【疲れやすさも大きく変わる!!】プロが教えるシートカバー&クッションの選び方


 車に乗っている間、ずっと体に触れているシートは、移動の快適性を左右する、とても重要なポイントです。

 しかし、純正シートはせいぜい表皮を選べる程度で、カスタマイズすることはなかなかできず、愛車のシートが自分に合わないというケースも少なくありません。

 そこで、本記事では、カー用品店でも数多くの商品が陳列され「疲れ」も左右する、シートカバーとクッションの選び方を、元カーディーラー営業マンの立場から解説します。

文:佐々木亘(自動車コンサルタント)


純正シートに多い3つの不満とは?

 日頃座っている純正シートに対し、皆さんはこうした不満はありませんか?

【1】 「座っていても落ち着かず疲れやすい」、「腰が痛くなる」といったシートの形状に関する不満

【2】「ファブリックシートしか選べなかったけど本当は革調が好き」、「布シートだと汚した時に大変だから防水系の素材がいい」というシート表皮の素材に関係する不満

【3】「ベンチレーション機能やシートヒーターが欲しかったが設定がなかった」というシートの機能に関係する不満

 このように、愛車のシートに何を求めるのかによって、選ぶ商品は大きく変わります。

【1】疲れやすさや腰痛を解消するアクセサリーは?

 長距離ドライブでの疲れや、カーブの連続する山道を走ると感じる疲れは、実は自分の体をシートに密着できていないのが原因です。

 背中や腰骨の支えが少なく、シートに体を預けられない状態、また、カーブを曲がる際、遠心力を受けた体をシートが支えきれず、踏ん張って耐えなければならないために疲労感がたまっていっているのです。

 その場合は、身体をシートに密着させることができるようにする「クッション」がお薦めです。

 背中とシートの隙間を埋めるように変形するクッションを用いることで、運転時のシートのサポート性が大きく向上し、疲れを軽減することができます。

■Feaga低反発ランバーサポートクッション

■Aoomiya 腰痛クッション

■ボンフォームクッション 3Dブレスメッシュ


次ページは : 【2】表皮をカスタマイズ! 革調シートで汚れ対策も可能なアクセサリー