渋滞の高速道路と一般道 どっちが早い? 夏休み目前で知りたい実態を中央道集中工事区間で調査

 渋滞している高速道路と一般道、どっちが早いのか!? 夏休み、お盆の長〜い渋滞を味わう前にぜひ知っておきたいところ。

 5月中旬に実施された中央自動車道の集中工事区間に、3名の隊員からなる調査隊を送り込み、2台は中央道ルート、1台は下道を行くという計画で実験開始だ。

文/写真:ベストカー編集部
初出:ベストカー2017年7月10日号


渋滞表示板では一般道のほうが早着予想

 八王子ICに近い「道の駅八王子滝山」に集合した3名の隊員。15時の時報とともに隊員ABはそれぞれ中央道に向かう。

 集中工事の区間は八王子ICから高井戸IC。連日、交通情報を耳にすると午後4時頃から上り線がほぼ全線にわたって渋滞となっている。石川PAから高井戸まで渋滞20km、通過にかかる時間90分、といった感じである。

 Aは左車線キープ、Bは空いた車線をグリグリ行くこととして、隊長Cはあえて一番大変そうな一般道を行く試練を選んだ。

 八王子IC手前の渋滞表示板には「高井戸まで国道20号50分、中央道70分」の表示。ここで隊員Bからの緊急連絡が入る。

八王子IC

 「料金所のところでの渋滞表示は15km、通過に1時間というものでした。それよりも困りました!! どうやら高井戸まで全線にわたって連続車線規制で、走れるのは1車線のようです」

 この時点で高速道路に2台送り込んだ意味はなくなった。八王子~高井戸間はもともと片側2車線で、集中工事のため全線で片側を規制して全区間1車線となっているということね。

一般道は交通量こそ少ないが……

 気を取り直して一般道のレポート。八王子市内で国道16号線側道から都心方面へ向けて国道20号線(甲州街道)へと左折するのだが、この交差点、信号の間隔が短くやたらと待たされる。

 交通量自体はさほど多くないものの、1回の青信号で数台しか左折できず、5回ほど待たされた。ここで10分ほどタイムロス

 いっぽうの中央道組は、全線渋滞とはいっても流れに波があるようで、八王子ICから日野バス停付近までは止まったり動いたりの渋滞するも、日野バス停を過ぎると一転、スーッと流れ始める。だがそれもあっという間で再び渋滞。

 再び一般道を行く隊長C。国道20号日野バイパスは、交通量が少なめで基本的には順調に流れるのだが、ところどころで左車線を規制して樹木の伐採をやっていたり、なんらかの作業により車線規制が実施され、その都度流れが阻害される。

工事による車線規制

 それでも八王子を出て35分後に国立府中インター入り口付近を通過した。

 ここで中央道を行く隊員Aからの連絡。

「現在国立府中インター手前2kmの地点です。相変わらずのノロノロです」

 一般道が先行しているぞ!!

中央道渋滞解消で形勢に変化あり!?

 比較的快適だった国道20号日野バイパスはここまでで、国立市谷保で従来からの国道20号線に合流する。

 ここから先の国道20号線は車線が狭く、片側2車線とはいうものの、実質的には1.5車線的な広さ感で左折車が数台連なるとあっという間に左車線の流れが悪くなる。

 府中市内ではやはり左側車線を規制する作業が実施されていて数百メートル流れが滞る。

 ラジオの交通情報を聞くと、この先調布市内でも作業による小規模渋滞が発生しているとのことなので、府中市内を抜けたところで『人見街道』へと逸れて混雑を回避……したつもりが、人見街道は片側1車線の狭い通りで、果たしてこちらが正解だったかは!?

 ここで今度は隊員Bからの連絡。

「府中スマートICを過ぎたら急に流れがよくなりました」

これは逆転されたか!? 時刻16時10分すでに八王子を出て70分経過している。

 さらに隊員Aからの続報。

「深大寺バス停を過ぎたら1車線のままですが普通に流れています。渋滞は解消しています。快適です」。

 一般道を行く隊長Cは人見街道から東八道路に抜けたのだが、交通量が多くイマイチ流れがよくない。

 しかもこの先、調布市を抜けると東八道路は中央分立帯のある片側2車線の立派な道から一転、昔からの片側1車線の細い道になってしまう。

 もっとも交通量は少なめで、久我山あたりをスルスルと抜けて高井戸まであと数kmという地点まで到達。時刻は16時30分だ。

 ここで隊員Aからの連絡。

「いま高井戸IC降りて下道の広い場所で路肩に寄せて車を停めたところです」

 あらららら。負けました。タッチの差で負けました。

 結局8分後の16時38分、隊長Cは高井戸に到着した。

「8分差」は高速の勝ちといえるのか?

 さて、この8分差をどう見るのか!?

 八王子~高井戸間の通行料金は700円。順調に流れていれば30分程度で走る距離なので、料金ぶんの価値はあるのだが、8分差となればこれは微妙。

 一般道は完全にストップして動かないという状況はなかったのでストレスは小さく、8分差ならば一般道の決定的な負けとは言えない?

 ただし、時間的には「渋滞していても高速道路のほうが早い」というのが今回の結果。もちろん、高速の渋滞時に一般道を使うか否かは、その一般道の“質”にも左右される。

 『時間』、『ストレス』、そして『料金』。これらを天秤にかけて、どっちを選ぶか判断すべし!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ