CX-5はガソリン、ディーゼルどっちがいい? 若手編集者が感じたCX-5の魅力

 マツダのSUVのメイン車種となるCX-5。ディーゼルとガソリンのふたつのパワーソースで多くのクルマ好きを魅了している。

 クルマ好きが気になるのはディーゼルとガソリン、どっちがいいの? 

 ということだろう。今回は仙台への800km往復ドライブで見えてきたそれぞれの個性を若手の視点でふり返りたい。

 文:ベストカーWEB編集部/写真:池之平昌信、西尾タクト


高速道路でのフィーリングは?

 CX-5はご存じのとおり2.2Lのディーゼルエンジンと、2.0L/2.5Lのガソリンエンジンが存在する。

 今回はマツダ東北ファンミーティングの取材に合わせ、マツダからディーゼルのXDプロアクティブ、ガソリン2.5Lの25S Lパッケージを借りて東京から一路、杜の都仙台へ向かった。

 夜間帯ということもあり東北道の交通量は少ない。運転はディーゼル車がWEB編集部の塩川(30歳でもBCでは若手)、ガソリン車が若手カメラマンの西尾タクト氏。

 乗車人数はディーゼルが3名、ガソリンが2名(+テントなどの重量物)といった構成だ。最初の休憩地を栃木県の上河内SAに決めて東北道を一気に北上した。

 ディーゼルのドライブフィールは圧倒的なトルク感、そしてドッシリしたフロントエンドの重みが高速道路では効いている。

 クルーズコントロールに身を任せていたらあっという間に栃木県といった感じだ。いっぽうのガソリンも不足はないものの、アップダウンが連続する区間では少し「頑張っているな」というフィーリングを感じたらしい。

 気になるが復路ではっきりしよう。

 休憩地の上河内SAでは餃子の専門店が閉店後で餃子を食べそびれたが、「丼グランプリ」に出品された「ゆめポークステーキ丼」を食べる。

 「とちぎゆめポーク」を使った丼は最近の「SA/PAご飯」の本格化を感じる。丼にのったオシャレなクレソンを食べつつ、駐車スペースに止まった2台のCX-5を見る。絵になりすぎていてどうにもかっこいい。

 ガバッと開いたグリルやボディの大きさを感じさせないデザインは、あえてマツダを選ぶだけの意味があるように感じた。欠点といえばマツダコネクトのナビくらい。

 これはハイテクが得意な30代でも、いまいち直感性に欠ける。とはいえ、内装の質感、エアコン吹き出し口のプラの塗装技術も高く、輸入車のような雰囲気を受ける。

 このクルマがもっとも高価なグレードでも300万円台で買える。「東北に向けてドライブ中」なんてSNSに投稿したら軽く「30イイネ!」くらいもらえそうなおしゃれ感。

 スーツで乗ってもいいし、おしゃれスウェットで乗ってもいい。背伸びしすぎないSUV、そんな立ち位置がCX-5にはあってもいいのかも。

東北道上河内SAにてたたずむ2台。このデザインは若者の感性にもピッタリ。いまの若者はエクステリアのカスタムをせず、市販状態での「完成形」で楽しむ人の割合が圧倒的に多い

上河内SAの「ゆめポークステーキ丼」。クレソンが出るなんてひと昔前のSAでは考えられない光景

なんだかんだ言っても燃費は気になるよね?

 翌日は仙台からスポーツランドSUGOまでの40分間の市街地ドライブ。ワインディングもあるがここではガソリン車の質感が圧倒的に高い。

 ディーゼルはドシッとした走りはとてもいいのだが、要所要所でその重さが出てしまう感もある。Gトルク・ベクタリングという飛び道具を持ってしてもその違和感は消えない。

 アクセルのレスポンスのよさ、ハンドリングの素直さではガソリン車のほうが素直だ。

 先代は電子スロットルの制御がラフで、ガバッとパワーが出ていた印象もあったが新型は比較的穏やかな印象を受ける。

 2.0Lモデルの試乗は叶わなかったが、2.5Lモデルであれば定員乗車+荷物満載などでない限り「非力」だと感じることはないはず。

 もちろんディーゼルの大トルクも積極的に選ぶ理由になるし、大きなセールスポイントになっているのもわかる。

 しかしSKYACTIVと聞けば無条件反射でディーゼルに結びつける考えは、我々のような自動車メディアも含めて今後改めたほうがいいかもしれない。それほど2.5Lのガソリン車は自然なフィーリングが好ましかった。

 ここまで「CX-5はいいクルマ」と褒めてきたが、バブルを知らぬ若者世代としては、維持費も絶対にはずせない。

 カーシェアという便利なサービスもあるがゆえ、なかなか自らローンを組み購入に至らないのも事実。しかしこのCX-5、車庫代や税金を払ってでも所有したいという若者は多いはずだ。

 今回の800km試乗でとった燃費データは以下のとおり。なお運転による偏りが出ないように、往路/復路で乗員および荷物は入れ替えて計測。

 【BC編集部〜仙台市内 往路369.0km】
ディーゼル:14.7km/L
ガソリン:14.1km/L

 【スポーツランドSUGO〜BC編集部 復路332.4km】
ディーゼル:18.4km/L
ガソリン:14.6km/L

 【総合燃費結果 全行程786.5km】
ディーゼル:15.7km/L
ガソリン:13.0km/L

 燃料代はガソリンが60L(レギュラー)で7500円、ディーゼルが50L(軽油)で5050円だった。

 差額は2500円ほどだったが、今回試乗に供したCX-5の2.5Lガソリングレード(25S Lパッケージ)とディーゼルグレード(XDプロアクティブ)の車両価格差は2万円ほど。

 ロングドライブ10回程度の給油で元が取れると思えばディーゼルがいい? それとも軽快感溢れるガソリングレードにこだわってみる? 

 こうしてまたクルマ好きの悩みはいつまでも絶えないのだが。個人的には2.5Lガソリン。こちらで「人とは違う選択」ってこだわりを見せたい。

どちらもいいのはたしかなのだが、個人的には軽快感でガソリン推し!! ディーゼルは高速道路での長距離移動が多いユーザーに特におすすめしたい

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ