ベンツ、フェラーリ、日産ら自動車学校最前線レポート!!


 少年時代、クルマ好きなら誰しも「将来はクルマにかかわる仕事がしたい!」と思ったことが、一度や二度はあるんじゃないだろうか。そんな時にふと気になってくるのが自動車学校という存在。

 卒業後は自動車関連の会社に就職する者が多いのだから当然なのだが、最近では自動車メーカーとコラボした自動車学校も出てきているようなのだ。そこで、本企画ではそういったユニークな学校を紹介しよう。

キーワードその①メルセデスベンツ
東京工科自動車大学校世田谷校

 まずはメルセデスベンツと業務提携している小山学園(東京・中野区)の例から。’13年12月に業務提携を結んだ両者だが、来年4月に小山学園の「東京工科自動車大学校世田谷校」の自動車整備科(昼間2年制)に「メルセデスベンツコース」が新設されるのだ。

 これまで国産の自動車メーカーが自動車整備学校の運営を行ったり、整備技術を学ぶ学生への支援を行ったりしたことはあったが、インポーターがこうした試みを行うのは珍しい。もちろん、ベンツを中心に学ぶ学科が設置されるのは日本では初めてとなる。

 同コースは1学年25名でスタート。ベンツから提供される実車を教材として用い、専用の診断機や専用のツール、ベンツ純正部品を使った質の高い最新の点検・整備知識を2年間にわたる授業で学ぶ。卒業後はベンツディーラーを中心とするメカニックとして即戦力となることが期待されるようだ。

 小山学園は’69年の開校以来、中野区の東京工科自動車大学校をはじめ、東京工科自動車大学校世田谷校、東京工科専門学校品川校の計3校を運営する都内最大級の自動車整備学校法人で、これまでに約2万人の卒業生がすでに自動車業界の整備技術者として活躍しているという。

 そもそも両者が業務提携に至ったのは、メルセデスベンツ日本によれば、「車載技術が年々高度化していくなか、より専門性の高いメカニックの育成はベンツのみならず自動車業界の最優先課題のひとつであるいっぽう、若者のクルマ離れが叫ばれる状況で自動車業界を志望する有望な学生を支援することが我々の責務と捉えたからです」とのこと。

 で、今回のメルセデスベンツコースでは、具体的にはベンツ側は学校側に教材としての車両を提供するほか、教員への研修や必要とされるツールや教材などを提供する。これにより、生徒たちにベンツに精通したメカニックになってもらおうというのがねらいだ。

 昨年8月には小山学園グループの自動車整備を学んでいる生徒を対象に、メルセデスベンツ講師陣による4日間の夏季セミナーをメルセデスベンツ日本習志野事業所トレーニングセンターで開催している。

 コンピュータ制御によるクルマの整備が主流となっている今、今後はますます構造や機能の複雑化が進み、メーカーごとのスペシャリストが求められてくるようになるかも!?

キーワードその②ハーレー
東京工科専門学校品川校

 続いてはクルマではなくオートバイの整備コース。先ほどのベンツと同じく小山学園での試みとなるのだが、東京工科専門学校品川校では現在、「ハーレーダビッドソン専科」(自動車整備科2輪コース、2年制)を設定。ハーレーダビッドソンジャパンと小山学園が提携したプログラムで、日本初の試みだ。

 ハーレーの実車モデル約70台を教材として学び、基礎知識から整備技術までを習得するのが目的で、’09年4月から開講。最終的には二級自動車整備士(ガソリン、ディーゼル、2輪)の資格を取得してハーレーダビッドソン正規販売店約200店への就職を目指すというもの。

 2輪の整備実習や車検実習、出力測定や故障診断などについてハーレーの実習車で行い、ハーレーの整備やカスタマイズに精通したサービスメカニックを養成するのが目的。

 卒業時には、全部で5つのレベルが設定されている世界各国のハーレーダビッドソン正規販売店認定の「サービス技術認定プログラム」のうち、レベル2の「テクニシャン」が付与される。

 卒業後はそこからレベル3の「アドバンスドテクニシャン」、レベル4の「エキスパート」、そして最高位のレベル5「マスター」を目指していくことになる。

 使用される機材はハーレーダビッドソン専用外部診断機の「デジタルテクニシャンⅡ」。エンジンやシャシーの制御、ABSなどハーレーはすべてモジュール管理され、そのプログラム書き換えにこの機材が必要となる。

 同コースでは、1年次に車両整備の安全作業について工具の名称や使い方のほか、リフトの使い方や基本的な作業、ハーレーの取り回しや引き起こしなどを習得する。また、日本全国から1000台以上のハーレーが富士スピードウェイに集まるイベント「富士ブルースカイヘブン」への参加も予定されている。

 2年次にはハーレーの細かい電子制御燃料噴射装置を学習するほか、ビッグツインエンジンの脱着作業、トラブルシューティングなどについて学ぶ。

次ページは : キーワードその③フェラーリ 中日本自動車短期大学

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ