ハイエースvs.キャラバン 圧勝の理由 商用バン界の王者決定戦!!

トヨタの、いや日本の代表的商用バン、ハイエースが売れています。

2018年9月の月販台数は4829台で、同年1〜9月の累計販売台数は5万1588台。平均5732台。これはアルファードやステップワゴンを大きく上回る数字です。

いっぽうそのハイエースと40年以上ライバル関係を続けている日産のキャラバンはどうか、というと、こちらの同年9月販売台数は2588台、1〜9月は2万1971台にとどまります。

どうしてここまで差がついてしまったのか? 性能か? デザインか? 販売力か? 商用車に詳しい自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏に、ハイエースとキャラバン、それぞれの実力と「差」について伺いました。

文:渡辺陽一郎


■現在の差は2.3倍、かつては7倍!?

クルマの世界には、86対ロードスター、インプレッサスポーツ対アクセラスポーツのようなライバル争いがいくつか存在する。

商用車の世界では、トヨタ・ハイエース対日産・キャラバンが代表的だ。

両車ともにワンボックス形状の商用車で、空間効率が抜群に高い。軽商用車のエブリイ対ハイゼットカーゴにも当てはまることだが、ワンボックスバンでは、機能が似通ったライバル同士の組み合わせが成立する。

ただしハイエースとキャラバンでは、販売格差が大きい。

トヨタハイエースバン2WD 2000ガソリンDX「GLパッケージ」2,507,760円

2018年1〜9月の累計登録台数を見ると、ハイエースは5万1588台、キャラバンは2万1971台であった。ハイエースはキャラバンの2.3倍も売れている。逆にキャラバンはハイエースの43%にとどまる。

それでも以前に比べると販売格差は縮まった。

キャラバンが先代型だった2012年1〜5月は、ハイエースが2万7272台、キャラバンは3732台であったからだ。ハイエースの売れ行きはキャラバンの7.3倍、キャラバンはハイエースのわずか14%だった。

つまり従来型のキャラバンは、ハイエースとは比較にならないほど人気が低かったが、現行型では43%まで売れるようになった。依然としてハイエースとの販売格差は激しいが、過去を振り返れば、キャラバンは人気を回復する途上にある。

それならなぜ、ハイエースとキャラバンの販売格差は著しく拡大したのか。

日産キャラバン バン DX ロングボディ、2,184,840円

■キッカケとなったのは口コミ??

ハイエースの初代モデルは1967年、キャラバンは1973年に発売された。

商品力で明らかな違いが生じたのは、両車ともに2代目を販売していた1980年頃からだ。キャラバンはボディがねじれやすく、片輪を歩道に乗せた状態で駐車すると、スライドドアの開閉が困難になったりした。車両を平らな場所に置いて、しばらく時間が経過するとスライドドアは正常に戻ったが、作業性が悪くなってしまう。

その点、ハイエースであれば、同じような使い方をしてもスライドドアを開閉できた。荷室の一部だけに重い荷重が加わる過酷な荷物の積み方をした時も、ハイエースのほうが不具合が生じにくかった。

これは20〜40年前の話だが、商用車の評判は、仕事上のネットワークを通じて業界全体に伝わっていく。ハイエースのよい情報、キャラバンにとってはマイナスの情報が共有されてしまった。

こうなると新規で購入するユーザーも、同業者の評判を聞いてハイエースを選ぶ。

仮にスカイラインやフェアレディZといった日産車の好きなユーザーでも、仕事で使うクルマは信頼性を優先させ、ハイエースを買うことになった。

■一度購入したユーザーはなかなか乗り換えない

趣味の用途では、ハイエースやキャラバンはキャンピングカーのベース車として使われた。ワンボックスバンの車内は、前席を除くと広い荷室になるから、キャンピングカーに必要なソファベッドや流し台を装着しやすい。

この用途でも、1980年頃から少なくとも2000年頃までは、ハイエースを支持する業者が圧倒的に多かった。

「キャラバンはハイエースに比べると、ポップアップルーフ(屋根の上に設営する昇降式のテント)を装着した時などにボディが柔らかくなる」

といわれた。

そして荷室容量のタップリしたワンボックスバンは、ハイエース(姉妹車のレジアスエースを含む)とキャラバンだけだから、実質的に二者択一だ。ハイエースを購入して満足できれば、よほど嫌なことがない限りキャラバンには乗り替えない。

また売却時の差額も大きい。背景には中古車輸出がある。ハイエースの開発者は「発展途上国などでは、ハイエースは人員から物資まで、あらゆるものを運ぶ。過剰な積載にも耐えている」という。ハイエースは故障や破損が生じにくいため、中古車は国内、海外の両方で人気が高く、中古車価格を吊り上げた。

そうなるとハイエースは高値で売れるため(困ったことに盗難件数も多いが)、資産価値が下がりにくい。これもハイエースが人気を高めた理由だ。

以上のようにさまざまな条件が絡み合い「ハイエースを選べば間違いない」という信頼性が確立された。

■キャラバンの逆襲が始まる

ただし日産もハイエースとキャラバンの販売格差を重く受け止め、2001年に発売された4代目の先代型、2012年に登場した5代目の現行型では、ボディを順次強固に造り込むようになった。

現行型キャラバンは2017年7月にマイナーチェンジを実施。インテリジェント エマージェンシーブレーキを始めとした安全装備を充実させた

現行型の緊急自動ブレーキは、ハイエースにはトヨタセーフティセンスが採用されている。センサーにはミリ波レーダーと単眼カメラを使うから、歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動できる。作動速度の上限は、歩行者に対しては時速80km、車両に対しては法定速度を超える速度域までカバーされる。

キャラバンはミリ波レーダーのみだ。セレナやノートは単眼カメラをフロントウインドーの内側に装着するが、キャラバンではボディ形状の違いから取り付け位置が高くなりすぎるため、ミリ波レーダーのセンサーをグリルの下側に備える。ハイエースと違ってカメラを併用しないから、歩行者を検知できない。

このほかの装備はキャラバンも充実している。車両の周囲を上空から見たような映像としてルームミラーのディスプレイに表示するインテリジェントアラウンドビューモニターなどを用意した。

荷室の機能では、キャラバンのユーティリティナットが便利だ。天井の両脇やサイドウインドーの下側に穴が設けられ、棚やネットを取り付けやすい。

安全&快適装備については、ハイエースではスーパーGL、キャラバンではプレミアムGXが充実する。

エンジンは両車ともに直列4気筒のクリーンディーゼルターボが高性能だ。ハイエースの排気量は2.8Lで、最高出力が151馬力(3600回転)、最大トルクは30.6kg-m(1000〜3400回転)になる。キャラバンは2.5Lで129馬力(3200回転)・36.3kg-m(1400〜2000回転)だ。

■時間をかけて信頼性を積み上げること

現行型を見るかぎり、各種の数値や装備については、キャラバンもハイエースと比べて遜色のないところまで進化している。キャラバンの開発者によれば「もはや昔と違って、耐久性もハイエースに見劣りしない」とのことだが、信頼性は時間を費やして淡々と築いていくしかない。

冒頭で触れたとおり、6年前のキャラバンの売れ行きはハイエースのわずか14%だったが、今は43%まで高まった。キャラバンは商品力と信頼性の両面で、着実に進化している。

ハイエースの牙城を崩すのは難しいが、ユーザーのニーズに応えながらキャラバン独自の機能を採用していけば、販売格差も次第に縮まってくる。

現行ハイエースは2004年8月に発売している。写真はベストカー編集部作製の次期型予想CGで、2020年頃のデビュー予定。ディーゼルエンジンが大幅進化する予定

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ