【安全、快適装備も充実】愛車を進化させる「後付けパーツ&装備」がすごい!!


 最近のクルマは進歩が早いこともあり乗っているクルマが古いクルマだったり、購入時に希望のグレードが買えなかった場合、後から「○○が欲しい」というケースもよくあるだろう。

 エアロパーツのような追加するパーツやサスペンションのような入れ替えるものなら後付けもしやすいが、コンピューターなどが絡むようなパーツだと後付けを諦める人も多いかもしれない。

 しかし後付けできるものというのも意外に多く、当記事では「これもできるの?」と感じる後付けパーツを紹介する。

文:永田恵一/写真:奥隅圭之、平野学、BMW、TOYOTA、ベストカー編集部


後付けサンルーフ

 シェードを外せば車内が明るくなる、チルトアップが換気に使える、見た目がカッコいいといったメリットを持つサンルーフは、根強いファンがいる装備である。

サンルーフの装着率は下がってきているが、サンルーフを開けた時の爽快感を一度でも味わうと、サンルーフが欲しくなる。ドライブを快適にしてくれるアイテムだ

 しかし中古車などで付いていないクルマを買った場合だけでなく、新車でも設定されていないクルマが多々ある。

「サンルーフが設定されていないから、(新車を買う際でも)そのクルマを諦める」という人もいるかもしれないが、後付けサンルーフというものもあるので諦めることはない。

 代表的なのがドイツのベバストのもので、バリエーションは手動式チルトアップ+脱着サンルーフ、電動チルトアップ&アウタースライドがあり、価格は後者で10万6920円。

 取り付けはルーフのカットを要するにもありプロに任せることが多いと思うが、パーツ代と工賃の総額は15万円から20万円といったところ。

 サンルーフは新車のメーカーオプションでも10万円はするのを考えれば、納得できる価格だろう。

 なお後付けサンルーフは車検も問題なく、ベバストでは後付けキャンバストップもラインナップしている。

規制緩和によりサンルーフの後付けは取り付け方に問題がなければそのまま車検に通るので安心。逆に言えば安心できるメーカー、業者選びが重要になる

後付けヘッドアップディスプレイ

 スピードなどの各種情報がドライバー前方のガラスに映るヘッドアップディスプレイは視線の移動が減ることで安全性が向上するなどのメリットがあり、現行車では珍しくない装備だ。

 ヘッドアップディスプレイにも後付けできるものもあり、代表的なものとしては以下のようなものがある。

■A8 ヘッドアップディスプレイ スピードメーター:アマゾンで4585円
 OBDⅡ(共通規格の自己診断装置)との簡単接続で、スピード、エンジン回転、水温、各種コーションなどが表示される。

■HUDWAY CAST ヘッドアップ ディスプレイ:アマゾンで3万6900円
 こちらは12V電源に接続しスマホと接続すると、ナビ機能などがヘッドアップディスプレイに表示されるというモニターのような商品。

 両者とも価格や機能を考えれば、買ってみてもいい商品ではないだろうか。

ヘッドアップディスプレイは古くから搭載されているがここ数年で大きく進化。視界確保など安全性にも関与するパーツなので慎重に選びたい

次ページは : 後付け追加メーター