ハイエースMRT、モデューロX…実力は折り紙付きのマイナー国産車 15選

 売れ筋モデルを買う、というのは、それはそれで安心感はある。しかし人とは、時に人と同じものでは我慢できない、人とは違うものがほしい…と、とりとめない欲望を抱いてしまうものでもある。

 そんな密やかな願望を満たす、マニアックかつマイナーな車種やグレードをクローズアップ!

 自動車評論家 永田恵一氏が、人とは違う、でもピリッと辛味の効いた実力車たち15台をピックアップ!!!

【画像ギャラリー】「人とは違うものがほしい!」ならコイツらだ!!! オススメマイナーモデル15種をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年5月のものです
車両解説:永田恵一
初出:『ベストカー』 2020年6月26日号


■トヨタ編

●JC08モード燃費27.8km/L! プロボックスハイブリッド(185万3500~200万2000円)

プロボックスハイブリッド

 トヨタの小型ライトバンであるプロボックスは昨年の販売台数が3万台を超え、ハイエースほどではないにせよ“隠れた売れ筋商用車”だ。

 使い勝手のよさなど、売れてる理由は多数浮かぶのだが、2018年11月にはアクアなどと同じ1.5Lハイブリッドが地味に追加されている。プロボックスのハイブリッドは床下にバッテリーを置くこともあり、積載量は積載重量が少し減るだけで実質的な影響はない。

 また価格差も走行距離が延びる商用車なら10万kmを超えるころにはペイできる試算が成り立ち、企業の環境イメージも向上といいことづくめなので、地味だけど設定されているのがよくわかるモデルだ

●トヨタで買える唯一のダイハツ車! コペンGRスポーツ(238万~243万5000円)

コペンGRスポーツ

 コペンGRスポーツはトヨタとダイハツが共同でスポーツ性を高めたモデルだ。ボディ剛性向上に代表されるモディファイの効果はバッチリで、決して安くはないもののコペンが良質なスポーツカーとなった。

 またトヨタでも販売されるため、間口も広い。

●日本唯一のピックアップ! ハイラックス(338万2500~382万5800円)

トヨタ ハイラックス

 ハイラックスも東南アジアやオセアニアでの販売が絶好調なこともあり、収益ではトヨタの隠れドル箱的なピックアップトラックである。

 しかし、日本では普遍性のないクルマだけに試験的な形でタイからの輸入販売が始まったのだが、フタを開けてみると未だに当初の目標の3倍となる月約500台売れており、「魅力あるクルマならマニアックなものでもそれなりに売れる」ということを証明した。

 乗ると乗り心地だけは要改善だが、それ以外は全体的に拍子抜けなくらい乗用車的で実にトヨタらしい。また、とにかくカッコよく見えるのも大きな魅力だ。

●車中泊ならおまかせ! ハイエースMRT(288万2000~428万6000円)

ハイエースMRT(写真はバン スーパーGL)

 車中泊や自転車&バイクのトランスポーターとして使いやすいようモデリスタが手を加えたコンプリートカー。

 トヨタ直系だけにクォリティは文句なく、オプションやアフターパーツでさらに手を加えれば可能性は無限大だ。

●競技前提仕様車! 86Racing(314万7120円)

86Racing

 BRZにも同様のRAレーシングがあるワンメイクレース参戦ベース車。ホイールこそスチールだが、それ以外はロールバーやオイルクーラーなどがつくので、スポーツ走行派にもメリットは大きい。

■日産編

●ピリリとひと味違う辛さのマーチ! マーチNISMO&NISMO S(163万3500~187万6600円)

マーチNISMO&NISMO S

 マーチNISMOはオーテックジャパンが手がけるスポーツモデルで、1.5L+5速MTのNISMO Sは活力を感じる古典的な楽しさが特徴だ。

 SがつかないマーチNISMOはNISMO S以上にマニアックな存在で、こちらもサスペンションは変わっており、楽しめる仕様となっている。

●SUV風味ふんだんなこの1台! ノートシーギア(182万7100~231万2200円)

日産 ノートシーギア

 こちらもオーテックジャパンが手がける、最低地上高などは標準車と変わらないものの、主に見た目でクロスオーバーの雰囲気を強調したモデル。

 e-POWERに設定されるツーリングパッケージを選ぶと、走りはほぼノートNISMOになるので、見た目とのギャップも楽しめる。

●ひたすらゴージャス! エルグランドVIP(801万9000~831万6000円)

エルグランドVIP

 7人乗り3列シートに加え、リアは豪華なキャプテンシート2脚とし、1列目と2列目の間にはオプションでキャビネットなどが設定される2列シート仕様が目玉となる最強のエルグランド。

 この種の2列シートミニバンは新車だと現在これだけという強みも持つ。

●快適な車中泊が楽しめる! セレナ&NV200マルチベッド(セレナは323万1800~399万4100円、NV200は271万4800~273万4600円)

セレナ&NV200マルチベッド

 ともに3列シートから2列シートとしたアウトドアや車中泊などの際に便利に使える仕様。セレナから見ていくとフローリングとなるフロア、大人ふたりが寝られるベッドマット(下部には荷物が収納できる)が装備され、オプションでパイプを使った物干し、ボード類や釣竿の置き場も設定される。

 2列目シートはe-POWERがキャプテンシート、スマートシンプルハイブリッドが3人がけのベンチシートで、ベース車のグレードは標準ボディのXV、ハイウェイスターVが選べる。

 NV200もサイズ以外のベッドマットの使い勝手はセレナに近いが、NV200には高さ調整可能かつベッドマット裏に収納できる小型テーブルがオプションで設定されるので、車内での食事など多い人だとNV200のほうが便利かもしれない。

 またNV200には各々ボディ上部がホワイト、下部がライトブルーとベージュとなるツートンカラーもある。

●地味なシルフィがスポーティな装いに! シルフィSツーリング(250万3600円)

シルフィSツーリング

 地味なシルフィのなかではエアロパーツなどを装備し、だいぶ若返って見えるSツーリングもオーテックが手がけるモデルだ。シルフィつながりで、セントラNISMOの日本導入を熱望する日産ファンもそれなりにいそうだ。

■マツダ、ホンダ、三菱、スズキ編

●6MTで操るマツダ2随一のキビキビ感! MAZDA2 15MB(165万円)

MAZDA2 15MB

 マツダ2のWebで「モータースポーツベース車」という見つけにくいところに掲載されている15MBは、「MB=モータースポーツベース」の車名のとおり、エアコンなどひととおりの快適装備こそつくもののマツダコネクトはない非常にシンプルな仕様だ。

 その代わりエンジンはハイオク仕様で標準の1.5Lガソリンに対し、6psアップの116psで、装備表を見るとロールバーの装着を想定しているのか、サイド&カーテンエアバッグレスというマニアックなレスオプションがあるのも嬉しい。

 価格もベース車らしく165万円と安いのでそのぶんを自分好みのパーツで仕上げ、ゆくゆくはなんらかのモータースポーツに挑戦すれば、コイツも本望に違いない。

●商用軽とは思えない運転の楽しさ! ホンダ N-VAN MT車(129万1400~172万2600円)

ホンダ N-VAN MT車

 N-BOXベースで左側はセンターピラーレスとすることで横から大きな荷物も入れられるなどの特徴を持つN-VANには、軽商用車らしくというかMT車も設定される。

 N-VANのMTはNAのみで、ACCとLKASがつかないのはちょっと残念だが、ホンダらしいところなのかなんと6速!

 これは「S660の6速MTをほかにも使って減価償却したい」という理由もあるのかもしれないが、いずれにしても少ないパワーを6速MTで小まめにギアチェンジするという古典的な運転する楽しさを味わえる。

●専用サスペンションの走りが際立つ! ホンダ ステップワゴンモデューロX(359万9200~409万4200円)

ホンダ ステップワゴンモデューロX

 ノア&ヴォクシーにはGRスポーツ、セレナにもオーテックという走りの仕様があるように、ステップワゴンにもホンダ車のディーラーオプションパーツやコンプリートカーの開発を行うホンダアクセスが手がけたモデューロXが設定される。

 ステップワゴンのモデューロXは専用のサスペンションやエアロパーツの装着などによりスポーツ性だけでなく、同乗者にも優しい快適性という上質さも備えており、安くはないけどクルマ好きなら検討する価値のあるモデルだと言えるだろう

●唯一の軽商用EV! 三菱 ミニキャブMiEV(180万1800~219万100円)

三菱 ミニキャブMiEV

 i-MiEVと並んですっかり忘れられた存在となっているが、三菱自社製軽1BOXバンの電気自動車となるミニキャブMiEVも健在だ。

 このクルマ、狭い公道範囲で主に配達などに使われる軽1BOXバンと割り切れればバッテリーが小さいほうでも動力性能や航続距離は問題ない。

 さらにふつうの軽1BOXバンは燃費がよくないのでガソリン代と電気代で車両価格の差額をペイしやすく、自動ブレーキがつかないのは大きな弱点ながら使い方がハマる人だったら検討する価値はある。

 また戸建て住宅住まいで電気自動車があればV2H(「Vehicle to Home」。電気自動車の電力を家庭用に有効活用する考え方のこと)にも対応できるので、そういった利用を考えるのも面白い。

●独特の操作感でジャジャ馬を楽しめ! スズキ アルトワークス4WD 5AGS車(168万6300円)

スズキ アルトワークス4WD 5AGS車

 軽量ボディにターボエンジンを搭載した軽スポーツのアルトワークスは、自動車メディアでの露出も含めFFの5速MTしかないと思っている人が多いかもしれない。しかし5AGS(5速MTを自動化した2ペダル)のFFと4WD、MTの4WDという合計4種類がある。

 マニアックなだけに自動車メディアで働いていてもFFの5速MT以外のアルトワークスは乗ったことがないが、YouTubeで動画を見るとアルトワークスの5AGSは一時期あったターボRSとは異なり、変速は失速感のないすばやいものとなっており、不満はなさそうだ。また5AGSには自動ブレーキもつく。

【画像ギャラリー】「人とは違うものがほしい!」ならコイツらだ!!! オススメマイナーモデル15種をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ