ハイエースじゃなきゃダメな理由 キング・オブ・商用車降臨

 日本車、輸入車に限らず熱狂的なファンから支持されているクルマがある。そのようなクルマは往々にして月販平均で2ケタよくて3ケタということも少なくないが、熱狂的な支持に支えられているトヨタハイエースはレジアスエースと合わせて月販平均4000台をオーバーする。

 まさに『ハイエース信仰』とでも言いたくなるほど引く手あまただ。 

 ラージミニバンとしては同じトヨタのアルファード/ヴェルファイアも同じくらい売れるモンスターではあるが、ハイエースの魅力はどこにあるのか? 昔からのライバルである日産NV350キャラバンではなくハイエースを選ぶ理由は?

 ハイエースの魅力について、渡辺陽一郎氏が解説する。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA


ワゴンはあるが、別用途のクルマ

 ハイエースは商用車の人気車だ。ハイエースバンの2018年における売れ行きは、姉妹車のレジアスエースを含めると、1カ月平均で4800~4900台に達した。これはアルファード(ヴェルファイアは含まない)の登録台数と同等だ。商用車としては絶好調に売れている。

ハイエースはボディタイプ、エンジンなどいろいろなバリエーションを用意してユーザーのニーズに応えている。人気は圧倒的にバンタイプ

 開発者によると「グレードの内訳は、最上級のスーパーGLが約40%を占める。バンではあるが、ホテルが荷物の運搬と併せて、お客様の送迎に使うこともある。

 またマリンスポーツなどを楽しむお客様が、仕事ではなく、趣味のアイテムを運ぶ空間としてハイエースを選ぶことも多い」という。

 ハイエースで注意したいのはグレード構成だ。ハイエースにもバンと併せて「ワゴン」があるが、アルファード&ヴェルファイアとかヴォクシー/ノア/エスクァイアのようなミニバンとは機能が異なる。

 ハイエースワゴンのシート配列は、ミニバンのような3列(乗車定員は7~8名)ではなく、4列(乗車定員は10名)になる。コミューターと呼ばれる5列シート仕様もあり、これは乗車定員が14名だから、中型運転免許が必要だ。

 そしてワゴンのGLであれば4列目を左右に跳ね上げられるが、6名が乗車できる座席は残る。つまりハイエースワゴンは、大勢の乗員を乗せるマイクロバス的な用途を想定しており、ミニバンとは車内の造りが異なる。

 そしてハイエースワゴンの全幅は、すべて1880mmとワイドだ。エンジンは2.7Lのガソリンで、価格はベーシックなDXが281万4480円、GLは304万8840円に達する。そのために一般ユーザーのワゴンに対する需要はさほど多くない。

ハイエースワゴンは送迎用のマイクロバスとしての需要も高く、写真のとおり普通免許で運転できる限界の10人乗り(シート配列は2-2-2-4の4列)

アルファード/ヴェルファイアでは役不足

 そうなると売れ筋は圧倒的にバンになる。冒頭で挙げた充実装備のスーパーGLは、後席を畳むと荷室長が2mを超える。後席を備えない1列目のみの3人乗りなら荷室長は3mだ。

 床面はフラットで、荷室高もスーパーGLが1320mmだから、自転車やサーフボードのような大きな荷物も簡単に積める。車内で休憩したり就寝する時も使いやすい。

 いっぽう、アルファード&ヴェルファイアは、車内の広いミニバンでも、高級セダンの居住空間を拡大したようなリムジンに近い発想で開発されている。

 そのために上質な内装、オットマンの装着された豪華な2列目シート、音質のいいオーディオなどが備わるが、ハイエースのユーザーが求めるのは車内が「がらんどう」の動く箱だ。収納設備などは必要に応じて自分で装着する。

ハイエースバンの乗車定員は2名または5名で写真で見てもわかるとおり、フラットで広大なスペースとなっている。この広さがハイエース信仰の最大の要因

 ハイエースはキャンピングカーのベース車両にも使われるが、実用性が高いのは、しっかりした常設ベッドを置いたシンプルな内装だったりする。

 キャンピングカーを手掛けるメーカーのスタッフにも、「豪華なキャンピングカーでは、2畳くらいの小さな部屋に、ギャレー(流し)、コンロ、シャワールームまで備える。本当は装備を小さくシンプルに造り、寝る場所を広く確保すると使いやすいが、それを素直に造ったら利益が出ない。だから装備が増えてしまう」と自嘲気味に言っていた。

 アルファード&ヴェルファイアでも、3列目シートを畳めば自転車などを積める。ただし荷室の奥行寸法は、3列目を畳み前方までスライドさせても1.7m前後だ。ハイエースなら2mを超えるから就寝しやすく、アルファード&ヴェルファイアと違って左右に跳ね上げた3列目シートが荷室側に張り出す使いにくさもない。

 こういった実用的なメリットがあるから、クルマを趣味のツールとして使いたいユーザーは、アルファード&ヴェルファイアではなくハイエースを選ぶ。

現在のキング・オブ・ミニバンに君臨するアルファード/ヴェルファイアは個人ユースのほかリムジン的にも使われていて外国人にも人気が高い
アルファードの3列目シートは跳ね上げ収納タイプで、操作性に優れ収納スペースも広いが広さに特化したハイエースのライバルにはならない

車両価格は高いがリセール抜群

 ハイエースを扱うトヨペット店では「クリーンディーゼルターボを選べることも、ハイエースが選ばれる大きな理由」という。

 アルファード&ヴェルファイアにもハイブリッドが用意されるが、ハイエースのディーゼルは、最高出力が151馬力(3600回転)、最大トルクは30.6kgm(1000~3400回転)で、実用回転域の駆動力が高い。

 このエンジン特性は、重い荷物を積んで走る使い方に合っている。国産ミニバンでクリーンディーゼルターボを選べるのは、三菱デリカD:5だけなので、ディーゼルが欲しいユーザーにはハイエースが魅力的な選択肢になる。

2018年8月に特別仕様車として発売された50周年記念車はバンのトップグレードのスーパーGLをベースにびっくりするくらいの豪華&快適装備を満載

 価格は4ナンバーサイズのスーパーGL/クリーンディーゼルターボ搭載車が356万2920円だ(2Lのガソリンは297万4320円)。

 このスーパーGLのディーゼルに、LEDヘッドランプ(6万4800円)、アルミホイール(6万4800円)、スライドドアの両側電動機能(9万5040円)、スマートエントリー&スタート(3万1320円)を加えると、総額で381万8880円になる。

 この価格は、アルファードに2.5Lのノーマルガソリンエンジンを搭載したS(375万7320円/7人乗り)に近い。価格が意外に高く思えるが、広い空間が欲しいユーザーにとっては選ぶメリットが大きい。

 そして人気車とあって、価格が高いものの、数年後に売却する時は好条件だ。

2014年12月に特別仕様車として設定されたダークプライムは中古マーケットでも高値安定。
スパークリングブラックパールクリスタルシャイン のボディカラーが一番人気

 トヨペット店によると、「商用車は使い方が粗いから、高く売れない場合も多い。しかしハイエースは5年後でも、新車価格の60%前後で売却できることがある。また20万kmを走った10年落ちの車両でも、買い取りの対象になる。ハイエースは海外で人気が高く、中古車輸出も活発だ。さらに日本国内でも欲しいユーザーが多いため、需要が流通台数を上まわり、高値で取り引きされている」と説明した。

 確かにハイエースの中古車価格は高い。初度登録されてから15~20年を経過する20万km前後を走った車両も、60万~70万円で販売されている。一般的な5年落ちで、走行距離が10万km以下の車両になると、中古車価格は200~230万円だ。

50周年記念車の豪華&シックなインテリア。シートもバンのものとは思えない豪華仕様で、今後中古マーケットでも高値安定を続けることが充分予想できる

キャラバンでなくハイエースを選ぶ理由

 ハイエースは前述のように登録台数も多く、ライバル車となる日産キャラバンの約2倍売れている。ここまでハイエースが人気を高めた理由は、長年の積み重ねだ。

 ちなみにキャラバンは、2001年に発売された先代型の4代目からはボディ剛性を高めたが、1~3代目までは緩いところがあった。

 30年ほど前には、キャンピングカーを手掛けるメーカーなどから、「キャラバンは後輪の片側だけ段差に乗り上げて駐車すると、ボディが捩れてスライドドアが開閉できなくなったりする。平坦路をしばらく走れば元に戻るが、これでは使いにくい。その点でハイエースは捩れにくく、気兼ねなく荷物を積んだり架装できる」という声が聞かれた。

 この問題点は、商用車を使うそれぞれの業界で話題になった。「バンを選ぶならハイエース」という評判が立ち、販売面でリードした。

現行モデルになって大幅な進化を遂げた日産NV350キャラバン。長きにわたりハイエースのライバルとして切磋琢磨。若者をターゲットにしたライダーもラインアップ

 日産ではキャラバンの弱さを問題視して、先代型と現行型では対策が施された。それでもビジネスで使う商用車の場合、一度購入すれば、よほど大きな不満が生じない限り同じ車種を乗り続ける。車種を変更すれば、使い勝手も変わり、仕事のペースを乱されるからだ。

 要は職人さんの使う道具と同じだから、ユーザーは正常的な進化は求めるが、メリットの乏しい「変化」は敬遠する。だからハイエースからキャラバンに乗り替えることはほとんどない。

 このほかハイエースはトヨペット店、レジアスエースはネッツトヨタ店の専売車種として、大切に売られている。日産の全店が扱うキャラバンに比べると、販売力も強く、根強い人気に結び付いた。

 以上のようにハイエースは、現行モデルの商品力、歴代モデルの信頼性、海外の需要も含めた中古車市場における高人気、さらにディーラーの販売力まで含め、いろいろな要素の相乗効果で好調に売れている。

レジアスエースはハイエースの兄弟車で販売店が違うだけの同じクルマだが、ブランド力の強みもありハイエースのほうが人気が高い。中古車では狙い目かも

★   ★   ★

 気になるのが次期型の情報。新型ハイエースは、ベストかーWebがつかんでいる情報では2019年中にデビューする可能性が高い。

 現行同様に4ナンバーを踏襲するが、安全性を高めるために乗用ミニバン同様に短いノーズを備えたタイプになるというのが有力。

 ガソリンエンジンは現行の2Lを引き継ぐが、ディーゼルエンジンは現行の2.8Lからダウンサイジングされた2.4Lディーゼルになる可能性が高い。

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ