櫻井眞一郎が作った初代スカイラインGT-Rを徳大寺有恒が語る!! 

 日産スカイライン。現在のグローバル化の進む日産においてもその名を守り続けるスポーティカーだ。

 しかしスカイラインにはあまりにも多くの伝説があり、強い伝統がある。その基礎を作ったのが初代から7代目途中まで開発責任者であった櫻井眞一郎氏だ。

 1980年の「ベストカーガイド」より、自動車評論家、徳大寺有恒氏が生涯忘れないクルマとなったKPGC10(初代スカイラインGT-R)について語ると共に、開発責任者の存在についても迫ります。

 37年前、日本で一番有名だった自動車評論家が感じたKPGC10とは?

文:徳大寺有恒/写真:日産
ベストカーガイド1980年3月号「エポックメイキングCAR物語 スカイライン2000GT 20年の技術の系譜とマル秘物語」


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ