酷暑前に最低限覚えておきたい愛車セルフメンテ&ケア術


ATのシフトショックを感じたらATFを交換!

 ATF(オートマチックトランスミッションフルード)はATの内部で動力伝達、潤滑、内部の制御、冷却といった重要な役割を担っている。エンジンオイルの交換よりATFを交換したほうが、走りが変わるほど体感的には効果が得られることもある。

 しかしATFを自分で調べて点検することは難しいので、エンジンを始動させてのATの反応、あるいは走行中のショックなどを感じたらATFの交換を考えるべきだ。

 3年あるいは5万kmあたりがひとつの交換の目安で、10万km以上無交換なら、交換しないほうがリスクが少ない場合もある。

リザーバータンク内の冷却水をチェック!

LLCの色は緑や赤があるが成分は一緒。 ピンクや青のクーラントはスーパーLLCと呼ばれ、従来のLLCよりもさらに長寿命タイプの冷却水 となっている

 クーラント(冷却液)は、LLC(ロングライフクーラント)なら2年ごとの交換が必要だが、スーパーLLCという最長のモノだと新車から11年20万Km(ホンダのスーパーLLC)は交換不要というロングライフタイプも普及している。

 しかし使用期限の間は劣化しない、というのではなく、問題なく使える性能を確保しているというだけだ。

 したがってリザーバータンク内のLLCを目視して、明らかに色が濁っている、油が浮いているなどの異常があったら、ディーラーや整備工場に点検整備を依頼した方がいい。

 LLCの使用期限内であっても、その他の冷却系に問題が生じていれば冷却性能は低下している。

次ページは : バッテリー上がりに注意 夏前に必ず点検しよう!

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ