わずか4980円でクルマと会話できる!? Amazonの「Echo Auto」はこんなに便利!!


 AIの搭載など今後益々進化が予想される「クルマの知能化」。その流れのひとつとしてAppleの「CarPlay」やGoogleの「Android Auto」などに代表されるインフォテインメントシステムの搭載が増えてきている。

 そこに今回、家庭用のスマートスピーカーとして人気のAmazonが車載用に「Echo Auto」という商品の発売を開始。これを使うことで一体何ができるのか、そして先行するライバルとの違いは何かを検証してみた。

文/高山正寛、写真/Amazon

【画像ギャラリー】今乗っている愛車がお手軽に「スマートカー」に変身! 小さな同乗者「Echo Auto」を見る!


■家庭用では非常に高い人気

Amazonから登場した「車載Alexa」Echo Auto

 今回、この原稿執筆を依頼される前、正確に言えば発売と同時に筆者もこの「Echo Auto」を購入した。

 理由はすでに家でAmazonの音声アシスタントである「Alexa(アレクサ)」を使っており、現在ではエアコンやテレビなどの電源など、リモートで行える環境を整えているからだ。

 同時に他社のスマートスピーカーも利用しているが、前述した家電との連携やAlexa独自とも言える3500を超える「スキル」をインストールすることで自分好みの仕様にカスタマイズできる点が大きな魅力なのだ。

■家庭用を車載にしてみた結果

自動車内での使用に最適化されているEcho Autoならロードノイズの影響も抑えられる

 その利便性は高く評価しつつも、何とかこれをクルマの中で使いたいと思い。過去、家庭用の「Echo dot」をクルマに持ち込んで使ったことはあったのだが、クルマ特有のロードノイズなどの影響なのか、自慢の音声認識も家庭で使うよりは発揮することが出来なかった。

 そもそも利用環境も含め、設計自体が専用ではないわけだから当然と言えば当然なのだが、やはりAlexaの持つ多彩な機能を使いこなしてみたいという欲求は日々高まっていった。

次ページは : ■車載向けにAlexaの採用が増えてきた

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ