火星人がなぜかトヨタなどを慰問!? うっかり忘れられがちな現行車たち 21選


 ボク、タコ型火星人。最近テレビでも雑誌でもボクの姿なんて扱われないからまだいたのかって思れそうだけどまだいたの。でね(勝手に話を進める)、今日はボクみたいな仲間がたくさんいるなー励ましたいなーと思って、自動車メーカー巡りをすることにしたんだ。まずはトヨタさんちから。

【画像ギャラリー】地球外からまで不憫に思われてる…!?? とはいえ言われてみるとまだいたの? な、クルマたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年5月のものです/構成&台本=責任:清水草一/初出:『ベストカー』 2020年6月10日号


■トヨタ家

 お屋敷のすみっこに、プリウスα君をハッケン! 長男のプリウス君はとっくに代替わりしてるのに、がんばってるね!

プリウスα「9年前にデビューした時は、納車1年待ちだったのに、そんな皮肉言われるなんてグヤジイ!」

プリウスα…こちらも先代プリウスベースながら、月販1000台に迫る売れゆきは、さすが本家プリウス一家!

タコ「どうしてモデルチェンジしてもらえないの?」

プリウスα「7人乗りのハイブリッドカーなら、もっと室内が広いのがいっぱいあるからだってさ。飼い殺しだよ」

 続いてハッケンしたのはプレミオ/アリオンの老夫婦。見るからにお年を召してるね。

プレミオ/アリオン…2007年登場なのですでに13年! 消滅が噂されながら、高齢者の根強い支持により細々と生きる(写真はプレミオ)

プレミオ「ばあさんや、わしらにもそろそろお迎えが来る頃かのう」

アリオン「あとを継いでくれる人がねぇ、来そうでなかなか来ませんねぇ」

プレミオ「このままひっそりと100まで生きようかのう」

アリオン「そうですよおじいさん。死んだって忘れられるだけですから」

 ずっと地味にがんばって! トヨタ家は広いだけにまだまだ日陰者が! ポルテ/スペイドは8年。カローラアクシオ/フィールダーなんか、子どもがあとを継いだのに、まだ親も現役なんだ。なんで?

ポルテ/スペイド…2012年登場。タンク/ルーミーの大ヒットでほとんど死に体になりながらも、ひっそりと生存中
カローラアクシオ…フィールダーとともに旧型が生産継続! 5ナンバーにこだわるビジネス客の需要は底堅いぜ!

アクシオ「そりゃアンタ、どうしても小柄な5ナンバーがいいっていう馴染み客がいるんだよ。主に営業用だけど」

■レクサス家

 トヨタ家のペントハウス『レクサス』に行ってみたら、ここにもまだいたよ。LXは海外ではもう13年。

LX…日本ではまだ5年だが、海外では13年のロートル。ベースのランクル200が長寿だけに、まだまだ!

 そしてビックリしたのは、CTがまだ生きてたこと! キミ、ベースは旧型プリウスだよね?

CT200h…2011年登場でベースは先代プリウス。それで500万円に迫るレクサス価格を取るのだからアッパレ!

CT「レクサスにとって、僕は大事なベーシックカー。いないと困るんだよ!」

 ものは言いようだね(辛)。

次ページは : ■ダイハツ家

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ