2030年までに純ガソリン車の新車販売ゼロは本当に可能なのか?

2030年までに新車販売禁止

 小池百合子東京都知事が、2020年12月の都議会において「2030年までに都内におけるガソリン車の販売をゼロにする」という目標を明らかにした。政府は2050年までの温暖化ガス排出量実質ゼロ宣言を行っており、2030年半ばまでにガソリン車の販売をなくしたい意向である。東京都の目標は政府よりも5年前倒しになるが、この目標を達成するのは可能なのだろうか。

文/加谷珪一(経済評論家) 写真/日産、トヨタ、ホンダ、ベストカー編集部、AdobeStock(メイン写真は@Studio Romantic)

【画像ギャラリー】 国産車でも続々! いま買える魅力的なEV、PHVモデルたち

■「従来の常識」をいったん捨てる

 東京都の目標はあくまで目標であって、今のところ条例改正などは検討されていない。強制的な措置ではないので、この目標を達成できるのかは消費者の行動と業界の動向に左右される。

 欧州を中心に、諸外国ではガソリン車の販売禁止といった強い措置を表明するところが多く、それと比較すれば拘束力はないに等しい。だが行政側の目標とは別に、市場メカニズムによってEV(電気自動車)シフトが一気に進む可能性が高く、筆者は東京都の目標設定はそれほど非現実的なものではないと考えている。

純ガソリン車からEVに乗り換えるということは、カーライフそのもが変わるということ。マンションの多い都市部在住だとハードルは高い…ように思えるが、案外、一気に変わる可能性は高い、と筆者は分析する

 全世界的なEVシフトは各国の覇権争いという側面があり、多分に政治的な動きである。経済合理性がない分野に対していくら政治力を駆使しても市場を動かすのは容易ではない。確かに10年前ならば、EVシフトの経済合理性は低かったかもしれないが、ここ数年で状況は大きく変わった。関連技術のイノベーションは凄まじく、すでにEVシフトには十分な経済合理性が存在する。こうした状況では逆に政府の後押しがあると、市場は一気に変化する可能性が高いのだ。

 かつてEVには、価格が高い、航続距離が短い、寒冷地では出力が低下する、といった欠点があったが、今となってはそのほとんどが克服されつつある。最新モデルでは価格がガソリン車を下回るケースが出てきており、寒冷地でも問題なく使用できる。

 雪で立ち往生しても、シートヒーターを使えばガソリン車より長時間耐えられるケースも多い。製造プロセス全体ではEVの方が二酸化炭素排出量が多いという指摘も10年前の古い知識であり、すでに日本を含む多くの国においてEVの方が総排出量が少ないというのが世界的コンセンサスになっている。

 市場の変化を予測する際に大事なのは、「情緒」や「従来の常識」をいったん捨てることである。

今月開幕した上海モーターショーで、トヨタは「2025年までに世界市場に向けて15車種のEVを発売する」と発表。写真はその第一弾となる「bZ4X(コンセプトカー)」

 産業界には長い歴史があるが、パラダイムシフトが発生するたびに多くの企業が市場からの退出を余儀なくされてきた。筆者の本業は経済分析で技術者ではないが、工学部出身であり、AT(オートマチックトランスミッション)車が主流になっても、わざわざMT(マニュアルトランスミッション)車に乗ってきた人間なので、従来型の自動車にはそれなりのこだわりを持っている。

 一方で、オーディオや電子機器、パソコンなどを長年趣味としてきたこともあり、多くのパラダイムシフトを目の当たりにしてきた。経済学的・経営学的な理論や自身の体験から考えると、EVシフトは想像以上に早いというのが筆者の予想である。

■本気を出せばあっという間に普及も

 自動車市場を分析するにあたってもっとも大事なのは、自動車というのは究極のマス商品(広く大衆に普及する商品)だということである。

 通常、マス商品というのは価格が安いものが多く、高額商品はたいていの場合ニッチ(隙間)商品にしかならない。だが、自動車だけは別格で、高額商品でありながらマス商品を兼ねており、経済学的に見てこうした財(経済学では有形な商品のことを財と呼ぶ)は珍しい。高額商品とマスを兼ねるという特殊な商品であるが故に、自動車産業は国家の屋台骨となっているのだ。

 マス商品というのは、ほぼすべての人が購入するのでユーザーの大半はその商品(特に技術)に対して、何のこだわりも持っていない。そうなると、購入の決め手となるのは、価格と利便性、商品イメージ、普及レベル(知人・友人が所有しているといった理由)などであり、この4項目を無視してしまうと致命的に市場動向を見誤る。

自動車は他ジャンルに比べるとかなり特殊な商品ではある…が、とはいえ一般的なクルマの使われ方を考えると、動向が一気に変化する可能性は充分高いと予想

 現実問題として、一部を除き自動車は週末にしか運転しない人がほとんどである(日本に存在する自動車の9割はほとんど稼働していない)。数百キロというロングドライブによく出かける人も少数派であり、多くは近くのショッピングモールへの行き来が中心だろう。こうしたユーザーは、価格が安く、静かで、面倒な作業が要らないクルマを選ぶ可能性が高い。

 EVは基本的に自宅で充電できるのでガソリンスタンドに行く必要がない。筆者もそうだったが、クルマが好きな人なら、洗車とちょっとした整備、給油というのはセットになっており、そのプロセス自体を楽しむことができる。だが、多くの一般ユーザーにとって一連の作業は面倒なものでしかないのが実状だ。家の駐車場にクルマを停めている間に充電でき、価格が安く、排気ガスも出ない(臭いがない)となれば、多くはEV(特にBEV)を選択するだろう。

 日本では集合住宅における充電設備が少ないという課題があるが、200Vのコンセントを設置するのはそれほど難しいことではなく、コスト的にも大した問題ではない。それこそ政府が本気で補助すれば、あっという間に設置が進むと予想される。

次ページは : ■音楽業界はすさまじい勢いで変わった