【キューブ&エスティマ以外も消滅相次ぐ!!】 2020年までに消える名門車 5選

 自動車界に激震走る!

 1990年に誕生した定番ミニバン、トヨタ エスティマが2019年末で生産終了となることが明らかとなった。

 また、1998年に誕生し、2003年には年間13万9570台を販売した日産 キューブも今年末での生産終了が明らかとなるなど、名門車の生産終了が相次いでいる。

 このほか、三菱のパジェロやトヨタのマークXも生産終了を発表しており、さらにレガシィB4も国内モデルは2020年に生産終了濃厚であることがわかった。

 なぜ定番の名門車に生産終了が相次いでいるのか? 名門車が生産終了せざるを得なくなった背景には“時代の変化”が大きく関係している。

文:伊達軍曹
写真:編集部、TOYOTA、SUBARU

【画像ギャラリー】平成ラストイヤー、2018年に消滅した全8台は?


トヨタ エスティマ/2019年10月生産終了

エスティマ(1990年誕生、2006年現行型=3代目発売)/2019年7月販売台数:851台

 初代エスティマの発売は1990年5月でしたが、まだ5ナンバーサイズのバンが中心だった当時の日本では「大きすぎる」、「高額すぎる」ということで大ヒット作にはなりませんでした。

 しかし2000年1月登場の2代目は、微妙なサイズダウンを行い、そして何かと使い勝手の良いFF(前輪駆動)レイアウトに変更したことで大ヒット。

 折からのミニバンブームという追い風も受け、2000年には12万台以上が売れて販売台数ランキング3位に。翌2001年も4位、2002年も7位と、堅調なヒット作であり続けたのです。

■なぜ生産終了に?

 2006年に3代目となったエスティマも、当初はまずまず売れました。しかし2008年に同じトヨタの2代目アルファード/ヴェルファイアが発売されたあたりから、時代の空気が微妙に変わってきました。

 3ナンバーのラージサイズミニバンに関しては、アルファード/ヴェルファイアに代表される押し出し感の強いもの、簡単に言ってしまえば「オラオラ系」に人気がシフトしてきたのです。

 その結果、押し出し感ではなく「シンプル」、「プレーン」を売りにしていたLサイズミニバンであるエスティマは「たくさん売れる車」ではなくなってしまいました。そのためメーカーはこのたび、エスティマという名門の「整理」を決断したのです。

トヨタ マークX/2019年12月生産終了

マークX(2004年誕生、2009年現行型=2代目発売)/2019年8月販売台数:555台

 FRレイアウト(後輪駆動)の4ドアセダン「マークX」が登場したのは2004年。俳優の佐藤浩市さんが出演したテレビCMをご記憶の人も多いかと思います。

 マークXの前身は1968年登場の「マークII」。全盛期の1990年にはマークII 3兄弟(マークII/チェイサー/クレスタ)合計で月に5万5000台も売れまくっていました。そのためマークII時代も含めるならば、マークXブランドは「名門中の名門」ということもできます。

 しかし、そんな名門も2019年12月には生産終了となることが正式発表されました。

■なぜ生産終了へ?

 名門が消滅するに至った理由は、世の中の「セダン離れ」です。

 初代マークXの登場は2004年ですが、当時はすでにミニバンブーム真っただ中。そして2代目が登場した2009年は、今も続くSUVブームが始まった頃でした。

 そのため、高齢化したマークIIユーザーからの「若返り」を狙って投入されたマークXでしたが、肝心の比較的若いユーザーには刺さりませんでした。

 2018年上期の販売台数を見ると、セダンの数は全体の約16%でしかありません。こうなると、いかに名門とはいえ「お家の存続」は難しい……ということなのでしょう。

三菱 パジェロ/2019年8月生産終了

パジェロ(1982年誕生、2006年現行型=4代目発売)/2019年7月販売台数:204台

 パジェロといえば「日本製クロカン四駆」の代名詞的存在。

 1982年登場の初代は自らクロカンブームを作り上げて大ヒット。そして1991年1月登場の2代目はさらに人気が爆発しました。1992年の累計販売台数は8万3685台。これは、車格を考えれば「バカ売れ」と言っても過言ではない数字です。

 しかし、近年パジェロの国内販売は不振にあえぎ、2018年の累計販売台数はたったの747台。2019年3月の月販台数は僅か89台で、これはほとんどフェラーリ並みの数字(編注:フェラーリの同期国内販売台数は61台)です。

■なぜ生産終了へ?

 本格クロカンのパジェロがここまで売れなくなった理由は、その「本格」という部分にあります。

 パジェロのような形をした車=SUVは今大人気ですが、多くの人々は泥道を本気で走りたいからSUVを買っているのではなく、「そのアウトドアっぽい雰囲気がなんとなく格好いいから」といった理由でSUVを選んでいます。

 となると、本格オフローダーであるパジェロの性能やビジュアルは「過剰」、「オフロード風すぎる」ということになり、結果として売れなくなる……という流れになってしまったのです。

日産 キューブ/2019年12月生産終了

キューブ(1998年誕生、2008年現行型=3代目発売)/2019年7月販売台数:127台

 1998年登場の初代キューブは正直ちょっと微妙でしたが、2002年登場の2代目は「名車」と呼んでも大げさではないトールワゴンでした。

 キュートでありながら決して媚びた感じではない絶妙なデザインと、四角い車ならでの優れたスペース効率は「実用車の鑑」。

 2代目のスマッシュヒットを受けて登場した3代目(2008年11月~)も、偉大な2代目を踏襲した実用コンパクトカーで、こちらも非常にステキです。

 そして素敵なだけでなく、しっかり売れた車でもありました。2009年の累計販売台数は5万9760台でランキング13位。翌2010年も5万4406台で15位と、「まずまず売れている」ぐらいの数字はしっかりマークしていたのです。

■なぜ生産終了へ?

 しかし、日産はなぜか、この車をろくにマイナーチェンジもしないまま「放置」しました。

 他社の同クラスはどんどん先進安全装備などを充実させていったのですが、キューブは「自動ブレーキ」すら追加されないまま。そのため販売台数は低迷し、2019年は1カ月あたりで見ると僅か400台しか売れていません。

 こういった数字を背景に、日産は「2019年12月をもってキューブの生産を終了する」と発表したのです。

 直近の数字だけを見れば生産終了もやむなし。しかし、その数字は「放置されたがゆえ」です。逆に「自動ブレーキも付いてないのに月400台売れるのは凄い!」とも言えます。

 トールワゴンという売れ筋ジャンルの車なのに、なぜ日産は長年放置し、そしてあっさり生産終了と決めたのか? 正直、この車についてだけは「理由」がよくわかりません……。

スバル レガシィB4/2020年秋生産終了へ

レガシィB4(1998年誕生、2014年現行型=4代目発売)/2019年7月販売台数:95台

 レガシィB4は、一斉を風靡した「レガシィツーリングワゴン」の4ドアセダン版。1998年に3代目が登場した際に「B4」というブランド名が与えられました。

 ツーリングワゴンはスポーティなものから実用的なものまで、さまざまなグレードを用意していましたが、セダンのB4は強力なエンジンを搭載するグレードだけに限定したことで「スポーツセダン」としてのブランドイメージを確立。

 他社では見られない「フルタイム4WDのみ」というラインナップも差別化要因となり、「家族持ちだが、運転そのものも楽しみたい」といったユーザーのニーズに確実に応えてきました。

 その結果、レガシィB4は長きにわたり「まあまあ人気のカタログモデル」としてスバルファンには愛されてきたのです。

■なぜ生産終了へ?

 しかし、2019年4月、スバルは「2020年秋にレガシィB4の国内生産を打ち切る」と発表しました。米国での生産は続きますが、群馬製作所での生産が終了するのです。

 この流れも、先述のマークX同様「世の中のセダン離れ」が招いたものです。一部のB4ファンは「新型も国内で売ってくれよ!」と強く願っており、実際、米国で生産されるB4が日本へ「輸入」される可能性はあります。

 ただ少なくとも、日米の両拠点でレガシィB4というセダンを生産する余力がなくなるほど、「セダン離れ」が進んでいるのは事実です。

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ