新型日産キックス 待望のe-POWER SUV発表!!  価格は275万9900 円~

 日産が新たなクロスオーバーモデル「キックス」を発表し、本日6月24日より予約を受注を開始する。

 ロングセールスだった小型クロスオーバー「ジューク」の後を受け継ぐ新型車だが、実は、世界戦略車として、海外の他市場に投入済みのモデルである。

 世界で実績を積み、磨かれた新型キックスの日本仕様は、どんなメニューなのだろうか?

文:大音安弘
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】 新型キックスの内外装を全16枚で大公開!


■世界戦略車であるクロスオーバーを日本へ

日産キックスを発表した日産の星野朝子執行役副社長

 日産自動車は、2020年6月24日新型クロスオーバー「キックス」を発表し、6月30日より発売する。価格は、275万9900~286万9900円となる。

「キックス」といえば、2008年に発売された三菱軽SUV「パジェロミニ」をベースとしたOEMモデルに授けられた名前だが、それとは綴りが異なる。

 軽自動車が「KIXS(キックス)」だったのに対して、新型車は「KICKS(キックス)」なのだ。

 新型車「キックス」は、日産の世界戦略車のひとつで、2016年8月のブラジルを皮切りに、世界各地に投入されている。

 日本仕様は、その最新仕様である「e-POWER」搭載車で、2020年5月に、タイで発表されたばかり。日本仕様もタイで製造し、日本に供給される。

■SUVらしく若々しいスタイル

新型日産キックスはe-POWERのみのラインアップとなる

 都市型クロスオーバーを意識したジュークと異なり、キックスは、やんちゃさを漂わせるSUVらしいスタイルに仕立てた。

 全体的な雰囲気は、ミニエクストレイルを彷彿させるフォルムだが、小型車ということもあり、よりシャープなスタイリングに纏められる。

 特にフロントマスクは、精悍かつワイドな「ダブルVモーショングリル」やシャープなLEDヘッドライトなどにより、アスリートの顔つきを連想させる躍動感あふれるフロントマスクに仕立てられている。

 デザインのアクセントとして、Cピラーにブラックパネルを配することでルーフラインを強める「フローティングルーフ」を採用。ボディカラーも、モノトーン9色とツートーン4色の全13種類を用意し、選ぶ楽しさを提供。

Cピラーにブラックパネルを配することでルーフラインを強めるデザインを採用

 イメージカラーである「プレミアムホライズンオレンジ」と「ピュアブラック」のツートーン仕様は、オレンジタンの内装と組み合わせとし、よりスポーティなキャラクターを強調する。

 気になるボディサイズだが、全長4290mm×全幅1760mm×全高1610mmと、ジュークと比べ、ひとまわり大きくなっているが、全幅は5mm短縮。

 さらに最小回転半径も、クラストップの5.1mを実現。これはジュークよりも優れており、狭い道の多い日本でも扱いやすいモデルであることが伺える。

■コンパクトでも室内は快適に!

Xツートーンインテリアエディションのおしゃれなカラーリング

 カジュアルかつスポーティなデザインのインテリアは、オードドックスに纏められている。色はブラックが基本で、クロスと合皮のコンビシートを標準とし、疲れにくい「セログラビティシート」を採用。

 また「ツートーンインテリアエディション」では、シートやダッシュボードのカラーリングがタンとブラックの組み合わせのお洒落な装いとする

ラゲッジルームはクラストップの423Lを誇る

 キャビンの実用性も高く、開放感と視認性に優れた運転席を実現。さらに後席の快適性にも気を配り、ニールームが600mm、ヘッドルームも85mmを確保するなど、大人4人が快適に移動できる空間を提供する。

 もちろん、SUVやファミリーカーで重視されるラゲッジルームも、クラストップの423Lを確保。標準時で、Mサイズ(675×452×250mm)のスーツケース4個の積載可能とした。

■初のe-POWER専用車に!

e-POWERならではのワンペダルによる操作が可能

 パワートレインは、電動車のe-POWERのみに絞った。システムは、他のe-POWER同様に1.2Lの3気筒DOHCエンジンと電気モーター、リチウムイオン電池を組みわせたもの。

 キックスの電気モーターは、最高出力129ps、最大トルク260Nmを発揮させることで、あらゆるシーンで力強い加速とスムーズな走りを実現しているという。

 e-POWERならではの特徴的な運転スタイルが、アクセルの踏み戻し操作で車速の調整が可能な「e-POWERドライブ」だろう。

 もちろん、キックスでも電動車らしいワンペダル感覚での運転が行え、ブレーキペダルを踏む回数が減少することで、運転が楽になり、ドライバーの疲労軽減が期待できる。

オプションで周囲が見えるインテリジェントルームミラーが選べる

 当然、燃費効率にも優れており、WLTCモードで21.6km/L(JC08モード:30.0km/L)となり、ジュークよりもサイズアップしながら、経済性が高まっていることが分かる。

 駆動方式は、e-POWERなので、FFのみとなるが、そもそもキックスに4WDの設定がないため、これは都市型クロスオーバーのキャラクターを意識した設定なのだろう。

 ジュークも4WD仕様は、GTやNISMOなどの高性能モデルに限定されていた。

■充実の安全装備を誇る

プロパイロットが標準装備されるので、運転の負担を軽減し、安全性も向上

 先進技術は、e-POWERだけでなく、高速道路での長距離運転と渋滞での疲れを軽減させる日産の先進運転支援機能「プロパイロット」を全車に標準化。

 システムは、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた高性能タイプを採用することで、より遠くの先行車の状況を検知し、スムーズな操作を可能とした。

 この他にも、衝突被害軽減ブレーキである「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」やご発進抑制制御を行う「踏み間違い衝突防止アシスト」などの安全機能を標準搭載することで、全車がサポカーSワイドに該当する仕様となっている。

 また緊急通報が可能な「SOSコール」も標準化された。プロパイロットに代表される先進機能の充実化は、日本仕様の特徴でもある。

■機能が充実するも価格は……

ダブルステッチ採用の高品質なシート

 日産でも最新のコンパクトクロスオーバーが選べるようになり、電動化技術「e-POWER」や運転支援技術「プロパイロット」などの最新機能が全車標準化されることは朗報。

 だが、一方で、エントリー価格の高さが気になるのも事実。日産広報部によれば、日産の最新技術を多くの人に体感していただくべく、思い切ったグレード構成にしたとのこと。

 そのため、小将来的には、仕様の拡大なども期待できるかもしれない。電動化と先進機能を武器にしたちょっと欲張りな小型SUVが、どれだけのファンを集められることが出来るか、注目だ。

【画像ギャラリー】 新型キックスの内外装を全16枚で大公開!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ