【マツダ ホンダ スズキ スバル ダイハツ】 東京モーターショー何がくる?? いま掴んでいることすべて


 「【来るか新型Tj 次期86!?】 今秋開催東京モーターショー2019 トヨタ出展モデル最速情報!!!」、また「【次世代e-POWERも登場間近?】 「ゴーン後」の日産・三菱 新たな姿とクルマたち」と、少々気が早い気もしつつ、10月の東京モータショーに絡めた記事を掲載してきた。

 もちろん、トヨタ、日産、三菱以外にも、注目のクルマたちはどんどん出てきている。ベストカーがいま掴んでいる情報すべてをお届けしよう!

第46回 東京モーターショー2019は10月23日(水)のプレスデーで開幕し、一般公開日は10月25日(金)から11月4日(月・祝)の11日間。来年夏に開催される東京オリンピックの準備がある関係で、会場は東京都江東区有明の「東京ビッグサイト」とMEGA WEB近くの「青海展示棟」を加えた2会場となる。ショーテーマは「OPEN FUTURE」だ。(画像をタッチ・クリックすると公式サイトに移動します)

※本稿は2019年5月のものです
文:ベストカー編集部/写真・予想CG:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月10日号


■マツダ

●直6ディーゼル搭載のFRクーペが主役になる!

 2017年の東京モーターショーで4ドアクーペのデザインコンセプトを披露したマツダは、 2020年の投入を目指してFRの最上級4ドアサルーンの開発を進めている。

 ただし、そのFRサルーンは、アテンザの次期モデルではなく、まったく新しいフラッグシップモデルとしてデビューする可能性が高い。

マツダのFR2ドアクーペのスタイルは、「魂動デザイン」をさらに進化させたものになる(画像はベストカー予想CG)

 そして、この新しいFR4ドアサルーンには開発が同時に進められている派生モデルが存在する。

 スタイリッシュな2ドアクーペがそれで、今年のショーのマツダブースでは、この新しいFR2ドアクーペが目玉になりそうだ。

 マツダが今あえてFRを採用するのは、プレミアムカーには上質な操舵感を演出しやすい後輪駆動がふさわしいと判断したため。

リア(画像はベストカー予想CG)

 それに今後も厳しくなる排ガス規制に対応するための補機類がFFより装着しやすいといった理由もある。そして、何よりも直6エンジンを搭載するためだ。

 その直6エンジンは3Lディーゼルターボが予定されていて、そのほかガソリンエンジンは2.5L直4ターボを用意。

 プレミアムゾーンに参入するマツダの挑戦に期待だ。

ベンツは昨年、直6エンジンを復活させてSクラスに搭載。直6の再興はさらに広がるのかが注目される

●ロータリースポーツの提案はある?

 2012年にRX-8が生産終了してからロータリースポーツは途絶えたままになっており、ロータリーの復活は常に注目されるところ。

 2015年の東京モーターショーで「RX-VISION」を出品した時にはロータリーエンジンの搭載が話題にのぼり、2017年のショーモデル「VISION COUPE」の時にはRX-9の開発は継続しているとされた。

 しかしその後、ロータリーについての情報は聞こえてこない。これには技術的課題と会社としての体力が壁になっているというのだが……。

マツダといえばロータリースポーツ。RX-7の後継車となるようなロータリーを搭載したクーペの復活に期待したい(画像はベストカー予想CG)

 ところが、研究は依然と続けられているという。

 燃費向上のため電動ターボなどの技術が投入されるはずで、マツダ創立100周年にあたる来年に何らかのアナウンスがありそう。

次ページは : ■ホンダ

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ