マツダの次期ロータリー復活シナリオを読む! 搭載車はこれだ!!

 トヨタとマツダ、そしてデンソーが2017年9月28日、EVの開発を手がける新会社設立を発表した。トヨタとマツダは8月にも互いに500億円を出し合って資本提携を発表している。

 この時点ですでにEVの共同開発などで合意していたが、新会社はトヨタが90%を出資し、マツダとデンソーが各5%を出資する。

 このニュースの背景には、次期型ロータリーエンジンの開発と搭載車の候補がある……とベストカー本誌スクープ班のもとに情報が寄せられた。

 以下、その情報を紹介するとともに、「ロータリー復活」までの道筋を追って見ていきたい。

文:ベストカー編集部
ベストカー2017年11月10日号「モーターショーに出なかった大物」より


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ