【ペダル踏み間違い事故多発!!】高齢ドライバーへの防止装置装着義務付けの積もる問題点

 75歳以上の人口に占める免許保有者比率は2017年の31.0%から2020年の32.0%へ伸びる計算で、ここに運転免許保有率が高い「団塊の世代」が加わる2020年代後半には、75歳以上のほぼ2人に1人が運転免許を持っている時代がやってくる。

 そんな”ドライバー”の高齢化社会にあって、最近、社会問題になってきたのが高齢ドライバーによる「ペダル踏み間違い事故」だ。

 こうした事故は年間約5000件も発生しており、事故による死者は51人、負傷者は6700人を超える。

 加害者は20代と70代以上の高齢者ドライバーに多く(2017年、交通事故総合分析センターの交通統計)、1日に13件以上も踏み間違い事故が起きている計算だ。

 急がれるのはやはり、ペダル踏み間違い防止装置の標準装備化だが、新車だけでなく、すでに所有しているクルマを所有する高齢者ドライバーには「後付けペダル踏み間違い防止装置」を義務付けることが必要なのではないだろうか? 

 そのあたりを最新のペダル踏み間違い装置の事情を踏まえ、モータージャーナリストの高根英幸氏が解説する。

文/高根英幸
写真/ベストカー編集部 ベストカーWEB編集部 Adobe Stock


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ