型BEVトラックを開発する。新型トラックではディーゼル車に対してコスト(TCO)面でも対抗可能な実用的な車両の開発を目指す。

 仕事の道具であるトラックにとって、新しいパワーユニットが広く受け入れられるためには、実用的であることは不可欠な要素と言える。

 ジオディスは2030年までにCO2を30%削減するという目標を掲げており、2023年までに37の都市でカーボンフリー輸送を提供するとしている。いっぽうルノートラックスは10年以上の歳月をかけて小型~中型を中心としたBEVトラックを展開してきた。

 両社のコメントは次の通り。

 「地球環境の危機とEコマースの隆盛、そしてフランス国内の都市における低排出ゾーンの設定など、輸送の脱炭素化を直ちに進める必要があります。私たちは今すぐにサステイナブルな都市輸送の答えを出さなければなりません。これが提携の目的です」
(ジオディスのCEO・Marie-Christine Lombard氏)

 「トラックのイメージが変化しており、欠かすことのできない道具と認識されつつあります。このプロジェクトの目的は、様々な道路利用者や歩行者専用ゾーンも含めた都市環境にシームレスに溶け込むトラックを開発することです。ドライバーが働く上での快適性・安全性と共に、都市住民にとっても安全な車両を開発します」
(ルノートラックス社長・Bruno Blin氏)

都市に溶け込むトラック

 プロジェクト名は「オキシジェン」(=酸素)と名付けられ、設計段階から共同で作業することで都市中心部の配送で必要とされる要件を全て満たすことを目指している。不快な騒音や有害物質は排出せず、同時にすべての道路利用者(歩行者やほかの交通機関)と共存するように優れた安全技術を導入する。

 開発の初期段階で焦点を当てるエリアとしては、次のような点を挙げている。

 1.ドライバーにとっても、それ以外にとっても安全性を向上すること。電動化によりキャブ搭載位置を下げるとともに、大型のウインドシールドを採用しドライバーの直接視界を大きく改善する。視認性の向上は道路利用者の保護につながる。また、リアビューミラーに代えて複数のカメラを搭載することで360度の視界を確保する。助手席側ドアはスライドドアとしてドアの開閉に必要なスペースを抑制する。

 2.ドライバーの快適性向上。左右どちらからもトラックに乗り降りできることで通常の配送用トラックよりアクセスが簡単になる。

 3.エルゴノミクスの最適化と荷物スペースへのアクセス向上。都市環境では荷役性の改善も重要で、そのためにトラックのボディを製造する架装メーカーを含めた3社協力を検討する。

 4.コネクテッドによりドライバーが業務やルートの最適化を行なえること。

 5.この車両が都市と完全に調和し、ドライバーの快適性と自尊心を満たすこと。この目的のためルノートラックスのデザイナーはエクステリアとインテリアの両方を完全に新設計する。

 製造はルノートラックスのブランヴィル=シュル=オルヌ工場となる予定。同所は2020年からBEVトラックの製造を行なっている。

 「オキシジェン」のプロトタイプは2022年の年末に納入し、2023年の初めからパリ市における配送業務でトライアルを行なう。トライアルに続いてドライバーからのフィードバックを反映して、使いやすさ、実用性、充電関係などの改善を行なう予定だ。

 その後はTCO(総保有コスト)の低減を図り、コスト面でもディーゼル車に対抗可能な車両を目指す。

次ページは : BEVトラックのモデルレンジを刷新