60年代からあった!?? 流れるウインカー流行の理由と今後の行方


■輸入車は意外にも正規採用が少ない

輸入車に目を向けると、まず先駆けとなったVWやアウディで流れるウインカーは前述のように「ダイナミックターンインジケーター」と呼ばれ、アウディではリアランプは標準もしくはオプションとして用意。フロントは前述のように「マトリクスLEDヘッドライト」とともに装備する。

ただし、A4やA3/Q3、A1ではフロントLEDランプを「LEDパッケージ」としてオプションで選べばリアが流れるウインカーになるが、セットオプションとして「マトリクスLEDヘッドライト」を選択した場合のみフロントも流れるウインカーとなる。

VWでは2017年にラインアップに加わったゴルフRやビッグマイナーチェンジ版のゴルフTSIハイライン(テックエディション)にはリアに設定され、上級車種のアルテオンではリアにグレードによって設定されるなど、全体として車種/グレードによって違いがある。

ビッグマイナーチェンジした現行ゴルフに採用された流れるウインカー

ほかの輸入車ブランドでは、さほど積極的ではないことがわかる。たとえば、メルセデスではメルセデスAMG  GTのみに2015年からリアランプに採用された。

AMG GT 4ドアクーペにも同様に装備され、LEDターンランプとして特別な呼称を用意することなくカタログに掲載されている。

BMW/ミニにはシーケンシャルウインカーを採用していない。ただし現実には、メルセデスとともにアフターマーケットではヘッドランプに装備されたLEDを利用したキットパーツとして販売されていたりするのでやっかいだ。

ラテン系での採用例としては、フランス車ではプジョーの308(前)に設定、デザイン性を重視するシトロエンのDSブランドでは、DS3(前)/DS7クロスバック(前後)に採用しているように、多分にデザインに影響される部分も大きいようだ。

DS7クロスバックに採用されている流れるウインカー

なお、同じフランス車のルノー、欧州系のボルボやFCAは流れるウインカーを設定しておらず、米国メーカーのGMではキャデラックはLEDウインカーのデザインを縦方向に仕立てているから無理があり、シボレーカマロにも設定がないようだ。

どうやらイタリア勢のスポーツカーは消極的なようで、フェラーリの場合、従来はデザイン上の問題もあるはず。

ちなみに、フェラーリやランボルギーニのモデルでは、メーカーが設定されていないにもかかわらず、よく見かける気がするのは、前述のようにデイライトにウインカー機能をアフターパーツを使って装着している例が見られるからだろう。

たとえば、ランボルギーニは最新モデルのSUVであるウルスでは、リアランプ周りに装着されたLEDランプは横方向の長さは充分あっても未採用としている。

マセラティのSUV、レヴァンテもないようだが、これはモデルチェンジのタイミングやデザイン上の問題もあるのだろう。

いっぽう、英国系のブランドではジャガー・ランドローバーは流れるウインカーの採用に積極的。

最新モデルを見るとジャガーXE(2020年モデル)やレンジローバースポーツ/ヴェラールや今夏日本発売の新型イヴォークには前後とも“シーケンシャルウインカー”が装着されている。

英国のスーパースポーツであるマクラーレン720Sに採用され、ベントレーなどの円形ランプでは採用例は見られない。

■今後、流れるウインカーはどうなっていくのか?

日本車でもいわゆるフルLEDヘッドランプの普及が徐々に進んでいる(とはいっても、小型車なのではオプション設定が多い)にもかかわらず、日本メーカーでは海外展開される車種では統一するのに手間がかかることやコストを鑑み、積極的に採用しているとはいえない。

米国は市場規模は大きくても、地域によって法律が変わる場合があるために、高級スポーツカーメーカーがメイン市場への対応を考慮するならば、流れるウインカーを新たに設定することは難しいかもしれない。

たとえば、VWグループに属するスポーツカーメーカーであるポルシェが新型911を含めてシーケンシャルウインカーを採用していないことは、彼らの哲学ゆえかもしれないが、そのあたりが影響しているように思えてくる。

新型911(992型)には流れるウインカーは採用されていない

さまざまなランプのLEDへの変更で考えるべきは、輸入車では2016年に保安基準としてデイライトの光量(欧州と日本で基準が異なる)の調整の取り組みが必要だったということでもわかるように、WP29の基準に日本独自の保安基準が上乗せされ、新規の導入がそう簡単ではないといった事情ではないだろうか。

まだ技術的な改良の余地があるように思えるLEDランプの開発の進捗がまず考慮されるべきだろうし、“流れる”“流れない”を云々する以前に、LEDランプの視認性はもとより形状の設計やコストを含めて、よりよい方向に進むように検討すべきだろう。

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ