阪急バスが電気バスを一般路線に投入開始!


 阪急バスは大阪大学の学舎間輸送を運行していた電気バスを、2022年4月11日(月)より一般路線にも投入し運行を開始する。

文:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】阪急バスがEV車を一般路線に投入!(4枚)画像ギャラリー

車両はBYD社製K8

 投入される車両は中国BYD社製の大型電気バスK8のようだ。K8は大型車だが12m車ではなく10.5m車で、メーカー発表の諸元によると航続距離は220km。

阪急バスのEVバス

 投入路線は千里ニュウータウン線で千里中央・北千里・桃山台駅・南千里あたりで乗車チャンスがありそうだ。

路線図

車両デザイン

 学内連絡バス運行時に発表された内容によると、車体のデザインは「ひととまちにやさしい阪急バス」をモットーに、環境を守り、次世代へとつなぐイメージをトリコロールの有機的なラインで表現。これを電気コードと見立てて、つながり(ひと、まち、想い)を印象付けるようなデザインとした。

側面デザイン

 車体をぐるっと囲むようにデザインされているトリコロールラインは電気回路をイメージし、車体側部の線は搭載されているバッテリー部分から出ており、最後は後部の電球のイラストへとつながっている。また車体は同社の環境対応車両でも使用している白をベースカラーとした。

後部デザイン

 車内の壁と天井はホワイトカラーで、窓が大きく光がたくさん入り、天気のいい日だと車内灯がなくても明るい印象。座席は従来のバスと同様、前方1列・後方2列で、後方の座席は一体型ではなく1席ずつ分かれている。

同型車に乗車した感想

 阪急バスの車両ではないが、同型車に乗車した感想として、走行時の騒音は燃料電池車のトヨタSORA以上で、一般的なディーゼル車よりは静かという感じがした。

 走りは電気モーター車独特のトルクフルな立ち上がりで、非常にスムーズ。路線バスとしては220kmの航続距離は特に問題にはならないと思われる。必要であれば営業所に入庫した時に急速充電できるからだ。

阪急バスのEVバス

 災害時や運行しないときには電力供給源としての利用もでき、運送目的以外でもさまざまな機会で活躍しそうだ。

【画像ギャラリー】阪急バスがEV車を一般路線に投入!(4枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ