【黒船来航!! 衝突軽減ブレーキ国際基準決定!!】日本車はいつから全車義務付けか!??

 国連の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)第178回会合(2019年6月24~28日)で、乗用車などの衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)の国際基準が決まり、約半年後の2020年1月から発効されることになった。

 決定した主な要件は、おおまかにいうと、静止車両、走行車両、歩行者に対して試験し、所定の制動要件を満たすこととする。

 エンジン始動のたびに、システムは自動的に起動してスタンバイすることとする。緊急制動の0.8秒前(対歩行者の場合、緊急制動開始)までに警報すること。

 国土交通省では、今回成立した国際基準の発効を受け、緊急対策に基づき、国内基準を策定するとともに、2019年内を目途に新車を対象にAEBSの義務付けを決定する予定。

 さて、この衝突軽減ブレーキの国際基準となったことで、何が変わるのか? 日本車のすべての新車に衝突軽減ブレーキが義務化されるのか? モータージャーナリストの高根英幸氏が解説する。

文/高根英幸
写真/ 独立行政法人 自動車事故対策機構 (NASVA) EURO NCAP


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ