関越道と首都高はつながるのか!? 幻の「早稲田JCT」にみる現状と可能性


今後、練馬線計画は実現に向けて動き出すのか!?

 現状では、このように2006年に「調査を推進する」とされた段階から大きな前進はないものの、将来的には練馬線が具体化する可能性はある。実際に、計画がなかなか具体化しなかった路線が、長年の時を経て開通した例もあるからだ。

 その好例が、2015年に開通した首都高中央環状品川線だ。実は当初、高架式として計画された中央環状品川線は、沿線の環境問題などを背景に1970年に計画休止となっている。

 しかし、1990年に新規路線として調査を開始し、2004年に地下トンネル式として都市計画が決定。その後、調査開始から実に25年の時を経て、中央環状品川線は2015年に開通に漕ぎ着けた。

 中央環状品川線は、地下トンネル式とすることで用地買収や環境問題などのネックを解消したのだ。

 練馬線が調査を推進する路線と位置づけられたのは2006年。

 残念ながら、今後早稲田出口を練馬線に転用する可能性は少ないが、もしかすると2030年には関越道と都心を結ぶ地下トンネルの「首都高練馬線」が完成しているかもしれない。

 その時、この早稲田出口は“幻の早稲田JCT”として再び脚光を浴びるのでは? と筆者は密かに期待している。

建設着工当時
2017年1月現在の「早稲田出口」

 夢の練馬線への分岐点とはならなかったが、今も早稲田出口は“現役”だ 提供:首都高速道路(上)

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ