【移動オービス対応品も登場!!】レーダー探知機の選び方 2019最新版!!!


 さまざまな技術の進化により、近年の車は、快適で安全なドライブが楽しめるようになりました。

 しかし、速度超過は大事故につながる大変危険な行為。「ゾーン30」と言われる取り組みは、生活道路や住宅街を猛スピードで駆け抜ける車を取り締まるために広がってきているもの。

 こうした危険な道路や、また、ついスピードが出やすい幹線道路などでは、取り締まりが強化される傾向にあるといえます。

 そこで今回は、そんな危険なゾーンでもある取り締まりポイントを事前に知らせてくれる「速度取り締まり探知機(レーダー探知機)」の選び方を紹介します。

文:立花義人
写真:Adobe Stock、編集部


GPS搭載が主流に!! レーダー探知機の仕組みと最前線

高速道路だけでなく一般道にも設置される通称オービス

 速度取り締まり探知機(レーダー探知機)とは、「速度違反自動取締装置(通称:オービス)」による取り締まりポイントを、ドライバーに音や光、画像などで知らせてくれる装置。

 注意すべきなのは、オービスにはさまざまな種類があるため、レーダー探知機があれば、取り締まりポイントを100%把握できるわけではない点です。

 従来からある「レーダー式」オービスは、道路に設置された機材から照射されるマイクロ波を利用して、速度を測定しています。

 レーダー探知機を装備した車が走行中にこの電波をキャッチすると、ドライバーに音や光、表示で警報を行うという仕組み。

 しかし、「ループコイル式」や「光電管式」のオービスは、電波を使用していないため、電波をキャッチする機能しか持たないレーダー探知機では、取り締まりポイントを把握することはできません。

 そこで現在では、「GPS(衛星測位システム)受信機能搭載のレーダー探知機」が主流となっています。

 GPSを受信することで、走行中の自車位置情報を把握することができるので、内蔵されている全国の取り締まりデータを、ドライバーに事前に警告することができるのです。

「可搬式」に対応!? レーダー探知機の新傾向とは

 ここ数年発売されているレーダー探知機には、ドライバーに役立つ情報を、多角的に提供する機能が搭載されているものも!

 例えば、警察車両が用いる無線電波を受信した際に警報を発する「無線受信機能」や自動車に取り付けられている自己診断用ユニットOBD IIに接続(※対応車種のみ)し、エンジン回転数や水温、車速、燃費などの車両情報を表示する機能など、多機能な機種が多くあります。

 さらに、2017年頃から導入が増えたレーザースキャンによって速度測定が行われる「レーザー式移動オービス」は、電波を利用した従来のレーダー探知機では検知が不可能であり、また可搬式のため、機器に内蔵されているデータだけでは取り締まりポイントの把握は困難でした。

 しかし、最新のレーダー探知機の中には、本体内蔵のセンサーで、レーザーを受信できるタイプもあります。

 より精度の高い警報を求める場合は、この機能の有無もチェックする必要があります。

次ページは : 【シーン別!!】オススメ レーダー探知機 3選と選び方のコツ