スクランブル交差点を自転車で走ったら5万円以下の罰金赤切符! 「自転車は車のなかま」4つの違反取り締まりを強化した理由と矛盾点

 10月31日から警視庁は、「信号無視」、「一時不停止」、「車道の右側通行」、「徐行せずに歩道通行」という4つの違反の取り締まりを強化している。なぜ強化することになったのだろうか?

 スクランブル交差点の歩行者用信号が青信号だったので、何気なく自転車に乗って渡ったら、警察官に「違反ですよ!」と赤切符を取られたというケースもあるという。

 そう、自転車は車両のなかま、軽車両なのである(ただし、自転車を押して歩いている者は歩行者と見なされる)。

 ここでは、改めて自転車が守らなければいけない交通ルールを解説していく。また電動キックボードについても言及する。

文/諸星陽一
写真/ベストカーweb編集部、Adobe Stock(トップ画像=hideaki@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】自転車に乗っているアナタ、自転車の免許なくても違反すれば罰金払う義務アリ!(13枚)画像ギャラリー

■警視庁の自転車取り締まりの強化は4つの違反とされた

警視庁は2022年10月31日から自転車の交通違反に対する取り締まりを強化した。自転車はれっきとした「車両」なのだ(Hirayama toshiya@Adobe Stock)

自転車は車のなかま~自転車はルールを守って安全運転~(警察庁)

 警視庁は2022年10月31日から自転車の交通違反に対する取り締まりを強化した。警視庁のデータによれば、都内の自転車への赤切符の交付は2022年9月末時点で3906枚と、前年同月比に比べ、669枚増加しているという。

 テレビのワイドショーなどでは、自転車取り締まりの様子が放送されるとともに、コメンテーターがさまざまな意見を述べている。私はドライバーとしての立場から、この自転車取り締まりについて考えてみたい。

 警視庁が取り締まりを強化するのは以下の4つの違反とされている。

1.信号無視
2.一時不停止
3.右側通行
4.徐行せずに歩道走行する

 「なんだかなあ」である。4はクルマには無縁だが、1から3の違反、クルマがやったら一発で捕まるし、動画が撮影されたらあっという間に拡散されて、悪の権化のような扱いを受けるだろう。いままで、取り締まっていないほうが大間違いである。

 これまで自転車の違反は、悪質な違反者に「自転車指導警告カード」が渡され、罰則のない警告として大半が処理されてきたが今後は、刑事処分の対象となる赤切符(前科がつく)を積極的に交付していくことになる。ちなみに上記に挙げた道交法違反は、3ヵ月の懲役または5万円以下の罰金となる。

 筆者は来年で還暦を迎えるが、小学生のときに自転車の乗り方を学習する機会があった。今はどうかといえば、小学校で交通安全教室は行われているし、親が道路交通法を教えることも社会生活を送るうえでは大切なことである。

 まあ、その親が道路交通法を守らないから子供も守らないのだろう。歩行者用信号が点滅し始めると「さあ、急ぎなさい」と言って子供の手を引いて走りはじめる親のなんと多いことだろう。親がそうすれば子供はそれでいいと思うし、周囲の大人がそうすればそれでいいと思うだろう。

自転車の違反行為一覧。平成27年6月1日から、交通の危険を生じさせるおそれのある一定の違反行為(危険行為)を反復して行った自転車の運転者に対し、自転車運転者講習を実施している。講習時間は3時間、講習手数料は6000円(標準額)。受講命令に違反した場合は5万円以下の罰金

次ページは : ■取り締まりはきちんと行われるのか? 4項目だけでいいのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ