クルマの命綱! 知ってますかブレーキの異常を知らせる前兆と整備方法


■ブレーキホースの劣化も見逃すな!

100km/hで走るクルマが急ブレーキをかけると、0℃の水2Lが3秒で100℃に沸騰するほどの熱が放出される。ブレーキフルード(オイル)が通るブレーキホースもいかに大切かがわかるだろうか?

 また一般的には消耗品にはあたらないが、長年の使用で交換が必要な部品も出てくる。エンジンルームと室内の壁(バルクヘッド)に取り付けられたマスターシリンダーやEBS(電子制御ブレーキシステム)ユニットから、4輪へと制動力を伝えるのはブレーキパイプと呼ばれる細い金属製の管だ。

 しかしサスペンションによってブレーキは上下に動くし、前輪は操舵のためにブレーキキャリパーとシャーシとの位置関係ブレーキシステム)が変わる。

 それを調整するのがブレーキホースの役割だ。純正のブレーキホースは耐薬品性を備えたゴムに繊維を織り込んでブレーキの圧力に対して剛性を確保している。

 しかし経年劣化でゴムがヒビ割れ、柔軟性を失って剛性も低下する。それによってブレーキのタッチがフワフワとしたり、最悪の場合はフルードが漏れて制動力を失うことになりかねない。

 安い中古車を購入したら、このあたりまではしっかりとチェックして劣化していれば交換したほうが安心だ。高価なステンレスメッシュ製のホースでなくても、純正の新品であればブレーキ性能やフィールも充分に確保できる。お金をかけるなら定期的なフルード交換に費やすべきだ。

■ブレーキキャリパーの不具合を生じることはほとんどなくなった

R35GT-Rの純正ブレンボ製キャリパー

 ブレーキパッドをディスクローターに押し付けるブレーキキャリパーも、昔は定期的に分解整備が必要だったが、最近のクルマはパーツの精度も高いので10年10万kmくらいまで、不具合を生じることはほとんどなくなった。

 普通のクルマはキャリパーの片側にピストンをもち、キャリパー全体が動くことで左右のブレーキパッドで制動力を生じさせる。

 しかしキャリパーの動きが渋くなると、左右のブレーキパッドにかかる力に差が出て片減りしやすくなる。ディスクローターを交換するタイミングなどでキャリパー回りの清掃や潤滑をしておくといい。

次ページは : ■ブレーキマスターシリンダーも侮れない

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ