最近よく聞く「グローバルプラットフォーム」 何がいいの? 賞味期限は?

TNGA CMF DNGA SGP… クルマのプラットフォームの現在とその賞味期限

 トヨタのTNGA、スバルのSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)の登場により、その重要性がこれまで以上に広まった感のあるプラットフォーム。

 とはいっても、外からは見えないクルマの基本部分であるだけに、外観やエンジンといった部分に比べれば、認知度はやっぱり低め。

 そんなプラットフォームに注目してみようというのが本企画だ。メーカーごとのプラットフォーム事情、そしてその賞味期限について整理してみたい。

【画像ギャラリー】あのメーカー、あのモデルのプラットフォームは? 各メーカー主要モデルとプラットフォームをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年3月のものです
文:永田恵一、鈴木直也/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年4月26日号


■トヨタ

 トヨタのプラットフォームは現在、旧世代のものと、低重心化によるシャープなハンドリング、ドライビングポジションやスタイルの自由度の拡大、共用部分を広げることなどにより低コストでいいクルマを提供するという、新世代のTNGAプラットフォームがオーバーラップしている状況だ。

 TNGAプラットフォームを使うモデルはコンパクトカー用のBを使うヤリス、ミドルクラス用のCを使う新型カローラ、プリウスなど。

小山のごとき巨体と外観に似合わぬ豪華な内装で人気のグランエース。プラットフォームはTNGAの商用車専用のものを採用している

 Lプラットフォームを使うレクサスLSの初期モデルの完成度の低さという問題はあったが、後者は現在ほぼ改善ずみだ。

 それだけに元気で勢いのあるトヨタが、全車TNGAプラットフォームへの移行をすませる時が楽しみだ。

車名のわりにプラットフォームは最新のTNGAではないMIRAI。次期型はもちろんTNGAプラットフォームになる

・Aプラットフォーム(通称)…パッソ、タンク/ルーミー
・Bプラットフォーム(通称)…アクア、ポルテ、11代目カローラ系など
・MCプラットフォーム(通称)…プレミオ/アリオン
・新MCプラットフォーム(通称)…MIRAI、ハリアー、ノア3兄弟、プリウスαなど
・TNGA GA-Bプラットフォーム…ヤリス
・TNGA GA-Cプラットフォーム…12代目カローラ系、プリウス/プリウスPHV
・TNGA GA-Kプラットフォーム…カムリ
・TNGA GA-Lプラットフォーム…クラウン
・TNGA 商用車専用GAプラットフォーム…グランエース
・FR系プラットフォーム(通称)…86
・専用プラットフォーム…ランドクルーザー、プラド、ハイエース
※アルファードはTNGAではないが、TNGAの考えを受けた新たな設計手法を採用する

スープラとBMW Z4は姉妹車ゆえ、プラットフォームも共通の「CLAR」を使う。「CLAR」はBMWの次世代軽量モジュラープラットフォームで、3シリーズなど多くのモデルが採用する

■日産

 日産のプラットフォームは国内販売のエースであるセレナのCプラットフォームが三世代15年、ノートのVプラットフォームも初採用のマーチから10年と、全体的に古さが目立つのが非常に気になる。

ルノーと共同開発した最新のモジュラープラットフォーム「CMF」を採用するデイズ

 もちろんプラットフォームが新しければいいというわけではないが、セレナを例に挙げればフロアの高さによる乗降性の悪さ、ハンドリングと乗り心地の古さなどに見劣りがあるのは事実だ。

 末期には投資を渋ったゴーン体制が終わったのだから、今後は今なら潤沢にある内部留保を新しいプラットフォーム作りにも有効に使い、日産復活につなげてほしい。

プラットフォームがけっこう古いセレナ

・CMF…エクストレイル、デイズ、ルークス
・Vプラットフォーム…ノート、マーチ
・Bプラットフォーム…シルフィ、ジューク、キューブ(改良版)
・Cプラットフォーム…セレナ
・Dプラットフォーム…ティアナ、エルグランド
・FR-Lプラットフォーム…スカイライン、フーガ/シーマ、フェアレディZ
・PMプラットフォーム…GT-R

次ページは : ■ホンダ