乗りモノまるごとHOW マッチ!?


ゴミ収集車のお値段

 ゴミ収集車、業界では「塵芥車」という名称で呼ばれているのだが、一般的にはベースになるトラックシャシーに架装メーカーが後部の塵芥車部分を架装して仕上げている。ベースシャシーによって価格はまちまちだが、一般的に街中で見かける2トントラックベースだと250万〜300万円程度。

パトカーや消防車はいったいおいくら!?

 パトカーや消防車、救急車などは各自治体の予算で購入するため、基本的に入札により価格と納入業者が決定される。要するに『一番安い価格』で購入するわけ。ある年の某県庁所在都市の一例を挙げると、ごく一般的なポンプ車(最も標準的な消防車)が約2300万円、救急車が約2650万円、化学消防車が約4300万円、40m級のはしご車が約1億7000万円となっている。

 また、消防車メーカーのモリタによると15m級はしご車は5000万円から、空港用化学車は2億〜3億円程度とのこと。

 ではパトカーはおいくら!? こちらも当然入札で決まるわけだが、いま全国配備が進められているレガシィB4は警察庁が一括購入して全国の警察に配備する、いわゆる「国費もの」。情報開示を駆使して調べると、’13年12月から配備されたのは414台。

 入札金額は11億9472万円と判明したので、1台あたりの価格はおおよそ288万5800円となる。そして全国的に最も多いクラウンパトカーだが、交通機動隊に配備される交通取り締まり用(3ℓエンジン搭載)が1台あたり約247万円、覆面パト仕様だと約260万円程度となるが、一括で数百台を購入する『国費もの』は各都道府県警が独自の予算で購入する「県費もの」に対し安くなる傾向があるようだ。

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ