歴代シビックタイプRを中古で狙う!! 世界最高ホットハッチに一生に一度は乗ってみたい!!


 ホンダのタイプRは市販モデルの中でも特別な存在だ。タイプRは走りに磨きをかけたモデルで多くのホンダ車ファンを魅了している。一生に一度はタイプRに乗ってみたい、と考えている人も少なくない。

 今回は唯一現行モデルで「タイプR」を設定しているシビックタイプRの中古車事情について紹介ししていきたい。

 数あるシビックタイプRでどのモデルがお薦めなのかを萩原文博氏が相場、タマ数などをもとに考察していく。

文:萩原文博/写真:HONDA、ベストカー編集部


初代はスーパーホットハッチ

【画像ギャラリー】初代、2代目、3代目シビックタイプR

中古市場でのタマ数、相場から考えて購入ターゲットとなるのは初代(写真左)、2代目(写真右)、3代目(写真中央)となる

 ホンダの「タイプR」のルーツは1992年11月に発表したNSXタイプRに遡る。そのプレスリリースには「タイプR」とは運動性能をより際立たせたピュアスポーツモデルと書かれている。

 その概要としては高い走行性能や旋回性能を実現させるため車両重量の軽量化、専用チューンを施されたエンジン、トランスミッション、サスペンションを採用することと書かれている。

赤いホンダのエンブレムがタイプRであることの証。アフターではいろいろな車種に装着されているがホンダ純正で装着されるのはタイプRと名乗るクルマだけ

 このNSXタイプRで導入された哲学をベースにダイナミックな走りと優れたコントロール性を徹底追求して開発されたのが1997年8月に登場した初代シビックタイプR(EK9型)だ。

 シビックの3ドアSiRをベースにリッター当たり116psという1.6L直列4気筒自然吸気エンジン当時最高峰のパワーを達成。ハードなサスペンションセッティング、徹底した軽量化などによって爽快な加速性能と次元の高いコントローラブルなハンドリングを実現。

 これまでのホットハッチとは一線を画した優れた高性能は当時の若者のハートをわしづかみにし本格的にタイプR伝説が始まった瞬間だった。

ホットハッチのなかでも別格の性能と存在感を持っていた初代シビックタイプR。タイトなワインディングではハイパワーFRを凌駕する速さを見せた

2代目はイギリスから逆輸入

 2001年に登場した2代目シビックタイプRはイギリスで生産され日本に輸出されるバイリンガルモデルだった。ストイックなアスリート的な初代に比べると、ややラグジュアリー感も増して、搭載するエンジンは最高出力215psを発生する2L 直列4気筒i-VTECエンジンを搭載し高出力と高い環境性能を両立したモデルだった。

歴代シビックタイプRのなかでは地味だが走りのポテンシャルは高かった。ただし販売台数が少なかったこともあり必然的に中古市場でもタマ数が少ない

次ページは : 3代目はサーキットスペシャル!?