STIのグローバルラリークロスマシンを、チャンプ新井が試す!!

 グローバルラリークロス。それはラリーでもなく、レースでもない、近年盛り上がりを見せる大人気のカテゴリーだ。

 WRCで名声を馳せたSTIがこのグローバルラリークロスに2017シーズンも参戦する。その車両開発を担うテストドライバーは新井敏弘選手。

 衝撃続きのテスト走行をレポートする。

 文:ベストカー編集部/写真:池之平昌信
ベストカー2017年3月10日号


ラリークロスとはいったい!?

 ターマック、ダートコース、ジャンプが組み合わされた特設コースで繰り広げられる自動車レースの格闘技、グローバルラリークロス。混在する路面と、ぶつかりあうマシンたちが、ダイナミックなレース展開をもたらす。

 昨年10月のLAの最終戦には新井敏弘選手がスポット参戦し、注目を集めたのが記憶に新しい。以下の動画が10月のラリークロスの光景(5:00〜レースの光景が見られる)。そのダイナミックなシーンは日本のファンもきっとハマるはずだ。

2017年マシンはSTI直轄で新井敏弘選手がテストする

 その後、1月13日の東京オートサロンで平川良夫STI社長に直撃すると「昨年までスバルラリーチームUSAに技術支援をしていましたが、今年から開発の主体はSTIになります。本気で優勝狙っていきます」と力強い言葉をもらった。

 同時に「2017年モデルの開発に向けて新井敏弘選手をテストドライバーに起用します。1月25日にも国内初のテストを行いますので本庄サーキットに来ませんか?」と誘われた。

 もちろん行きますと即答。ということでやってきました埼玉県本庄サーキット。目の前に現れたWRX STI GRCは2016年シーズンを戦ったクリス・アトキンソン車だ。

 本格的なGRCマシン開発に向けて今年1月からGRCチームリーダーになったSTIの野村章さんは「今回のテストの目的は2017年モデルの開発に向けて’16年モデルの課題を洗い出し、数値化することです」と意気込む。

 いっぽう、レーシングスーツ姿に着替えた新井敏弘選手はいつにも増して真剣な面持ち。

 「2017年シーズン、勝てるようなマシンを作りあげていかなくてはいけないので気合いを入れて走ります」

 午前9時過ぎ、エンジンに火が入り、GRCマシンがコースイン。バリバリバリッという、けたたましい音とともに新井選手が、1周約1.1kmのショートサーキットを攻めていく。

 このWRX STI GRCには、580ps/9kgmを発生する4mmのリストリクター付きのEJ型2Lターボに、6速シーケンシャルドグミッション+AWDが組み合わされている。

 午後からは、約260mのストレートで、ローンチコントロール(ホイールスピンを防いでスムーズにすばやく発進させるシステム)を使った発進加速テストを行った。

 バリバリバリ、ヴォーヴォーヴォと耳をつんざく轟音とともに加速していく姿に唖然!!

 0-100km/hタイムは明かしてくれなかったが2秒台前半だという。ということはR35 GT-Rの2.7秒はおろか、1500psの新型ブガッティ・シロンの2.2秒に匹敵する速さだ。

ジャンプからの着地などもあるためサスペンションストロークは豊富。さまざまなモータースポーツ活動からのフィードバックが活かされる

ラジエターが収まるリアのスタイルはかなり強烈。エンジンはスーパーGT用のEJ20をベースに開発されている

新井選手と開発チーフに突撃インタビュー

 ――まずは新井選手、手ごたえはどうでした?

 新井 伸びしろがあるのは感じましたのでこれから一気に伸びていきますよ。

 ――ところで加速していく時ってどんな感じですか?

 新井 スタート時、1速に入れてサイドブレーキを引きローンチコントロールのスイッチを押します。全開の状態で回転がリミットのところにあたるので、そこで半クラッチを使ってダイレクトに出ます。半クラッチを使わないで出せるかどうかも試しました。

 シフトアップですがインジケーターが黄色から赤に変わったらパンパンとシフトアップしていきます。6300rpmで光るそうですが、あれだけ速いと実際見てられませんよ。

 ――次にGRCチームリーダーの野村章さんにお聞きします。2016年モデルの課題、改良すべき点はどのようなものだったのですか?

 野村 課題は3つあります。1つ目はローンチスタートの制御。2つ目はエンジンのパワーバンドが狭いこと。3つ目はコーナリングスピード。GRCの予選ではトップタイムを出しているので単独で走れば速い。つまりローンコントロールを使うスタートがなければ速いんです。

 VWがダントツに速くスタートから加速していくと2馬身くらい離されます。エンジンも低回転型のエンジンなので、パワーバンドが狭く、高回転域まで伸びない。途中でシフトアップしなければいけないですよ。

 ――エンジン開発をされている沢田拓也さんにお聞きします。エンジンの弱点がわかったわけですが、どのように改善していきますか?

 沢田 ラリー用エンジンということもあり、低回転向けでピークパワーは5000rpm付近にありました。これをできるだけフラットな状態にして7000rpm近く、つまり高回転域まで伸びるエンジンを作っていきたいですね。

 低回転型なので短いインマニを使っていますが、今度はちょっと長いインマニを使います。三鷹で開発していますが500種類くらいの部品を作ってほぼ全交換です。

 ――ズバリ聞きます。今年の目標は?

 野村 トップグループに入って表彰台に上りたいですね。

 新井 サスペンションに関しても前後のバランスがよくなればまだまだ速くなります。

 ――すでに2017年シーズンのドライバー2人は、クリス・アトキンソン選手と新加入のP・サンデル選手の起用が決まっていますが、新井選手は出ないのですか?

 新井 まだオファーないなあ。もうだいぶクルマに慣れたので、次に出る時はサンデル選手よりは速く走れますよ!!

 今後のスケジュールだが現在開発中の新型エンジンとサスペンションを載せ替えた2017年モデルを3月下旬にテストし、5月21日の第2戦に投入する予定。

 もちろんそれで完結するわけではなく、ステップ2、3と隠し玉も用意されるらしい。GRCにSTIが本格参入するだけに優勝ラッシュも夢じゃない!!

テストドライバーの新井選手とエンジン開発担当の沢田拓也氏

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ