【スープラ クラウン カローラスポーツ!!】 全部カッコいいぞ!!! トヨタのエースブランド戦略

 モータースポーツ活動のほか、その活動を通じて得た知見を投入し、魅力が大きく引き上げられた市販モデルの開発を役割とする、トヨタ・GRカンパニー。

 GRブランドから登場するクルマは、そのチューニングの度合によって3つの階層に分かれる。ボディとシャシーを強化し、専用の外観が与えられた「GRスポーツ」。

 さらにミッションなどパワートレーンにまで改良の手が入った「GR」。そしてGRブランドの頂点に君臨する「GRMN」は、それらの改良に加え、パワーユニットにも手が入る。

 そんなGRブランドから、今後数年のうちに多くの新モデルが登場する。

※本稿は2019年3月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年4月26日号


■個性際立つ! スポーティなGRブランドモデルが続々登場!!

 3つの階層のなかでトヨタが今後、力を入れるのが「GR」および「GRスポーツ」だ。

「GRMN」モデルは確かに圧倒的な性能を誇るが、価格が高く販売は台数限定となるため、トヨタのスポーツイメージ向上に与える効果も、どうしても限定的なものになってしまう。

 だがユーザーが望み、ノーマル+αの資金を投入しさえすれば手に入る「GR」、「GRスポーツ」モデルならば、より広い層にスポーツイメージを訴えることができる。

 そんなトヨタの思惑、狙いを反映した動きが、今年に入ってから各ショーやイベントで散見される。年初のオートサロンには、コペンをベースにしたGRスポーツモデルがトヨタとダイハツ、両ブースに出展された。

●トヨタ コペンGR SPORT(2019年冬登場)

GRブランドモデルの特徴、直線基調でデザインされたフロントバンパーが、意外なほどコペンに合う。専用デザインのアルミホイールも装着。価格は250万円ほどか
走りを何より重視するGRモデルだが、コペンはオープンカーだけに内装の差別化が他モデル以上に重要視されるだろう

 驚くことに現場の解説員はともに市販前提であることを明言し、さらに「その先」があることも匂わせていた。つまりよりチューンの進んだ「GR」モデルもあり得るということだ。

 確かにボディ外板の着せ替えが可能なほど強固なフレームを持ち、チューンベースとしての資質が高いコペンを、ライトな「GRスポーツ」で留めるのはもったいない話。「GR」モデルの登場に期待したい。

 次にGRブランドのモデルが姿を現したのは3月17日まで開催されていたジュネーブショー。そこにはカローラスポーツのGRスポーツモデルが登場した。

●トヨタ カローラスポーツGR SPORT(2020年夏登場)

欧州では2020年1月から市販が開始されるモデルで、ダーククローム調のフロントグリル、18インチアルミホイール、一部にパネルが貼られたサイドステップなどが専用装備
ボディカラーによってはルーフをブラックアウトすることで2トーンカラーにもできる。内装も随所に赤がアクセントとして入れられ、スポーティな雰囲気を演出している。日本では6MTモデルも設定されるだろう

 1.8Lと2L、両ハイブリッドに設定され、来年1月から欧州で発売予定とされた。

 このモデルも日本に導入されることになる。1.8Lハイブリッドは当然だが、1.2L直噴ターボにも設定を望みたい。もちろんミッションは6MTだ。

●トヨタ C-HR GR(2019年秋登場)

迫力の外観もウリだ

 2017年9月に発表された11台のGRモデルには含まれていないが、人気車であるC-HRも当然GR化される。

 スポット溶接の打点増し、強化ブレースを使用したボディ補強や、ローダウンを含む足回りの変更などでSUVらしからぬ走りを見せる。価格は350万円程度になるだろう

●トヨタ クラウンGR(2019年冬登場)

ボディ補強やローダウンはもちろん、8速ATの制御にも手が入る

 ニュルブルクリンクで鍛えるなどノーマルでも高い走行性能を誇るクラウンだが、ターゲットをBMWに据えた「GR」モデル投入の準備が進んでいる。ベースとなるのは245ps/35.7kgmを発生する2Lターボ車のRSグレードだ。

 一方、すでにPHVには「GRスポーツ」が設定されているプリウス。だが当然、昨年末にマイチェンを受けた通常のプリウスにもGRブランドモデルは設定される。

●トヨタ プリウスGR(2020年初頭登場)

「GR」での登場が期待されるプリウス

 PHVがGRスポーツである以上、プリウスも「GRスポーツ」止まりとなる可能性もあるが、ぜひTHSの制御をよりスポーツ方向に振った「GR」としての登場に期待したい。

*   *   *

 さて、最近話題を振りまくといえば、豊田章男社長の乗るセンチュリーGRMNも忘れられない。が、トヨタの最上級モデルに過激なGRMNモデルが用意されるかというと、正直疑問。

 あのクルマは豊田章男社長一流のジョークと考えたほうがよさそうだ。

 とはいえ、スポーティな外観が与えられ、より走りのレベルを引き上げたモデルは登場してくる可能性はある。

●トヨタ センチュリーGRMN(2021年登場)

システム出力=431psと、ノーマル状態で十二分なパワーがあるため、「GRMN」の領域にまでは踏み込まない可能性が高い。だがボディ剛性向上やサスペンションの引き締め、遮音材の削減などで軽量化を行い、「GR」を名乗る可能性はある

 ハイブリッドゆえパワートレーンにまでは踏み込まない、「GRスポーツ」となる可能性が高いが、もし実際に市販されれば喝采を受けるのは間違いない。

 ヤバいくらいにやたら速いセンチュリー、見てみたくないですか。

■ベースモデル登場は「序章」に過ぎない!? スープラ怒濤のエボ戦略を読む!

 5月に正式発売となるスープラの価格が判明した。

 直4、2Lターボの「SZ」が490万円、SZ-Rが590万円、直6、3LターボのRZが690万円。オーストリアで生産されるクルマで、日本への輸入台数が極端に少なく、納車は2Lターボが今年11月以降、3Lターボに関しては来年3月以降になるというから驚き。

シリーズ中、最もベーシックなSZのスタイル。197ps/32.6kgmの直4、2Lターボと17インチタイヤを採用する(SZ-Rは258ps/40.8kgm、18インチタイヤ)

 この件については今後さらに情報を集め、また別の機会にお伝えしたいと思うが、スープラにはGAZOOレーシングの手によるエボリューションモデルが控えているというのがここでの本題。

 5月に発売されるモデルは序章に過ぎない。もちろんスープラにはシリーズ最強のチューニングレベル「GRMN」が用意される。

 徹底した軽量化、ボディ補強、足回りのチューニングに加え、エンジンやトランスミッションにも手が入る。

●トヨタ スープラGRMN(2021年登場)

2021年の登場が予想されるス「ープラGRMN」。400psオーバーの直6、3Lターボを搭載する、本格的なチューニングモデルだ

 ノーマルでは340ps/51.0kgmの3Lターボは400psオーバーになること確実で、噂レベルだが、GRMN専用にマニュアルも用意されるという情報もある。

 ノーマルのスープラは公道を楽しく走れるスポーツカーというのがメインコンセプトだが、GRMは本格的なサーキット走行もこなせる仕様となり、まったく乗り味の違うタイプとなる。デビューは2021年と予想される。

●TOYOTA スープラGT4(レース専用車)

こちらはジュネーブショーで初公開されたGT4クラスのレース専用車。ニュル24時間レースやS耐などに参戦できる

■WRカーよりも強烈!? 1.6Lターボ4WDのヴィッツGRMN

●トヨタ ヴィッツ(ヤリス)GRMN(2020年登場)

3ドアボディを使い、前後フェンダーを拡幅した迫力の外観もGRMNモデルの特徴。モータースポーツベースモデルは320万円程度と意外と安い

 ベースとなる4代目ヴィッツは世界共通の『ヤリス』と名を変え今年10月にもデビューする予定。

 現行型ヤリスはWRCに参戦しているが、このイメージをだぶらせたGRMNモデルが追加されるのは2020年秋の予定となっている。

 これまでも再三にわたりお伝えしてきたように、ヤリスGRMNが搭載するエンジンは新開発される1.6Lの直列3気筒DOHCターボで最高出力250ps、最大トルク32.5kgm程度を発揮するという。

 これに4WDが組み合わされるのだから、走りは強烈だ。

 ボディは現在のヴィッツGRMN同様、日本仕様には設定されていない3ドア。価格は320万~380万円程度。

■ル・マン優勝マシンを1億円、1000馬力で市販化!!

●TOYOTA GRスーパースポーツ(2020年登場)

 昨年のル・マンを制したトヨタTS050をベースに市販モデルとするGRスーパースポーツの開発は順調に進行中。

 2.4Lツインターボのハイブリッドで、市販モデルも1000ps以上を発生。価格は1億円を超えるとか。来年中には正式デビューだ。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ