【新型ハスラー対新型タフト】どっちが売れる? 令和の軽ソフトSUV頂上決戦!!


 2020年1月20日から新型ハスラーの販売が開始された。ハスラーといえば、先代の発売時には注文が殺到して、納車は1年待ちになったこともあった大ヒット車だったから、今回の新型ハスラーも納期が長くなるのではないかと噂されていた。

 そんななか、1月10日の東京オートサロンで、ダイハツから新型軽クロスオーバー、タフトが公開され、2020年央に発売予定と発表された。ダイハツが新型ハスラーの発売前に、強烈なカウンターパンチというべき、ガチンコの対抗車を発表したというワケだ。

 新型ハスラーか、新型タフトか、どちらを買おうかと迷っている人も多いのではなかろうか。なかにはハスラーの納期が半年以上になってしまうなら、タフトを買おうか……という人もいるだろう。

 そこで、2020年1月下旬時点の新型ハスラーの販売状況を徹底調査するとともに、新型タフトはどんなクルマで、いつ発売するのか? 今わかっていることすべてを流通ジャーナリストの遠藤徹氏が解説する。

文/遠藤徹
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】新型タフトと新型ハスラー どっちがいい? 違いがわかる詳細写真


新型ハスラーの納期は4月以降、3ヵ月以上の納車待ち

納期1年待ちだった先代と比べると、現行ハスラーの納期は3ヵ月以上の待ちだからそれほどでもない

 2019年12月24日に発表、今年1月20日に発売開始したスズキのクロスオーバーSUV「新型ハスラー」は好調な販売推移をみせている。月販目標を6000台に設定したのに対して、1月下旬現在の受注累計は2万台を突破したと推定される。

 12月中旬に事前の予約を開始し、納期は4月以降となっているから、3ヵ月以上の納車待ちだから、好調なスタートといえる。

 しかし、デビューした2014年1月8日に発売し、2014年の年間10万4233台(月平均:8686台)を販売し、目標月販台数5000台を大きく上回る大ヒット車となった先代ハスラーに比べるとそれほどでもない。

 首都圏のスズキアリーナの営業担当者によると、

 「6年前に発売した初代モデルほどの爆発的な人気というわけでもないですね。当時は発売当初の半年間は1年以上の納車待ちでピーク時には月販1万台を突破したほどでしたが、今回はそこまでいっていないですね」という。

 コンパクトクラスやミディアムクラスを含め、多くの新型SUVが登場し、スズキも新型ジムニー/ジムニーシエラも発売しており、当時よりも大幅にマーケットニーズが分散しているといった事情も勘案する必要がある。

ダイハツのハスラー対抗車タフトは2020年7月上旬発売!

2020年1月の東京オートサロンで公開された新型タフト
2015年9月にアクティバ(右)とスタイル(中央)を発売、2019年10月末にスポーツ(左)がラインナップ。このうち、スタイルのみが生産継続

 こうした情勢のなかで、2ダイハツは020年7月上旬にもハスラーの対抗モデルである「新型タフト」を投入する。同モデルは2019年末に生産中止した「キャスト・アクティバ&同スポーツ」の後継モデルとなる。

 キャストはクロスオーバーSUVのコンセプトだが、5ドアハッチバックの乗用車的なテイストも含んでいるので、これが中途半端で売れ行き不振の原因と指摘されていた。

 新型タフトは2019年7月にフルモデルチェンジした現行タントと同じプラットフォームを流用し、エンジン、駆動系、トランスミッション、足回りなどを刷新した軽自動車の新世代クロスオーバーSUVモデルだ。

 新型タフトのボディサイズは、全長3395×全幅1475×全高1630mm。新型ハスラーは全長3395×全幅1475×全高1680mmだから全長と全幅は同じで、全高はハスラーのほうが50mm高い。

 パワーユニットは直列3気筒660ccのNAと同ターボを搭載。これに2WD、4WD、CVTとの組み合わせとなる。安全パッケージの「スマートアシスト」は最新バージョンを標準装備する。

新型タフトのボディサイズは全長3395×全幅1475×全高1630mm
新型ハスラーのボディサイズは全長3395×全幅1475×全高1680mmだから全長と全幅はタフトと同じで、全高はハスラーのほうが50mm高い。Aピラーの傾斜角はハスラーの方が立っている

 エクステリアデザインは現行ハスラーが直線的なボディシェルでまとめているのに対し、新型タフトは直線と曲面を融合させたソフト感覚のシンプルなスタイリングで違いを際立たせる方針である。

 新型タフトの車両本体価格は130万~175万円程度に設定する見込み。新型ハスラーが136万5100~179万7400円(FF)だから、新型ハスラーに比べ若干安くなる。

 キャストは3つのグレードのうち、アクティバ&スポーツがモデル廃止となり、スタイルが2020年3月頃の一部改良で商品ラインアップを強化して継続販売される見通し。

 現行シリーズは在庫一掃セールで次第にグレード、ボディカラー、オプションパーツが限られるようになっている。

 トヨタにはキャストシリーズが「ピクシスジョイ」としてOEM供給されていたので新型タフトも同様になると思われる。

 新型タフトの月販目標は当面、4000台程度に設定される見込みだが、本音はハスラーに対抗し、あわよくば追い抜きたいスタンスで臨むに違いない。

 2020年7月上旬の投入するとのことだから、6月の今夏のボーナスセールあたりから、事前の先行予約をスタートさせるはずである。

■新型ハスラー諸元表
・全長3395×全幅1475×全高1680mm
・ホイールベース:2460mm
・車両重量:830kg
・エンジン:直3ターボ+マイルドハイブリッド
・最高出力:64ps/6000rpm
・最大トルク:10.0kgm/3000rpm
・トランスミッション:CVT

■新型ハスラー価格:ハイブリッドG/136万5100円~168万4100円、ハイブリッドGターボ/145万9700~177万8700円、ハイブリッドX/151万8000~183万7000円、ハイブリッドXターボ/161万2600~193万1600円

■新型タフト予想諸元表
・全長×全幅×全高:3395mm×1475mm×1630mm
・ホイールベース:2460mm
・車両重量:850kg
・エンジン:直列3気筒DOHC、658cc
・最高出力:52ps/6900rpm
・最大トルク:6.1kgm/3600rpm
・トランスミッション:CVT
・価格:130万~175万円

新型タフトのコクピットはグレーをベースにオレンジのアクセントカラーを配している。デザインはレゴブロックを積み立てたイメージだという
新型ハスラーのコクピット。G-SHOCKの枠を3つ並べたような斬新なデザイン

次ページは : 証言1:首都圏スズキアリーナ営業担当者

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ