独走ハスラーに仇敵出現 SUV界の超新星 新型タフトの長所と短所


Gターボは最新の安全支援機能を装備

タフトGターボにはGの装備に加え、15インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)を装備。写真はメッキパーツ装着車(ディーラーオプション)
タフトGターボのコクピット。全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)やLKC(レーンキープコントロール)がGからプラスされた装備
タフトGターボの内装。シートにはオレンジステッチが入る

 上級のGターボ(2WDの価格は160万6000円)は、文字通りGのエンジンをターボに上級化して、なおかつGに4万4000円でオプション設定される運転支援機能も標準装着した。

 運転支援の内容は、車間距離を自動制御可能な全車速追従機能付きクルーズコントロールと、車線の中央を走りやすいようにパワーステアリングを制御するレーンキープコントロールだ。

 Gターボの価格はGに比べて12万1000円高いが、オプション価格が4万4000円の運転支援機能も加えたから、ターボの正味価格は7万7000円になる。

 この金額はターボの価格換算額では平均的だが、タフトの場合は事情が異なる。ターボの装着と併せて、CVTもD-CVTに上級化するからだ。D-CVTはギヤ駆動を併用して駆動力の伝達効率を高め、変速比もワイド化した。

 この効果もあって、タフトのターボは効率が優れている。実際の走りを左右する最大トルクは、NAエンジンが6.1kgm/3600rpm、ターボが10.2kgm/3600rpmだから1.7倍に増強されるが、WLTCモード燃費はNAエンジンが20.5km/L、ターボが20.2km/Lだ。

 ターボは動力性能を大幅に高めながら、燃費数値はほとんど悪化しない。この高効率なターボの正味価格が7万7000円なら割安だ。

タフトのベストグレードはG、Gターボがおススメ!

 以上のようにタフトでは、NAエンジンのGと、Gターボが買い得な推奨グレードになる。

 もちろん価格の面ではGとなるが、販売店で両グレードを試乗して、自宅付近の登り坂などを走り、NAエンジンとターボの選択を判断したい。

 またNAエンジンのGに、運転支援機能を4万4000円でオプション装着するなら、これを標準装着したGターボをお薦めしたい。

 運転支援機能を装着するユーザーは、高速道路やバイパスを走る機会も多いだろう。そうなると動力性能に余裕のあるターボのメリットが際立つ。ターボと運転支援機能は親和性が高い。

次ページは : 新型タフトの長所と短所は?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ