トヨタカローラクロスを本気で分析する 出せば売れる…のは本当か?

 トヨタの新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」が近々発表となる。2019年末のライズに始まり、ハリアー、RAV4 PHVなど、コロナ禍をものともせず、新型SUVを続々と登場させるトヨタの勢いには、驚きだ。

 しかし、驚くべきはこれだけではない。ここにさらに、新型コンパクトSUV「カローラクロス」が、追加されるかも知れないのだ。

 トヨタは、2020年7月、カローラクロスをタイで世界初披露、同時に発売を開始した。今後、タイを皮切りに、導入国を拡大していく計画だとしており、日本への導入は現時点分かっていない。

 カローラクロスとはどういったSUVなのか。そして、もし国内導入された場合、乱立する日本のコンパクトSUV市場の中で、トヨタ車らしい存在感を示せるのか。考察していく。

文:吉川賢一/写真:TOYOTA、HONDA、MAZDA、VW、Audi、編集部

【画像ギャラリー】まさに戦々恐々!? カローラクロスの登場を恐れる競合車たちをギャラリーでチェック!!


ボディサイズはC-HRとRAV4の中間

 カローラクロスには、カローラシリーズと同じくTNGA(GA-C)プラットフォームが採用されている。ただし、リアサスペンションは、他のカローラシリーズがダブルウィッシュボーン式を採用しているのに対して、カローラクロスはトーションビーム式。

カローラクロスはタイの工場で生産されており、今後販売国を拡大していく計画だという

 これにより、リアサスペンションの張り出しを抑え、広い居住空間とクラストップレベルのラゲージスペースを実現している、という。さらにはコストも若干下げられるはずだ。

 しかし、オフロードシーンでの走破性を考えたとき、トーションビーム式ではやや心細い気もする。また、現時点、FFモデルのみが発表されており、4WDモデルについては発表されていない。

 ボディサイズは、4460×1825×1620(全長×全幅×全高mm)、ホイールベースは2640mm。カローラ兄弟の中では、カローラツーリング(4495×1745×1460)と全長はほぼ同じだが、全幅は80mmもワイドだ。

力強さを表現したフェンダー形状 アクティブな雰囲気に加え、フェンダーとキャビンのコントラストで堂々としたスタンスを表現したという

 同社のC-HRが4360×1795×1550、RAV4が4600×1855×1685であるので、カローラクロスは、ちょうどC-HRとRAV4の間を埋めるサイズということになる。

 パワートレインは、1.8L直4エンジン+モーターのハイブリッド(リダクション機構付きTHS II)と、1.8L直4ダイナミックフォースエンジン(140ps/18.1kgm)の2本立てだ。トランスミッションは、前者のハイブリッドが電気式無段階変速機、後者がスーパーCVT-iとなる。この辺りはカローラに準じている。

ライバルはヴェゼル、キックス、そして…

 もしカローラクロスが国内導入となった場合、ライバルとなるのは、ホンダヴェゼルや日産キックスだろう。

 ホンダヴェゼルは、1.5Lのi-VTECガソリンエンジンと1.5Lのi-VTECハイブリッドにはFFと4WD(ともにRSグレードはFFのみ)、そして1.5L VTEC ターボにはFF、というバリエーションをそろえている。価格は211万円(ガソリンX FF)~362万円(ハイブリッドモデューロX 4WD)。

フィットベースのコンパクトSUVとして、長年販売台数ランキングで上位にいた名車だ

 ヴェゼルの魅力は、コンパクトなボディなのに「想像がつかないほど」車内が広く、また「想像した以上に」きびきび走る、そして「驚くほどに」燃費が良い、といった「他車がマネすることができないような、技術とパッケージング」だ。

 2013年の登場以来、長くユーザーに支持され続けており、日産ジュークに続く、国内コンパクトSUVにおける、パイオニア的存在だ。

 キックスは、2020年6月に登場。パワートレインは1.2リッター3気筒ガソリンエンジンを発電機としたモーター駆動のe-POWERのみで、ガソリン仕様はない。最高出力129ps、最大トルク26.5kgfmは、新型キックスの強力な武器だ。

キックスの魅力は、電動車ならではの「胸のすくような加速」を味わうことができる点だ

 キックスの車重は1350kgと、ノート(1220kg)よりも130kgほど重量は増えてはいるが、モーター回転数500rpmから3000rpmで発生する26.5kgfmの最大トルクによって、電動車ならではの「胸のすくような加速」を味わうことができる。なお、「X(2,759,900円)」と「Xツートーンインテリアエディション(2,869,900円)」の2グレードでの展開だ。

 もし、カローラクロスが、カローラスポーツと同価格帯(ハイブリッドG”X”で約248万円、ガソリンG”X”で220万円)で発売されれば、いい勝負となるだろう。しかし、カローラクロスには、この2台より手ごわいライバルが、身内にいる。

ヤリスクロスとは異なる顧客層にアピールができれば、カローラクロスもまた売れる可能性大?

喰い合ってでも売るべき

 トヨタの国内のSUVラインアップを見てみると、ライズ、ヤリスクロス、C-HR、RAV4&ハリアー、ランドクルーザープラド、ランドクルーザー。そして、レクサスのUX、NX、RX、LX。もはや、軽SUVくらいしか隙間がない(逆に考えると、そこにはまだ隙がある、ということだが)。

 2020年は、ライズの絶好調で始まり、2月に登場した新型ヤリスも好調、6月に登場したハリアーも注文が殺到し、同じく6月に登場したRAV4 PHVも一時受注停止に追い込まれるほどの売れ行き。

 そしてさらに、秋には注目度が高いヤリスクロスが登場する。サイズの違いやパワートレインの違いはあるにせよ、トヨタのラインアップには、どう見てもオーバーラップする部分が多い。

いよいよ発売が近づいてきたヤリスクロス

 新車販売の全体需要が伸びているわけではないため、もし、カローラクロスがデビューすれば、サイズが似通っているC-HRやヤリスクロス、そしてハリアー&RAV4が、多少なりとも販売台数を減らすことになる。

 いわゆる、「喰い合い」が起きるのは想定しながらも、トヨタは、カローラクロスも日本に導入するつもりだろう、と筆者は考える。それは、真の目的が、他社車からの乗り換えを促進すること、トヨタの販売シェアを、じりじりと押し上げることにあるからだ。

 2020年5月から、トヨタの4つの販売チャネルは、トヨタ車全車の併売を開始した。顧客側からすると、一店舗で、全てのトヨタ車が、比較できるようになったわけだ。

 顧客は、C-HRを見に来たつもりでも、トヨタ店に行けば、ライズも、カローラクロスも、ハリアー&RAV4もあるわけだ。選択肢を目の前に並べられた顧客は「お腹いっぱい」状態となり、他社メーカーの販売店に足を運ぶことを、極端に減らすきっかけになりうる。

インドでは、新SUV「アーバンクルーザー」も

 さらには、トヨタのインド部門は、新型コンパクトSUV「アーバンクルーザー」を11月にインド市場にて発売することを発表している。トヨタはこのアーバンクルーザーを擁し、インドでも激戦区となっている、コンパクトSUVセグメントに進出する。

インド市場に投入予定のアーバンクルーザー

 トヨタは、既存モデルに対しても、定期的にマイナーチェンジを行い、商品力維持を続けている。他の自動車メーカーは、トヨタのこのスピード感についていけず、国内への消極的な商品投入も相まって、国内シェアが奪われていっている。

 このままでは、この流れはさらに加速していき、「2台に1台がトヨタ車」となる日もそう遠くない。

 とどまることを知らない怒涛のSUVラッシュで、トヨタは、国内はおろか世界市場でのシェアも伸ばす勢いだ。国内のライバルメーカーは一瞬たりとも息が抜けない状態だ。

【画像ギャラリー】まさに戦々恐々!? カローラクロスの登場を恐れる競合車たちをギャラリーでチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ