酷暑前に最低限覚えておきたい愛車セルフメンテ&ケア術

 最近のクルマは、新車登録から最初の車検までの3年間はエンジンオイルの交換以外ほぼノーメンテでも問題なく走れてしまうほど、メンテナンスフリー化が図られている。

 12カ月点検や、ディーラーが推奨する6カ月毎の愛車チェックなどを受けなくても、ノートラブルでほとんどノーメンテのままでも車検に合格してしまうクルマもあるほどだ。

 しかし完全なメンテナンスフリーではなく、メンテナンスが不要という意味ではない。長期使用が可能な素材、構造、仕様になっているだけで、一定期間を経過したらメンテナンスをする必要がある。

 特に、過酷な猛暑がやってくるこれからの時期、簡単な点検をオーナー自身がしておくことで、トラブルが発生する確率は格段に下がるのだ。

 まさに転ばぬ先の杖、真夏の高速道路での大渋滞でトラブルが発生、「あの時にやっておけば、こんなことにならなかったのに……」とならないように、最低限やっておきたい、自分でもできるセルフメンテを紹介していきたい。

文/高根英幸
写真/Adobe Stock


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ