クルマの命綱! 知ってますかブレーキの異常を知らせる前兆と整備方法


 クルマにとって最も大事な装備はブレーキだ。エンジンや変速機、モーターが壊れれば立ち往生する程度(それでも地域によっては凍死する可能性もあるが)で済むが、ブレーキが利かなくなれば、止まれない、曲がらないクルマとなって、命に関わる事故を起こしてしまう可能性もある。

 最新の安全装備も基本となるブレーキがキチンと機能して、初めて効果を発揮してくれる。

 そこで、ブレーキの整備がクルマにとって、どれほど重要なのか? ブレーキの異常時の見分け方や整備の目安、交換にはどんな手間(費用)がかかるのか? モータージャーナリストの高根英幸氏がなるべくわかりやすく解説する。

文/高根英幸
写真/ベストカー編集部、Adobe Stock


■ディスクブレーキとドラムブレーキの2種類

ディスクブレーキは、車輪とともに回転するディスクローターを、ブレーキキャリパーに組み込まれたブレーキパッドで両側からはさみ、ブレーキパッドをローターに押しつけることによって自動車を制動する(減速・静止させる)ブレーキシステム

ディスクブレーキが作動する仕組みだが、まず足元のブレーキペダルを踏んだ力は、ブレーキブースター(倍力装置)で力を増し、マスターシリンダーによって液圧(油圧)に変換。その圧力はブレーキオイル(ブレーキフルード)で満たされている配管を通って伝わり、4つの車輪に装着されたブレーキ内のピストンを押す力となる。ピストンは摩擦材であるブレーキパッドを、車輪とともに回転するディスクローターに押しつけ、パッドがローターを両側から挟み、ローターに押しつけられることによって、車輪の回転が止まり、クルマが減速、停止する

 乗用車のブレーキにはディスクブレーキとドラムブレーキがあるが、どちらもブレーキフルードを用いた液圧式のブレーキとなっている。

 液圧式とは、ドライバーがブレーキペダルを踏み込んだ力(踏力)を4輪にブレーキフルードを介して伝えるもの。ダイレクト感が高く、ドライバーが自在に制動力をコントロールできるブレーキとしては最適の構造であることから、長年使われ続けている。

 先進安全装備の採用により電子制御化されて、ドライバーの操作と関係なくブレーキを作動させる状況も生まれているが、制動力を発生させる構造自体はほぼそのままだ。それくらい、ブレーキシステムは完成度が高く、信頼性の高いメカニズムなのである。

ドラムブレーキは、ブレーキライニング(摩擦材)を張ったブレーキシューを車輪とともに回転するブレーキドラム(回転体)の内側にピストン(押しつけ機構)で押しつけることによって、ブレーキドラムの回転を止め、クルマを減速、停止

ドラムブレーキでは、足元のブレーキペダルを踏んだ力はブレーキブースター(倍力装置)で力を増し、マスターシリンダーによって液圧(油圧)に変換。その圧力は、ブレーキオイル(ブレーキフルード)で満たされている配管を通って伝わり、4つの車輪に装着されたブレーキ内のピストンを押す力となる。ピストンは、摩擦材であるブレーキライニングを車輪とともに回転するブレーキドラムの内側に押しつける。回転するドラムの内側にライニングが押しつけられることによって車輪の回転が止まり、クルマが減速、停止

■ブレーキトラブルの前兆は?

少しでも踏みごたえに異常を感じたらディーラーや整備工場に持ち込もう

 ブレーキは使い続けていると、機能性能が低下していく。いきなりブレーキのフィーリングが変わることはあまりないため、トラブルに気付かずに乗り続けていることも多い。

 けれども前述のように壊れたら一番ヤバいブレーキは当然、壊れる前にちょっとでも異常を感じたら点検整備してもらうに限る。トラブルの前兆は振動と異音、踏み応えや利き具合の変化に現れる。ブレーキが冷えた状態でも、温まった状態でも、これまでとは違うと違和感を感じたら、プロの診断を仰ぐべきなのだ。

 また異常が無くてもブレーキには、定期的な点検が必要だ。それは構成部品に経年劣化が大きいブレーキフルードが含まれているからだ。

 ブレーキフルードは化学的に安定した素材で、極低温でも凍結せず高温下でも沸騰しないことにより、幅広い環境下で制動力を発揮できるようになっている。

 しかし吸湿性があり、作動により温度上昇と冷却を繰り返ることで劣化するため、定期的に交換することが求められるのだ。

 水分を吸収しても、急にブレーキが利かなくなる訳ではないが、ペダルタッチがフワフワとして踏み込む量が増えてしまう。

 さらに山道などでブレーキを多用することになると、水分が蒸発して急にブレーキが利かなくなるベーパーロックを引き起こす危険性が高まる。

 フルードを交換するとペダルタッチがしっかりとして、よりダイレクト感を感じられるようになる。ペダルフィーリングにこだわるオーナーには毎年、そうでないオーナーにも2年に1度はフルードを交換することをお勧めしたい。

次ページは : ■キーキー鳴ったら交換時期、放置するのは厳禁

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ