タフトの期待度も聞いてみた!!! ハスラー ルークス N-BOX…いま「推し」の軽はどれ!!?

 コンパクトカーが青ざめるほど進化著しい最近の軽。では「買い」はどれ!? ベストカーでおなじみの自動車評論家 9名が「推し」のモデルを選出。大注目の新鋭ダイハツ タフトの期待度も聞いてみた! 軽選びの参考になること間違いナシ!!!

【画像ギャラリー】結局どれが一番推されたの?? 推しと次点を集計したオススメランキングをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年5月のものです
文・写真:ベストカー編集部ほか
初出:『ベストカー』 2020年6月26日号


■買う価値ありの運転支援機能(松田秀士 → ホンダN-WGN)

 N-WGNだね。今や安全運転に重要なADAS(運転支援機能)が軽自動車のなかで一番充実、それが選んだ理由。

ホンダ N-WGN(価格:129万8000~182万7100円)

 N-WGNに採用されているホンダセンシングはほかの普通車と変わらないか、車種によってはそれ以上の機能を持っている。軽だからといって機能を落としていない。

 例えば前車と等間隔で高速追従するACCは停止する渋滞速度まで機能するし、車線内中央維持走行を補助するレーンキープアシストも装備。ドラポジを改善してシートも改良。

 ADASの機能を含めてドライバーを疲れさせない。さらに軽とは思えないほどロードノイズが低い。乗り心地もガサツさが一切感じられないのもよさ。

 惜しいのはハスラー。乗り心地、静粛性もいいが、運転支援機能が乏しいし、全車標準装備ではない。でも予算を抑えたい人には喜ばれるかも。

●次点は…スズキハスラー

特有の存在感は2代目も変わらず

■軽の基準が変わるんじゃないか!?(斎藤 聡 → 日産デイズ/三菱eKワゴン)

 ここから軽自動車のクルマ作りの基準が変わるんじゃないか!? というくらいインパクトがあったのが日産デイズ/三菱eKワゴンだ。

日産デイズ/三菱eKワゴン(価格:129万6900~181万1700円)※写真と価格は日産デイズ

 先代は騒がしくて燃費もいまひとつだったが、現行型は一転これでもかという作り込みで登場。

 およそ華奢なところが見当たらず、骨太な骨格と剛性が高くクッション性のいいしっかりした前後シート、進化した静かで滑らかなエンジンで、快適なクルマに仕上がっている。

 運転支援プロパイロット(マイパイロット)の出来も◎。

 ここまでしっかり作っちゃっていいの? リッターカーとの棲み分けは? そんなエクスキューズは念頭から振り払い、ひたすら乗用車クオリティで軽自動車を作りました。そんな印象を受ける。

 快適性だと2WDだが、雪上を走って4WDのトラクション性能のよさと操縦性にやっつけられました。ビスカス4WDの作動制限が強くしっかりリヤに駆動力が伝わってくれる。クルマとしてはタントとN-BOXにも同じくらいの衝撃を受けた。

 が、次点は別カテゴリーからS660を推す。サイズこそ軽自動車に収まっているが、ボディ剛性や操縦性の作り込みは完全にスポーツカー基準。

 これがあったら、幸せなセカンドカーライフが送れる、と思わせる一台だと思う。

●次点…ホンダ S660

完全にスポーツカー基準で作られたモデル。軽のスポーツカーがある幸せ!

■普通車から乗り換えて違和感なし!(小沢コージ → ホンダN-BOX)

 当然N-BOXでしょう。それも小沢が現在所有するノンターボで充分!

ホンダN-BOX(価格:141万1300~212万9600円)

 もちろんホンダセンシングが、追従走行で完全停止しないのはいただけません。完璧時代遅れ。しかし、いまだ乗り心地のよさ、軽の匂いのなさはぶっちぎり。

 そこは注目の日産ルークスでも越えてなくて、やはり白ナンバー車から乗り換えて1番違和感のない軽自動車。劣等感を覚えない軽自動車。コイツはどうしようもないアドバンテージ。インテリアの質感も文句ナシ。出足のよさも文句ナシです。

 同時にいろんな面でラク。乗り降りラクだし、運転ラクだし、車内での移動もラク。ここは正直スペーシア、タントと大差ないですが……。それからホンダブランドはなんだかんだで、強いです。軽自動車業界では。

 次点はスズキハスラー。可愛らしさは若干薄れたけど内外装のポップさは圧倒的で走りのよさもスズキ車No.1。今後ずっとデザインがイマイチなワゴンRを、完全に食い続けること間違いナシ。

 ヒンジドアだけど室内は充分広いし、車高も高いし、価格的にも先進安全のデュアルカメラブレーキサポートにマイルドハイブリッド標準で、136万円スタートはお買い得。今後ムーヴも食うかも?

●次点…スズキハスラー

内外装のポップさと走りのよさ。他車にない魅力を放つ!

■世界トップレべルの自動ブレーキ(国沢光宏 → 日産ルークス/三菱eKスペース)

 ベストカーを読まないような軽自動車を購入するユーザー層は、あまり「事故を起こさないための能力」について興味ないように思う。だっていまだに「性能低い自動ブレーキしか付いていない」ような軽が売れてますから。

 事故を起こした時のイヤな気分ときたら、最悪でしょう。特に歩行者に対する自動ブレーキ性能を最優先したらいいと考えます。

 ということで、ベストはダントツで日産ルークス。

日産ルークス/三菱eKスペース(価格:141万5700~206万6900円)※写真と価格は日産ルークス

 従来のモービルアイ製の単眼カメラも高い性能を持っていたが、新型になってレーダーも併用してきた!

 日産のレーダー、股抜き制御(2台前の急ブレーキまで対応)したり、車両の陰から出てくる歩行者をカメラより先に検知したりと、ポテンシャルをフルに引き出している。日産の技術、世界TOPだと思う。

 衝突安全性もニーエアバッグまで装備するなど、ライバルから完全にアタマひとつリードしているのだった。

 なので、私なら瞬時も迷うことなく、ルークスにします(当然ながら、三菱eKスペースもよい)。

 日産嫌いというなら、N-WGNがなんとか及第点。というかルークスのレベルが高すぎる(?)。

 でもコンパクトカーと比べても、N-WGNは優秀なほうに属す。

●次点…ホンダ N-WGN

こちらも安全装備がハイレベルな軽自動車

■世界にはジムニーでしか行けない場所がある!(竹岡圭 → スズキジムニー)

 自分で本気で買いたいチョイスだと、スズキジムニー。

スズキジムニー(価格:148万5000~187万5500円)

 林道で枝葉を引っかけないように気遣われた、ストンと出っ張りのないデザインに始まり、階段も駆け上がれちゃう勢いの走破力などなど。「世界には、ジムニーでしか行けない場所がある!」という、日本が誇れる一台ですからね。

 そう言うとね、「確かに魅力的だけど、その性能使うところないんじゃない?」とか言われがちですけど、現在ラリーに挑戦している私にとっては、ジムニーの出番アリアリなんですよ。

 雪とか泥の練習場でスタックした時なんて、あぁジムニーさえあれば……と思うことありますからねぇ~。って、本当はそういう状況下では、ジムニーの出番はないほうがいいんですけどね(汗)。

 普段使いとなると、3ドアだし、開口部は高いし、ツッコミどころはいろいろありますが、プロの道具だと思えば、なんだか納得できちゃうから不思議です(笑)。

 次点はダイハツコペン。軽なのに電動オープントップって、贅沢さの極み、これがいいじゃないですか。

 コペンのなかでも走りのネガを克服したGRスポーツなら、クルージングも攻めの走りも、ひと粒で2度楽しめちゃう。世界に誇れる高レベルのオシャレモデルさんですよね。

●次点…ダイハツコペン

3タイプどれも推すが、予算ある方はトヨタのGRスポーツがベスト

■穏やかな乗り心地と静粛性の高さ!(片岡英明 → ホンダ N-WGN)

 軽自動車の世界は技術革新が進んでいる。だから基本設計の新しいクルマがおすすめだ。ボクの推しの一台はホンダのN-WGNである。

ホンダ N-WGN(価格:129万8000~182万7100円)

 人気のスーパーハイトワゴンじゃないが、快適性能は一級だ。穏やかな乗り心地とクルージング時の静粛性の高さは、1Lクラスの登録車を凌駕するほどの性能。

 インテリアも魅力的だ。テレスコピック機構を持つステアリングとシートアジャスターが装備されているから、ベストポジションを取れ、視界もいい。

 上級グレードに装備されるシートヒーターや電動パーキングブレーキ、シーケンシャルウインカーも使ってみると病みつきになる。

 さらに、後席フロア下の収納トレイや、2段式のラゲッジルームも親切設計だ。

 走りの実力は、ターボ車でなくても高いレベルにある。軽やかに回り、NAエンジンでも非力ではない。安心感のある落ち着いたハンドリングや、軽快なフットワークも魅力といえるだろう。そして、先進安全装備も充実している。

 次点は発売されたばかりのスーパーハイトワゴン、eKクロススペースだ。

 パッケージングは絶妙で、前席だけでなく後席でも快適である。高速道路でも不安感なく走れるし、先進安全装備も軽自動車としては最高レベルだ。

●次点…三菱eKクロススペース

力強いフェイスと快適空間がいいんです

■人気カテゴリーで異彩を放つ!(岡本幸一郎 → 三菱eKクロススペース)

 推し軽はeKクロススペース。ポイントはもちろんデザイン。広くて便利なスーパーハイトワゴンはどれも人気があるけど、どうしても似たような感じになりがち。ところがeKクロススペースだけはこのとおり!

三菱eKクロススペース(価格:165万5500~199万1000円)

 乗るたびにこのデザインを楽しめるから、より所有する喜びも高まるってもんだ。

「プレミアムインテリアパッケージ」という上級グレードが見せるクオリティの高さも、軽自動車でここまでやるか! と思わずにいられないほど。もちろん広さも使い勝手も申し分なし。クラス最長のリアシートスライド量のおかげで、小さな子どもを乗せた時も助かる。

 さらには出来のよい「マイパイロット」のおかげで少々の遠出もぜんぜん苦にならない。見た目も中身も魅力満載の、軽自動車界でもっとも異彩を放つ一台に違いない。

 次点はガラリと変わってN-WGNだ。こちらは逆に万人向けのキャラクターとまとまりのよさが魅力。控えめながらオシャレな雰囲気がイイよね。

 センタータンクレイアウトのおかげで荷室フロアが低いのも便利だし、とにかく驚いたのが走りの完成度の高さ。素晴らしい仕上がりだ。

 これなら次期N-ONEも期待できそう。現行型はぜんぜん売れていないけど、実はN-ONE、内心ずっと応援しているんだよね……。

●次点…ホンダ N-WGN

こちらはカスタム。標準モデルは、控えめながらオシャレな雰囲気のデザインがいい

■愛されるオッサンになれるクルマ(清水草一 → ダイハツ ムーヴキャンバス)

 なんてったってムーヴキャンバス! 抱きしめたいほどカワイイし、大好きです!

ダイハツムーヴキャンバス(価格:127万6000~171万500円)

 ムーヴキャンバスって、考えてみりゃすべての条件を兼ね備えた軽自動車じゃないだろうか。ハイトワゴンだけどスーパーハイトじゃないから、重心はそれほど高くない。

 だから足回りをフンワリ柔らか~くできて、癒し感満点。スペースユーティリティはほどほどだけど、スライドドアを採用しているから、子どもにもお年寄りにも優しくて便利。

 そしてそして、なによりの推しポイントはそのデザイン! VWバス(タイプII)をモチーフにしたと思われるけど、決してまんまパクリじゃない。ほのかにイメージさせる程度で、実にほのぼの癒し系。

 カラーリングがまたステキ! オッサンもかわいくなれそう! ムーヴキャンバスに乗って、愛されるオッサンになりたいっ!

 次点はアルトラパンですね。これまた抱きしめたいほどカワイイ! あれはもう子犬や子猫そのもの! 抵抗できないかわいさです。

 なぜかカワイイ系ばかりになってしまいましたが、この2台のかわいさは決して付け焼刃の企画モノじゃない。本質からカワイイと思うのです! すさまじくカワイイ! ここまでくるとひとつの文化だ。世界に誇るカワイイ軽だ! ばんざ~~~~~い。

●次点…スズキアルトラパン

このカワイさは子犬や子猫そのもの

■忘れてませんかこのクルマを!(渡辺陽一郎 → ダイハツ ミラトコット)

ダイハツミラトコット(価格:109万4500~145万2000円)

 背の低い軽自動車は車内が狭いといわれるが、ミラトコットは意外に広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ分だ。1つ半のカローラツーリングやマツダ3を上まわり、長距離移動でなければ家族でも乗車できる。

 装備も充実しており、X・SAIIIには、歩行者も検知できる衝突被害軽減ブレーキ、サイド&カーテンエアバッグ、バイアングルLEDヘッドランプなどを標準装着。

 価格は124万3000円だから、タントXよりも約25万円安い。装備の充実度を考えると、ミライースと比べて実質4万円高い程度だ。

 車両重量は720kgで、タントよりも180kg軽く、動力性能に余裕がある。JC08モード燃費は29.8km/Lで、タントの27.2km/Lに比べても優れている。

 次点はアルトラパン。ミラトコットより割高だが、インパネをテーブル風に仕上げて引き出し式の収納設備も備わるなど、自宅にいるようなリラックス感覚を味わえる。

 外観では下まわりにブラックの樹脂パーツも備わり、クロスオーバー風の味付けも。ベージュの外装色には渋い雰囲気も感じる。ミラトコットを含めて女性向けターゲットを脱却しており、そこに新鮮味を感じる。

●次点…スズキアルトラパン

自宅にいるようなリラックス感覚を味わえる内装。これがいいのです

【番外コラム】ダイハツの新型タフトの期待度は!?

●80点(渡辺 陽一郎)…ハスラーに比べて後席と荷室のアレンジが単純だ。後席がスライドしないから、足元空間もあまり広がらない。その代わりタフトは価格のわりに装備が充実する。ハスラーとは特徴が異なり、棲み分けも成り立つ。

●70点(斎藤 聡)…個人的に期待度は高くないが、注目はしている。軽でこんなに過激なデザインが受け入れられるのか? WAKUWAKU感があり楽しそうなので、マニア受けはしそうだが、広く受け入れられるかどうか!?

ダイハツ タフト

●100点(清水 草一)…タフトには猛烈に期待しております! なんてったってDNGAプラットフォームのハスラーだもん! 走りの次元が違うんじゃないか? それでいてカッコイイ! 値段が高すぎないか、それだけが心配だな。

●90点(岡本 幸一郎)…ダイハツはこういうクルマを作るのが上手!  軽自動車のSUVだからこそ許される遊び心と、SUVとしての新しいカタチが見事に表現されている印象を受ける。ガラスルーフが全車標準装備というのも大歓迎です!

●92点(片岡 英明)…軽自動車らしからぬ力強いデザインが印象深い。ガラスルーフのスカイフィールドトップは開放感も満点のはず。また、キャビンと荷室は満足できる広さを確保しているようだ。新プラットフォームの採用により走りの実力も高いだろう。

ダイハツ タフト

●90点(竹岡 圭)…他社でいうとジムニーとハスラーの中間的位置づけ!?(笑)的なモデルかな。販売好調なロッキーの後押しもあって、四角デザイン好きには◎のスタイル。標準設定のガラスルーフは明るくていいc 期待します。

●85点(松田 秀士)…パッと見、ジムニーに嫉妬した? とも思えるけど、よくよく見るとハスラーの強烈ライバルだね。利便性含めてかなり実用性も高そう。街に溢れた時、エクステリアデザインに飽きがくるのでは? と、ちょっと心配。

ダイハツ タフト

●70点(小沢 コージ)…ハスラー食いは正直期待薄。特に初代タフトのキュートな、ゆるキャラデザインとは微妙に違う。それより“ミニハマー”的な存在感がなかなかいい。軽唯一のガラスルーフといい、両車は意外に別系統ファンを獲得する?

●10点か2点(国沢 光宏)…タフトがどんな性能の自動ブレーキを採用しているか不明。ヤリスと同等レベルなら大いに評価したいと思う。けれど従来のダイハツと同じ低性能型自動ブレーキなら、タフトはまったく推奨できません。

【画像ギャラリー】結局どれが一番推されたの?? 推しと次点を集計したオススメランキングをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ