【良くなるハズがかえって改悪!?】もったいなかった改良モデル 7選


 改良ではなく改悪!? 車の商品力を高めるマイナーチェンジや改良ながら、なかには本来あった魅力が削がれてしまった残念な改良モデルも存在!

 新車が商品力を維持するためには、モデルライフのなかばで行われる「マイナーチェンジ」や「改良」が欠かせない。そのタイミングで安全装備を充実させたり、発売当初煮詰めきれていなかった部分を見直すなど、多くの改良は文字どおり、その車を進化させるケースがほとんどだ。

 ……が、なかには装備が簡素化されてしまったり、エンジンやサスペンションといった車の性能を左右する部分が変更され、ともすれば魅力を失った感がある“改良”が施される場合も!

 本稿で紹介する7台は、改良前が良かっただけに特に残念感が際立ってしまった「もったいないモデル」である。

文:渡辺陽一郎、鈴木直也
写真:MITSUBISHI、TOYOTA、MAZDA、編集部
ベストカー 2020年1月26日号

【画像ギャラリー】デザインも変わった車多数!! 全7台「改良前」の顔は!?


現行プレミオ/2010年マイチェン

プレミオ(2010年マイチェン)/スピーカーの数は減ったが、この時1.8ℓ車はバルブマチックを搭載したエンジンに変更され、燃費向上

 2010年、現行プレミオ&アリオンがマイナーチェンジした時、主力グレードのスピーカーを従来の6個から4個に減らした。

 今はフルモデルチェンジを行う周期が伸びて、現行プレミオ&アリオンも、発売から12年以上が経過する。

 初期型のユーザーが、同じモデルの後期型を買うことも多いだろう。時間が経過すれば当然、よくなっていると期待するが、プレミオ&アリオンのマイチェンでは逆だった。

 販売店も「あからさまな手抜きはやめてほしい」と怒っていた。

【渡辺陽一郎】

2代目デミオ/2005年マイチェン

デミオ(2005年マイチェン)/内外装の変更、スロットルの電子制御化などが行われる。逆に後席ヘッドレストはコストダウンで一体型に

 2代目デミオが発売された時、横滑り防止装置を全車にオプション設定した。当時はミドルサイズセダンにも非装着車が多く、コンパクトカーでは先進的だった。

 2代目デミオは車両重量が1100kg前後と重く、走行安定性に悪影響を受けていた。これを補う意味でも横滑り防止装置は効果的だったが、マイナーチェンジ後は、オプション設定がスポルトに限られた。その後、完全に廃止されている。

【渡辺陽一郎】

次ページは : S2000/2005年マイチェン

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ