【キューブ&エスティマ以外も消滅相次ぐ!!】 2020年までに消える名門車 5選


 自動車界に激震走る!

 1990年に誕生した定番ミニバン、トヨタ エスティマが2019年末で生産終了となることが明らかとなった。

 また、1998年に誕生し、2003年には年間13万9570台を販売した日産 キューブも今年末での生産終了が明らかとなるなど、名門車の生産終了が相次いでいる。

 このほか、三菱のパジェロやトヨタのマークXも生産終了を発表しており、さらにレガシィB4も国内モデルは2020年に生産終了濃厚であることがわかった。

 なぜ定番の名門車に生産終了が相次いでいるのか? 名門車が生産終了せざるを得なくなった背景には“時代の変化”が大きく関係している。

文:伊達軍曹
写真:編集部、TOYOTA、SUBARU

【画像ギャラリー】平成ラストイヤー、2018年に消滅した全8台は?


トヨタ エスティマ/2019年10月生産終了

エスティマ(1990年誕生、2006年現行型=3代目発売)/2019年7月販売台数:851台

 初代エスティマの発売は1990年5月でしたが、まだ5ナンバーサイズのバンが中心だった当時の日本では「大きすぎる」、「高額すぎる」ということで大ヒット作にはなりませんでした。

 しかし2000年1月登場の2代目は、微妙なサイズダウンを行い、そして何かと使い勝手の良いFF(前輪駆動)レイアウトに変更したことで大ヒット。

 折からのミニバンブームという追い風も受け、2000年には12万台以上が売れて販売台数ランキング3位に。翌2001年も4位、2002年も7位と、堅調なヒット作であり続けたのです。

■なぜ生産終了に?

 2006年に3代目となったエスティマも、当初はまずまず売れました。しかし2008年に同じトヨタの2代目アルファード/ヴェルファイアが発売されたあたりから、時代の空気が微妙に変わってきました。

 3ナンバーのラージサイズミニバンに関しては、アルファード/ヴェルファイアに代表される押し出し感の強いもの、簡単に言ってしまえば「オラオラ系」に人気がシフトしてきたのです。

 その結果、押し出し感ではなく「シンプル」、「プレーン」を売りにしていたLサイズミニバンであるエスティマは「たくさん売れる車」ではなくなってしまいました。そのためメーカーはこのたび、エスティマという名門の「整理」を決断したのです。

トヨタ マークX/2019年12月生産終了

マークX(2004年誕生、2009年現行型=2代目発売)/2019年8月販売台数:555台

 FRレイアウト(後輪駆動)の4ドアセダン「マークX」が登場したのは2004年。俳優の佐藤浩市さんが出演したテレビCMをご記憶の人も多いかと思います。

 マークXの前身は1968年登場の「マークII」。全盛期の1990年にはマークII 3兄弟(マークII/チェイサー/クレスタ)合計で月に5万5000台も売れまくっていました。そのためマークII時代も含めるならば、マークXブランドは「名門中の名門」ということもできます。

 しかし、そんな名門も2019年12月には生産終了となることが正式発表されました。

■なぜ生産終了へ?

 名門が消滅するに至った理由は、世の中の「セダン離れ」です。

 初代マークXの登場は2004年ですが、当時はすでにミニバンブーム真っただ中。そして2代目が登場した2009年は、今も続くSUVブームが始まった頃でした。

 そのため、高齢化したマークIIユーザーからの「若返り」を狙って投入されたマークXでしたが、肝心の比較的若いユーザーには刺さりませんでした。

 2018年上期の販売台数を見ると、セダンの数は全体の約16%でしかありません。こうなると、いかに名門とはいえ「お家の存続」は難しい……ということなのでしょう。

次ページは : 三菱 パジェロ/2019年8月生産終了

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ