新型レクサスIS世界初公開!! 大きくなってスタイリッシュに変身!!


 2013年にデビューし丸7年が経過するレクサスISは2020年秋にマイナーチェンジすると言われていたが、その姿が明らかになった。

 レクサスは2020年6月16日に新型ISを米国発のデジタルプレスカンファレンス映像を配信することで世界初公開した。

 新型レクサスISについての第一報をお届けする。

文:ベストカーWeb編集部/写真:LEXUS

【画像ギャラリー】FRスポーツセダン復活の期待の星!! 新型レクサスISは超絶カッコよくなって今秋発売開始!!


ボディは大型化

 今回の新型登場に際してレクサスはマイナーチェンジと謳っているが、ボディサイズは全長4710×全幅1840×全高1435mmで、これは従来型と比べると全長、全幅で+30mm、全高で+5mm大型化されている。

マイチェンながら全幅を広げるほど大きく手を入れられた新型IS。スポーツセダンの復活に期待がかかる

 全長に関してはバンパーを大型化することで長くするケースは多くみられるが、全幅を30mm拡幅するのはマイナーチェンジとしては異例と言える。

 といってもマイナーチェンジで全幅まで広げる大掛かりな変更は、先代LSでも展開されていて、ISがレクサスにとって重要なモデルであることの証明でもあるだろう。

 レクサスにとっては2020年8月いっぱいでGSが生産終了となるので、そのGSのユーザーの受け皿としても大型化が必須だと思われる。

 GSの受け皿としては人気のESもあるが、こちらはFFで、FRセダンにこだわるユーザーは根強く存在するため、ISの進化が必須だったわけだ。

2020年8月をもって生産終了となるGS。特別仕様車のEternal Touringがファイナルモデルとなる。GS消滅後はISがそのユーザーの受け皿となる

エクステリアはよりシャープに変身

LSを彷彿とさせる大型のスピンドルグリルを新規採用。これによりフロントマスクの迫力が倍加していカッコよくなっている
上が新型、下が従来型。ヘッドランプが薄くなってシャープさを増しているのがよくわかる。ボディサイドのラインも変更されている

 公開されたレクサスISの画像を見てもわかるとおり、エクステリアデザインは大きく変更されている。

 薄型のヘッドランプの採用により、従来モデルよりもシャープさを増したフロントマスクが特徴的だ。そして何よりも、LS譲りの大型スピンドルグリルにより迫力が増している。同時にサイドのキャラクターラインの位置も下げられてローフォルムをアピール。

 リアクォーターピラーがサイドから回り込むキャビンシルエットの採用により、引き締まった印象を与えてくれる。

左右をつないだ真一文字のリアコンビランプが新型ISの大きなアイデンティティ。ディフューザー形状もスポーティ
上が新型で下が従来型だが、リアクォーターピラーの形状、角度も変更されているのがわかる。明らかに新型のほうが伸びやか

 大きく目を引くのはLEXUSのL字をモチーフとした左右をつないだ真一文字のリアコンビランプの採用だろう。夜間の走行ではひと目でISとわかる特徴となっている。

 新型にもFスポーツが設定され、グリルが専用Fメッシュパターンになるほか、グリルロア部のエアインテーク、専用19インチアルミホイールなどで差別化されている。

次ページは : インテリア

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ