タフト ロッキー スープラ…最近多いぞ車名の復活! あの復活車たちのご先祖を巡る


 タフトやロッキーなど、直近ではダイハツで目立つ往年の車名の復活。

 当然、わざわざ復活させるくらいだから、その名を最初に冠したモデルが、名車でないはずがない。

 ではどんな名車だったのか、片岡英明氏のナビゲートで、その名を初めに冠した、偉大なご先祖さまたちを巡る旅に出かけよう(なかにはレクサスESのように、日本で別名で売られていたモデルが途絶えたから、というようなトリッキーな復活もあるが、そこらへんはあまり深く考えずにお楽しみいただきたい)。

【画像ギャラリー】「懐かしい!」から「こんなのあったっけ?」まで!!! 復活車たちの“ご先祖さま”たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年6月のものです
文:片岡英明/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年6月26日号


■ダイハツ 初代F10/20/50/60型 タフト 1974年(← 2代目タフト)

●新型からは想像もつかぬ硬派一直線のご先祖さま

超ゴリゴリの4駆である初代

 タフトは、1974年にデビューしたコンパクトサイズのクロスカントリー4WDだ。強靭なラダーフレームに4輪リーフスプリングのサスペンションを組み合わせ、駆動システムはハイ/ローふたつの副変速機を備えた4速MTを持つパートタイム4WDとしている。1Lのガソリンエンジンでスタートし、1978年には2.5Lのディーゼルを追加し、走行性能を大幅に高めた。

 悪路を走るための基本性能は高いが、幌ドアとバンに加えレジントップを設定するなど、レジャーユースを強く意識していた。これがほかのクロカンと違うところだ。軽自動車規格になって復活する最新のタフトとも重なる。2代目は4ドアで、ファッション性もグッと高まっている。

6月発売の2代目は軽クロスオーバーとして登場

・現行型を“100”とした場合のご先祖の偉大度…100

■ダイハツ 初代F300S型ロッキー 1990年(← 2代目ロッキー)

●直線基調のデザインは今見てもスタイリッシュ

後部のレジントップは、取り外すことで簡単にオープンにできる

 時代の先端を行く「ライト感覚の都会派オフロード4WD」が1990年5月に誕生したロッキーだ。スタイリングはオフロード4WD風味だが、ファッション性を高め、5ナンバー登録の4人乗りワゴンとした。フロント側は脱着式サンルーフ、リア側は脱着式レジントップの組み合わせで、キャンバストップになるオプションもある。後席の収納方法もユニークだ。

 エンジンは1.6L直列4気筒SOHCを搭載する。駆動方式は、なんと2種類を用意した。ひとつは電子制御アンチスピンブレーキとABSもセットにしたセンターデフロック付きフルタイム4WD。もうひとつは本格派の副変速機付きパートタイム4WDである。レカロシートもオプション設定するなど、気合が入っていた。現行の2代目復活モデルは、初代ほどマニアックじゃない。

初代同様5ナンバーサイズで登場した2代目。性格的にはかなりオンロード寄りになったが

・現行型を“100”とした場合のご先祖の偉大度…120

次ページは : ■トヨタ 初代A40/50型 セリカXX 1978年(← 5代目スープラ)