レクサス中堅SUV RXとNXの違いと狙い目 カッコよくて強くて美しい!!

 2020年6月、4代目となる新型ハリアーがデビューした。ハリアーは歴代モデルを通して「ラグジュアリーなクロスオーバーSUV」というコンセプトを貫いており、デザインや乗り心地の良さに定評のあるクルマだ。

 このハリアーは、2代目まではレクサスRXとモデル共用をしており、3代目から、ハリアー・RXそれぞれ専用ボディとなった、という経緯がある。

 レクサスブランドのSUVは、下からUX、NX、RX、LXといったラインアップだ。一番サイズの大きなLXは、クロスカントリー路も走破できる本格クロカンSUV、UXは小さめサイズのエントリーラグジュアリーSUVと、キャラクターが際立っているが、「RX」と「NX」はコンセプトも近く、よく比較される2台だ。

 今回は、「RX」と「NX」に着目し、デザインのみならず、走りの面でも、より美しいSUVはどちらなのか、考察してみようと思う。

文:吉川賢一/写真:LEXUS、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】国産SUVの帝王!! レクサスLX、RX、NX、UXを写真でチェック!!


取り回し性能に決定的な違い

 まずボディサイズだが、「NX」はハリアーよりやや小さく、「RX」はハリアーよりもひと回りほど大きい、というサイズ感だ。

 RXの全長は4890ミリ、全幅は1895ミリ、という立派なサイズとなっており、このサイズをうまく生かした、シャープでダイナミックなエクステリアデザインは、迫力を感じさせてくれるものとなっているが、駐車場などでの取り回しには、多少苦労するかもしれない。

RXのボディサイズは大きく、取り回しにやや苦労することも

 それもそのはず、RXは、小回りのしやすさを表す指標、最小回転半径が5.9メートルと異様に大きい(FFもAWDも同じ)。RXは、大径タイヤの影響で、タイヤの切れ角が十分に取れていないのだ。ちなみに、最小回転半径5.9メートル、という数値は、200系ランクルと同じ数値だ。

 一方のNXは、全長4640ミリ、全幅1845ミリと、日本基準で標準的なSUVのサイズとなっており、取り回しもしやすく、運転が実にしやすい。最小回転半径も5.3メートルだ(※17インチの場合。18インチだと5.6メートル。ハイブリッドだとさらに0.1メートルずつ増加)。

比較的コンパクトなNXは、街乗りに適したジャストサイズだ

 また、RXに比べると、エクステリアデザインのダイナミックさはやや落ちるものの、NXも、スピンドルグリルをはじめとした「レクサスフェイス」は共通しており、正面から見る限りはさして差を感じない。

 このRX・NXのように、上位にあるクルマのイメージを、下位のクルマにも持たせることができるのは、ブランド共通のフェイスにすることの、メリットのひとつだ。

 よって、エクステリアデザインはほぼ互角、しかし、取り回し性能がより美しいのは、NX、といえるだろう。レクサスのエクステリアの雰囲気は好きだが、運転に気を使いたくないクルマが良い、という方には、NXの方が適している。

 余談になるが、レクサスのメイン市場である北米では、全長5メートル以内であればさして大きなボディとはみなされず、北米向けのSUV「ハイランダー」(4950×1930×1730ミリ)すら、ミドルサイズSUVとみなされる。土地も広く、身体も大きな欧米では、日本とは基準サイズがだいぶ異なる。

全長はUX<RAV4<NX<ハリアー<RXの順列で大きくなるが、全幅はRXの1895ミリの他は、1850ミリ前後に収まる

NXには出せない、RXの優雅な内装

 RXとNX、この2台の全幅の差は、インテリアの造形にも影響を与えている。

 NXのインテリアは、RXと比較しても、装備面やデザインの面で、決して引けを取っているわけではない。

美しい内装のNXだが、運転席周りにおいて、RXの持つ余裕の広さにはかなわない

 しかし、NXに対して50ミリも車幅が広いRXは、ダッシュボードやインパネ周りが伸びやかに使え、ナビゲーションモニターやエアコン吹き出し口、シフトノブやドリンクホルダー、コントロールスイッチなどを、ぎっちりとレイアウトする必要がないためか、優雅でおおらかな雰囲気が漂っている。

 NXやRXを購入する顧客層は、レクサスブランドが持つ「上質な雰囲気」を求めて、クルマを購入している。しかしNXは、いかに効率的なレイアウトをし、豪華素材を使おうとも、RXの余裕のある雰囲気を出すことはできない。より美しいのはRXのほうであり、レクサスが持つ「高品質感」を求める方には、RXの方がおすすめだろう。

「走り」はどちらも美しい

 「走り」に関して、NXとRXはそれぞれ、そのボディサイズを活かした味付けがされており、キャラクターが異なる。

 それぞれの特徴を短く語るならば、NXは低い全高やコンパクトなボディを活かした、意のままのハンドリングを目指したスポーティなSUV、RXは大きくワイドなボディを活かして、クルマの動作がゆったりとした上質な乗り心地を狙ったSUV、といった感じだ。

ワインディングもゆったりと流す走り方がよく似合うRX

 これはもはや、好みの問題であり、どちらがより美しいのかを語るべきではない。しかし、両車ともに共通しているのが、ロードノイズをはじめとした音振性能の高さだ。この音振性能の高さをもたらしているのは、サスペンションチューニングやタイヤ選定、などではなく、ボディの作り方にある。

 NXとRXは共に、アンダーフロアで高い剛性を確保した上で、ルーフやセンターピラーを中心に、従来のスポット溶接より細かいピッチで溶接したり、断面変形を抑制する「レーザースクリューウェルディング」や、パネルを面で結合する「構造用接着剤」などの生産技術が採用されており、それによって、車体の剛性向上と、振動の減衰効果が高まっているという。また、アルミニウムや高張力鋼板、ホットスタンプ材などを効果的に使用し、軽量化も実現しているのだ。

 その結果、快適性のベースとなるノイズや振動が、まったく気にならないレベルに引き上げられている。もちろん、荒れた路面を走れば、「コー」というロードノイズは聞こえるのだが、騒がしくない音質に聞こえる。吸音材や遮音材といった音対策では、あれほどの音振レベルはなかなか達成できない。

 上質な乗り心地を追求しながら、ドライバーの手足のように操作できるリニアなステアリングフィールと、正確なライントレース性をもつRXとNX。どちらを購入しても、その走りは美しく、満足できるに違いない。

RX・NX、どちらもおススメはハイブリッド

 最後に価格を比較しよう。NX300が454.6万円~、NX300h:519万円~、RX300:513万円、RX450h:627万円、RX450hLが796万円。NXとRXの同一グレード比較だと、約60万円もの差がある。

 レクサスの美しい世界観を最大限に満喫するには、やはりハイブリッドをお勧めする。そのうえで、日常のクルマとして使い勝手の良さを求めるならばNX、広いインテリアや落ち着いた走りを求めるならばRX、となるだろう。

【画像ギャラリー】国産SUVの帝王!! レクサスLX、RX、NX、UXを写真でチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ