マツダの次期ロータリー復活シナリオを読む! 搭載車はこれだ!!

トヨタとマツダ、そしてデンソーが2017年9月28日、EVの開発を手がける新会社設立を発表した。トヨタとマツダは8月にも互いに500億円を出し合って資本提携を発表している。この時点ですでにEVの共同開発などで合意していたが、新会社はトヨタが90%を出資し、マツダとデンソーが各5%を出資する。
このニュースの背景には、次期型ロータリーエンジンの開発と搭載車の候補がある……とベストカー本誌スクープ班のもとに情報が寄せられた。以下、その情報を紹介するとともに、「ロータリー復活」までの道筋を追って見ていきたい。
文:ベストカー編集部
ベストカー2017年11月10日号「モーターショーに出なかった大物」より


■残念ながらスポーツカーへの搭載ではなく……

2017年はロータリーエンジン50周年だった(1967年にコスモスポーツが登場)。多くのファンが「東京モーターショーに、次期ロータリーエンジンを搭載したスポーツカーがサプライズ出品されるのでは」と期待したものの、残念ながらロータリーエンジンについての発表はされなかった(とはいえ会場の話題をさらう美しいコンセプトカー2台を出品)。

マツダのロータリーエンジン開発は止まってしまったのか?

本記事ではその事情を探るため、いったん別の話にお付き合いいただきたい。

第45回東京モーターショー2017にマツダから出品された美しいコンセプトカー「VISION COUPE」。4ドアクーペで、ノーズが長いフォルムから「FRでは?」と言われている
第45回東京モーターショー2017にマツダから出品された美しいコンセプトカー「VISION COUPE」。4ドアクーペで、ノーズが長いフォルムから「FRでは?」と言われている

2017年8月4日、トヨタとマツダが業務提携を結ぶことを発表した。提携内容は「米国での完成車の生産合弁会社設立」、「電気自動車の共同技術開発」、「コネクティッド技術の共同開発」、「先進安全分野における技術連携」、および「商品補完の拡充」の推進。

それに続いて同年9月28日、上記2社にデンソーを加えた3社で電気自動車開発を推進する新会社(「EV C.A. Spirit 株式会社」)設立を発表。

トヨタとマツダの提携に、「インバーター」などの部品に強いデンソーも加わった新会社を設立することによって、EV開発が飛躍的に進むことが予想される。しかし現状EVにはどうしても航続可能距離の短さという問題がつきまとう。

トヨタは2020年に量産EVを市場投入する計画があるが、その時点ではトヨタが現在、東京工業大と開発中の、航続可能距離が大きく伸び、さらに充電時間も短縮されるという高性能バッテリー、「全固体電池」の投入は難しい。

そこでクローズアップされるのが、発電用エンジンを搭載してモーターを駆動させる「レンジエクステンダー」であり、その「発電用エンジン」として俄然注目されるユニットこそ、コンパクトかつ低振動、低騒音を特徴とするロータリーエンジンだ。

トヨタとマツダはEV開発と同時進行的に、このシングルロータリーを発電に使用するレンジエクステンダーを開発。まずはこちらを先に市場に投入する、という情報が入ってきた。

(当記事製作にあたり、本紙スクープ班に「スポーツカーへの搭載、RXシリーズの復活……というシナリオはないのですか」と聞いたところ、「残念だけどそちらの方向の開発ニュースは入ってきていないね」とのことです。無念……)

こちらは2015年の東京モーターショーに出品された「RX-VISION」。ロータリーエンジンを搭載して市販……つまりRX-7の後継車として期待された
こちらは2015年の東京モーターショーに出品された「RX-VISION」。ロータリーエンジンを搭載して市販……つまりRX-7の後継車として期待された

■意外や、小型でキュートなこのモデル

ではそこで気になるのが「どのクルマにそのロータリーを使ったユニットを載せてくるか」だが、ここにきて可能性が急浮上しているのが、欧州トヨタが2013年にフランスで発表した小型EVのコンセプトカー、「ME.WE(ミー・ウィー)」だ。

欧州トヨタが発表したコンセプトカー「ME.WE」。夢のクルマかと思われていたが、案外作り込まれている
欧州トヨタが発表したコンセプトカー「ME.WE」。夢のクルマかと思われていたが、案外作り込まれている

発表されたミー・ウィーはボディサイズが全長3440×全幅1750×全高1600mmと、やや全幅が広く、いかにもコンセプトカー的なギミックも仕込まれていたため、さすがにこのままのスタイルで市販に移されることはないだろう。

しかしこのデザインエッセンスを生かした形で、若者向けのモデルとして登場してくることが予想されている。

愛嬌を感じさせるルックスに、ロータリーエンジン搭載というマニアックさ。そしてモーター駆動の力強さも手伝って、人気を博す可能性は充分にある。早ければ2019年の東京モーターショーに姿を現わすかもしれない。

ミー・ウィーはどこかホンダのN-ONEを思わせる顔つきがキュート。もちろん価格はまだまだ決まっていないが、ノートe-POWER同様、200万円を下回るスタートプライスで登場すればヒット作となるかもしれない。

いずれにせよまだまだ開発には時間がかかるはず。当サイトではこの情報も引き続き注目しており、新たなニュースが入り次第お伝えしたい。

「ME.WE」のリア。多くの広報写真が提供されたところを見ても、それなりに力の入ったコンセプトカーであることがわかる
「ME.WE」のリア。多くの広報写真が提供されたところを見ても、それなりに力の入ったコンセプトカーであることがわかる
ベストカー編集部が製作した「次期ロータリー搭載車」の予想CG
ベストカー編集部が製作した「次期ロータリー搭載車」の予想CG。シティコミューターとして優れた燃費性能と独特の乗り味、個性的なスタイルで登場することが予想される

 

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ