【人の振り見て我が振り直せ!!!】気づかずやってる人多数 はた迷惑な運転 7選


この春、新たに普通自動車免許を取得した初心者ドライバー、または土日しかクルマを運転しないサンデードライバーの方、もしくはペーパードライバーだけど、これから運転をしたい方など、運転にあまり慣れていないドライバー必見!

まだまだ寒い時期が続きますが、時おり訪れる暖かな日差しで春の到来を感じるこの季節(花粉症のみなさんには辛抱ではありますが)、クルマで外に出かけたくなりますよね。その気持ちは重々わかります。

と、その前に、ベテランドライバーたちが日頃感じている、やめてほしい、はた迷惑な運転マナーを紹介しましょう。

「人の振り見て我が振り直せ」ということわざがありますが、ぜひこの記事を読んで、もし自分がやっていると気づいたら、直してほしいと思います。

文/野里卓也
写真/ベストカーWEB編集部、Adobe Stock


■はた迷惑な運転マナー1/「曲がる直前にウインカーを出す」

直前でウインカーを出して曲がるのは下手したら追突も免れない迷惑行為だ

さて、私も普段都内を運転していて、信じられないはた迷惑な運転のドライバーに遭遇することがよくある。

まず、こんな簡単なことができないなら運転免許返上すべきと思う運転マナーがコレ。曲がる直前でウインカーを出す行為だ。

これは普段走り慣れていない場所でカーナビを使って、あるいは車内の人たちに案内をさせて目的地へ向かおうとしているシチュエーションでありがちな行動。

案内を聞いて「あっ、こっちだ」と、急に右左折するわけで、後続車両にしてみれば危ないったらありゃしない。進路を変更するにはちゃんとルールがあり、交差点を右左折する場合は、その交差点の30m手前でウインカーを出さないといけないのだ。

交差点ついでに言っておくと日本でも数少ないロータリー交差点の場合、目的地への出口で流出するときは、手前にあるもうひとつの出口付近を通過したときに合図を行なわなければならない。地元の人以外はほとんどお目にかかれないとは思うが、もし出会った時のために覚えておきたい。

なお、直進方向で走行車線を右、あるいは左に変える場合は進路変更の約3秒前と、これもちゃんとしたルールがあるのだ。

JAFが2016年に交通マナーに関するアンケートをしたが、そのなかで、「日本一ウインカーを出さない県(ウインカーを出さずに車線変更や右左折するクルマが多い」)として認定された岡山県のみなさんもお願いします!

■はた迷惑な運転マナー2/「いつまでたっても合流できないオドオドしたクルマ」

ベテランドライバーでも難しい時もある高速道路本線に入る時の合流。オドオドしているドライバーをよく見かける

いつまでもたっても本線に合流できないオドオドしたクルマ。こういったシチュエーションを見かけることは多いハズ。

特に自動車専用道路(高速道路)で、いつまでたっても合流ができないばかりか、挙げ句の果てに合流途中でクルマを停めてしまうツワモノもいる! そうした状況は事故の危険性が高くなるばかりか、重大事故を引き起こしてしまう原因となる。

運転している人にとっては必死なだけに気持ちは分かるが、やはり一番やってはいけないのはクルマを停めてしまうこと。一度停止してしまうとそこから加速するのに時間がかかるし、合流速度へ達するまでの距離も長くなる。

なにより後続車両と本線を走る車両にとっては前方に停止車両がいることで、ブレーキを促してしまうからだ。

なので、合流が苦手な場合は、やはり、加速してタイミング良く合流することに慣れてコツをつかむしかないだろう。

もちろん、ベテランドライバーの人たちも本線を走行しているとき合流車線にクルマを見かけた場合は、追い越し車線あるいは違う車線に移動するなり、気遣いをしてもらいたい。

次ページは : ■はた迷惑な運転マナー3/「晴れた夜なのにまぶしくて迷惑なリアフォグ(フロントも)点灯」

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ