タフトの期待度も聞いてみた!!! ハスラー N-BOX…いま「推し」の軽はどれ!!?

【番外コラム】ダイハツの新型タフトの期待度は!?

●80点(渡辺 陽一郎)…ハスラーに比べて後席と荷室のアレンジが単純だ。後席がスライドしないから、足元空間もあまり広がらない。その代わりタフトは価格のわりに装備が充実する。ハスラーとは特徴が異なり、棲み分けも成り立つ。

●70点(斎藤 聡)…個人的に期待度は高くないが、注目はしている。軽でこんなに過激なデザインが受け入れられるのか? WAKUWAKU感があり楽しそうなので、マニア受けはしそうだが、広く受け入れられるかどうか!?

ダイハツ タフト

●100点(清水 草一)…タフトには猛烈に期待しております! なんてったってDNGAプラットフォームのハスラーだもん! 走りの次元が違うんじゃないか? それでいてカッコイイ! 値段が高すぎないか、それだけが心配だな。

●90点(岡本 幸一郎)…ダイハツはこういうクルマを作るのが上手!  軽自動車のSUVだからこそ許される遊び心と、SUVとしての新しいカタチが見事に表現されている印象を受ける。ガラスルーフが全車標準装備というのも大歓迎です!

●92点(片岡 英明)…軽自動車らしからぬ力強いデザインが印象深い。ガラスルーフのスカイフィールドトップは開放感も満点のはず。また、キャビンと荷室は満足できる広さを確保しているようだ。新プラットフォームの採用により走りの実力も高いだろう。

ダイハツ タフト

●90点(竹岡 圭)…他社でいうとジムニーとハスラーの中間的位置づけ!?(笑)的なモデルかな。販売好調なロッキーの後押しもあって、四角デザイン好きには◎のスタイル。標準設定のガラスルーフは明るくていいc 期待します。

●85点(松田 秀士)…パッと見、ジムニーに嫉妬した? とも思えるけど、よくよく見るとハスラーの強烈ライバルだね。利便性含めてかなり実用性も高そう。街に溢れた時、エクステリアデザインに飽きがくるのでは? と、ちょっと心配。

ダイハツ タフト

●70点(小沢 コージ)…ハスラー食いは正直期待薄。特に初代タフトのキュートな、ゆるキャラデザインとは微妙に違う。それより“ミニハマー”的な存在感がなかなかいい。軽唯一のガラスルーフといい、両車は意外に別系統ファンを獲得する?

●10点か2点(国沢 光宏)…タフトがどんな性能の自動ブレーキを採用しているか不明。ヤリスと同等レベルなら大いに評価したいと思う。けれど従来のダイハツと同じ低性能型自動ブレーキなら、タフトはまったく推奨できません。

【画像ギャラリー】結局どれが一番推されたの?? 推しと次点を集計したオススメランキングをギャラリーでチェック!!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!