【飛び石注意!?】フロントガラスにキズがついたときにやってはいけないこと

 クルマで走行中、突然襲ってくる「飛び石」。前を走るダンプカーから砂利が落ちてきたり、前のクルマが跳ね上げた石が運悪く飛んでくるなど、パターンはさまざまです。

 たとえ飛んでくるのが見えたとしても、回避しようにも避け切れるものではありません。飛び石はクルマのボディやガラスなど、あらゆるところに飛んでくる可能性があるわけですが、中でもフロントガラスで受け止めて傷がついてしまったとき、「絶対にしてはいけないこと」があるのをご存じでしょうか。

文:吉川賢一/写真:ベストカー編集部


フロントガラスは何で出来てる? 

 その昔、フロントガラスは強化ガラスでできていましたが、1987年9月以降に生産された自動車のフロントガラスには、「合わせガラスを使用する」ように法律で義務付けられています。

 この合わせガラスは、2枚のガラスの間に「可塑化ポリビニールブチラール」という樹脂でできている中間膜を挟み込んだ3層構造になっています。これにより、何らかの衝撃を受けても、ガラスの破片が飛び散ったり、崩れ落ちたりすることなく、安全に運転を続けることができるようになっています。

危険!? やってはいけないこと5つ

 1.小さな傷だからといって放置はNG。

 「小さな傷だから、とりあえず放っておこう」。これは安易すぎる発想です。フロントガラスには治癒能力はないので、放っておいても良くなることはありません。むしろ走行中の振動や風圧、温度変化などによって状況は悪くなるばかりです。

 すぐに修理すればリペアで済んだ傷なのに放っておいたばかりにガラス交換が必要となるということもありえます。「大丈夫だろう」と安易に判断するのは危険です。

 2.中途半端な補修は意味がない

 飛び石などでフロントガラスに傷がついたときなどに使用する「応急処置シール」が市販されています。

 しかし、応急処置はあくまで応急処置であり、恒久対策にはなりません。傷がついて応急処置をしたフロントガラスは、処置をしている部分としていない部分とがあり、衝撃に対してとても弱くなっています。

 応急処置後は、早めに専門業者に見てもらうようにしましょう。また、テープや瞬間接着剤などは応急処置にはならないばかりか、リペア(補修)の妨げになる可能性もありますので、やめましょう。

 3.飛び石が当たってしまったら、まず、傷の程度を把握する

 フロントガラスに傷がつくと、「即交換」と思う方が意外に多いのですが、下記の状態であれば、リペア(補修)で対応が可能な場合があります。

  • ・傷の大きさが2センチ未満
  • ・傷の位置が、ガラスの端から10~20センチ離れている場所、かつ、ガラス全体に対して上のほうにある。
  • ・傷の形状が「えぐれたような」形状のとき

 傷が大きいとリペアでは対応しきれません。また、ガラスの端に近い場所では割れる危険性が高く、近くにエアコンの吹き出し口があるガラスの下の方は、温度差によってガラスが膨張伸縮をすることで、傷が広がってしまいます。

 補修では対応しきれなくなる可能性があります。また、傷の形状によっても補修の難易度は変わってきます。

 4.飛び石による傷をなるべく安く直す方法とは?

 前述した条件を満たしたわずかな傷であれば、数千円程度で入手できる「リペアキッド」を使って自分で治すことも可能です。

 しかし、一度使用すると、2回目は出来ないこと、あくまで自己責任で行う必要があることなどから、おすすめはできません。

 クルマ専門店やディーラーなどへ持ち込むと、リペアの場合でも2万円程度かかりますが、よほど自信のある方でない限り、プロにお願いをしたほうが無難です。リペアでは対応できず、フロントガラス交換となってしまうと、10万円前後かかるのが相場です。

 5.飛び石による被害を防ぐ方法は?

車間距離をたもって運転しましょう。

 飛び石による被害は、自分の運転技術とは無関係に起こるトラブルです。被害に遭う確率を低くしたり、運悪く被害に遭ってしまったとしても、その被害が少なくて済むような対策をすることは可能です。

 まず注意すべきは「車間距離」です。飛んだ石にも重力が働きますので、ある程度の車間距離があれば、石は当たることなく地面に落ちます。

 また、クルマの走行速度を落とすことで、当たってしまったときの衝撃を最小限にすることができます。特にダンプカーや貨物系のクルマなどの後ろを走行する場合は、「車間距離と速度」に注意が必要です。

まとめ

 そもそも、クルマのフロントガラスに傷がある状態は「整備不良」であり、車検に通らない可能性があります。愛車のため、安全なクルマ社会のため、ご自身のお財布のため、安易な判断は禁物です。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ